• TOP
  • ITEMS
  • 投資する!? 未来系カメラ3選。クラウドファンディングで話題の製品たち

2018.10.07

投資する!? 未来系カメラ3選。クラウドファンディングで話題の製品たち

360度カメラに3DスキャンやAI搭載モデルも!?  日々、新たなテクノロジーが生まれているクラウドファンディングから、未来系カメラをピックアップしてご紹介いたします!

CATEGORIES :
CREDIT :

文/平井敦貴

クラウドファンディングを見れば未来のカメラがわかる!

ここ数年、耳にするようになった「クラウドファンディング」。なんとなく知ってはいるけど、利用したことがない…なんて人も多いのではないでしょうか。

改めて説明すると「クラウドファンディング」とは、おもに個人やベンチャー企業が画期的な製品アイデアを実現するために、一般大衆(クラウド)から出資(ファンディング)を募る仕組みのこと。海外サイトでは「Kickstarter」や「IndieGoGo」、国内だと「Makuake」や「CAMPFIRE」などが有名ですね。

そんな「クラウドファンディング」では日々、画期的なカメラが登場し、出資者を募っています。これらのカメラは資金集めに成功すれば後に製品化されるため、逆に言えば「未来のカメラ」の見本市でもあるのです。

ということでここでは、そんなクラウドファンディングで見つけた“未来系”カメラをご紹介。数年後には世間一般に普及し、世の中を変えるカメラになっているかも知れませんので、ぜひご注目を!

●Wunder360「S1」

世界初! 周囲を3Dスキャンできる360度AIカメラ

Wunder360 S1
現在、クラウドファンディングサイト「IndieGoGo」などで出資受付中。(引用元:https://www.indiegogo.com/projects/wunder360-s1-first-3d-scanning-360-ai-camera/x/18034074#/)
まずはこちら。3Dスキャニング+360度+AI搭載のハイパーテックなカメラ「Wunder360 S1」をご紹介。こちらはアメリカの老舗クラウドファンディングサイト「IndieGoGo(インディーゴーゴー)」にて、現在出資を受け付けています。
リコーの「THETA」や「GoPro Fusion」など、360度を写し出すカメラは多々発売されていますが、この「Wunder360 S1」の特筆すべき点は、その360度映像にプラスして「3Dスキャニング機能」を有している点。つまり、自分を中心とした360度の環境を、「映像」だけでなく「3Dデータ」として保存することができるんですね。

この機能を駆使すれば、自分が歩いた道や自分の部屋を、3Dプリンタで模型として再現することも可能です。(動画を見る限りその精度はまだ期待できませんが、3Dへの解析にAIを使用しているので、今後改善される可能性はあると思われます)

ちなみに、ここで使われている3Dスキャニング機能は複数のレンズを持つカメラだとその精度が格段に上がります。ので、近い将来、複眼レンズのカメラと共に「3Dスキャン」の技術はポピュラーになっていくことが予想されます。

旅の思い出を「写真」や「映像」だけでなく「3Dデータ」として保存する未来が、もうすぐそこまで来ているのかも知れません。

出資(購入)はまだ受け付けておりますので、ご興味がある方はぜひご覧ください。
「Wonder360 S1」はIndieGoGoなどにて出資受付中。

●Kandao「QooCam」

後からピント合わせも可能! 3レンズによる3D&4K360度カメラ!

「IndieGoGo」での目標額達成後、現在は一般流通もしています。
続いては、4K360度+3Dのカメラをデュアルで搭載する「QooCam」をご紹介。こちらはこの夏、「IndieGoGo」での目標出資額を達成し、現在は一般流通でも購入することができます。
この「QooCam」も、先ほどの「Wunder360 S1」と同じく360度の映像が撮れるカメラですが、解像度は4Kと高く、映像はよりクリアな印象です。また、持ちやすいスティック状に加えスタビライザー機能もあり、旅先での自撮りやアクションカム用途として使えるのもポイントでしょう。

そして最大の特徴は、360度カメラにプラスして2つのレンズによる「3D写真」が撮れるという点。2つのレンズによって写真を立体的に撮影するため、これにより「後から」フォーカスが可能となります。

例えば、遊園地を背景に人物を撮影した時に、後から遊園地にピントを合わせたり、人物にピントを合わせたり…ということができるようになるんですね。(この機能は撮影後、Windows版のアプリから編集が可能となります)

ちなみに、このQooCamはプロダクトとしてもよくできていて、3Dで撮影するときはレンズ部分を捻って「I字」から「L字」にするだけ。また、ケースはスタンドとしても使える設計なので、固定位置で撮影するのもお手のもの。

3Dカメラも360度カメラも市販のものが増えてきましたが、このようにデュアルとなったカメラは世界初ですので、一歩進んだ未来系カメラが欲しい方はぜひチェックください。
「QooCam」日本正規代理店:三友 https://www.mitomo.co.jp/products/kandao-qoocam/

●Foxshot

どこにでもくっつく小型防水カメラ

最後にご紹介するのがこちらの「Foxshot」です。背面に取り付けたゲルパッドとマグネットシートにより、あらゆる場所にピタッと張り付けることができます。昨年、各クラウドファンディングで多くの出資を集め、現在は一般商品として購入が可能です。
解像度は1080pのHD画質。フルHDや4Kに比べるとやや見劣りはしますが、それでもこの小ささであれば十分な画質と言えるでしょう。カテゴリーとしては「アクションカメラ」に分類されます。

最大の特徴は、壁でも木でも、人の体でも「どこにでもくっつく」こと。カメラの電子的な性能を高めるのではなく、物理的に機能向上したというのが画期的な点です。また、防水機能を備えているのでプールや海などで気兼ねなく使えるのはうれしいポイントですね。

表面のステッカーもさまざまなバリエーションがあるので、アクセサリー感覚で持ち歩くのもOK。初期には6種類のステッカーが付属します。

大きさは44mm四方、重量も37gしかないので、体にくっつけてもそこまで重さを感じず、アプリと連動すれば、撮った写真をそのままSNSにアップすることもできます。

自分の体に常時カメラをくっつけ、今その場で体験したことをすぐにSNSで共有する。このように、まさしく人間版ドライブレコーダーのようなものが近い未来、一般的になっているかも知れませんね。

「Foxshot」は、大手の家電量販店やネット通販サイトなどでも現在市販されていますので、気になる方はぜひチェックください。
「Foxshot」はAmazonなどのネット通販サイトや大手家電量販店などで販売中。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事