• TOP
  • ITEMS
  • 【話題】ルイ・ヴィトンのストリートな新作バッグってなに?

2019.12.07

【話題】ルイ・ヴィトンのストリートな新作バッグってなに?

いまどきストリートはラグジュアリー・メゾンがリーダー。なかでもヴァージル・アブロー率いるルイ・ヴィトンのメンズコレクションは秀逸です。今季はバッグのコレクションに、彼のセンスを遺憾なく発揮したシリーズ「ニュー・クラシックス」が登場しましたので、さっそくご紹介していきましょう。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/鈴木泰之(Studio Log) スタイリング/稲田一生 文/池田保行(Zeroyon)

モノトーンに宿るのはストリート的アイデア

昨今の大人ストリートは、ラグジュアリーメゾンが牽引しているということは周知ですよね。それもそのはず、いま活躍中のクリエイティブ・ディレクターたちは皆、若い頃にストリートカルチャー&ファッションの洗礼を受けてきたからで、その代表的な人物こそルイ・ヴィトンのヴァージル・アブローです。

1980年生まれのヴァージルは、ヒップホップアーティストのカニエ・ウェストやジェイ・Zらストリートのカリスマたちとの親交があり、彼らのクリエイティブ・ディレクターを担いながら、自身のブランド「オフ-ホワイト」を設立しました。「ラグジュアリー・ストリート」という新たな価値観を生み出した彼の実力が世界的に支持されると、ルイ・ヴィトンのメンズ アーティスティック・ディレクターに就任したのは2018年の事。以来、ルイ・ヴィトンが牽引するクラシック&モードにストリートのエッセンスを加えたコレクションが、話題になっているというわけです。

そんなヴァージルのセンスを遺憾なく発揮するコレクションは、バッグにも表れています。春にはルイ・ヴィトンの「モノグラム」を多彩に使いましたが、今季はモノトーンのモノグラム・エクリプス キャンバスや型押しレザーを使うなどシックに昇華。アイコニックなデザインを、ルイ・ヴィトンのアーカイブとミックスしていく感覚は、どれも斬新です。これまでラグジュアリー・ストリートにイマイチ踏み込めなかった大人の方にも取り入れやすいモデルが増えています。

そんな新たな価値感を体感できるルイ・ヴィトンの新作のなかでも注目度が高いのが、「ニュー・クラシックス」と呼ばれる4モデル。ヴァージルの新たなシグネチャーであるモノグラム・フラワー モチーフを配したビス(鋲)も随所にあしらわれたアイコニックなバッグたちです。その詳細をご紹介しましょう。

◆ ソフトトランク

クラシックデザインをストリートとミックス

W25×H18×D10cm  37万2000円/ルイ・ヴィトン(ルイ・ヴィトン クライアントサービス)
モノグラム・エクリプス キャンバスを使ったメッセンジャーバッグ「ソフトトランク」。エッジにレザー、コーナーにメタルパーツを使うことでクラシックなトラベルラゲッジのデザインを採用しました。こちらはレジンのチェーンを調節することで、ストラップの長さを調節することができるんです。旅行用トランクに始まるメゾンの歴史と、ヴァージル・アブローの最新の時代感が巧みにミックスされています。
PAGE 2

◆ スティーマー PM

メゾンの歴史と伝統を2WAYスタイルにアレンジ

W38×H39×D15cm  39万8000円/ルイ・ヴィトン(ルイ・ヴィトン クライアントサービス)
ルイ・ヴィトンの長い歴史のなかでも、100年以上継承されているモデルとして知られるスティーマー・バッグ。1901年に誕生したこのデザインをヴァージル・アブローが手掛けたモノグラム・エクリプス キャンバスの「スティーマー PM」。留め具を錠前からチェーンにアレンジするなど各部がストリート風味にリモデルされています。トップのハンドルでトートとして持ったり、ショルダーストラップで肩がけもできる2WAYスタイルが実用的です。
PAGE 3

◆ ポシェット・ヴォルガ

クラッチバッグにストリートな味付けを

W23×H11.5×D4cm  14万7000円/ルイ・ヴィトン(ルイ・ヴィトン クライアントサービス)
クラッチバッグや財布として活用できる「ポシェット・ヴォルガ」は、外側のジップポケットのスライダーにチェーンが取り付けられていることでも人気のモデル。今シーズンは、モノグラム・エクリプス キャンバスになりました。チェーンの留め具にも「モノグラム」があしらわれ、ジップスライダーもLVシグネチャーの刻印入りだったり、細かいところまでメゾンの矜持が伺えます。

◆ ミニ・ソフトトランク

バッグ・イン・バッグとしても便利です

W18.5×H13×D8cm  32万6000円/ルイ・ヴィトン(ルイ・ヴィトン クライアントサービス)
「ソフトトランク」よりもひと回り小さめで、エッジをトリミングに変更、より軽快な印象になった「ミニ・ソフトトランク」。レジンチェーンを使うことで、ハードなストリート感覚を加えながら、洗練されたモダンデザインによるラグジュアリー・ストリートを実現しつつ、大人が使いやすいモノトーンのカラーリングに。ストラップのレジンチェーンにもLVシグネチャーを刻印するなど、すべてが特別なのです。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

ルイ・ヴィトン クライアントサービス 0120-00-1854

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL

【話題】ルイ・ヴィトンのストリートな新作バッグってなに? | アイテム | LEON レオン オフィシャルWebサイト