• TOP
  • ITEMS
  • 3000万円超えのギターで大人の趣味始めてみる?

2021.04.29

自分のためだけのラグジュアリー

3000万円超えのギターで大人の趣味始めてみる?

自分は何が好きで、何に幸せを感じるのか。自分の軸を新たに定めて、お金の使い方を考えてみましょう。おウチ時間を彩る趣味としてオススメな音楽ですが、一級品で練習スタートなんて、とっても贅沢です。

CATEGORIES :
CREDIT :

写真/渡辺修身 スタイリング/坂井辰翁 文/いとうゆうじ

なんだかんだ言ったって、見た目はとっても大事です。だって男の顔は履歴書だし女性の顔は領収書。どんな生き方をしてきたのか、どれくらい自分に投資をしたのかが、やはり見た目に表れるもの。

それは人だけでなく、大事に育てられた食材は美しいですし、大切に愛されてきた楽器だって美しい。ゆえにそれが奏でる音は、多くの人を魅了するのです。テレワークやリモート打ち合わせが増え、おウチ時間が増えてきた昨今、新しい趣味としてオススメなのが音楽。しかも一級品で練習スタートなんて、とっても贅沢ですよね。

そりゃマスターするまでに時間はかかりますが、その音色を大切な人とシェアすることができれば、これ以上のおもてなしはないかと。自分のためのようでいて、誰かのためにギターを習得する。こういう共感や体験も風の時代ならではの心地よい過ごし方、なのかもしれませんね。

ギブソンのヴィンテージギター 3850万円

美しいギターは音色だって美しいに決まっているのです

1960年製のレスポール スタンダード バーストは、エリック・クラプトンも好んで使用していた名器。こちらの1960年製ヴィンテージのギブソンは、1959年スタイルのミディアムグリップを採用。美しいフレームトップやサンバーストの色合いが物語るように音色だって一級品。いつかは欲しくなるくらいなら最初に手に入れてしまうのも、有効なお金の使い方です。
2021年5月号より
※掲載商品はすべて税込み価格です

■ お問い合わせ

ハイパーギターズ 
TEL/03ー5386ー4910

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL