• TOP
  • ITEMS
  • 【人気】ナイキACGの最新アイテム5選。老舗にして最先端なその理由とは?

2019.11.08

【人気】ナイキACGの最新アイテム5選。老舗にして最先端なその理由とは?

今年はACG誕生30周年。というわけで原点回帰の意味も込めて、80年代末から90年代初頭のアウトドアブーム最盛期に見られたACGのコレクションがデザイン的にも再来しています。大人に懐かしく、若者には新鮮な最新ACGコレクションを、どうぞ!

CATEGORIES :
CREDIT :

写真/鈴木泰之(Studio Log) スタイリング/小野塚雅之 文/池田保行(Zeroyon)

街でも山でもお洒落に見える一手に

今年、コレクション誕生から30周年を迎えたACGシリーズ。All Conditions Gearの名に恥じない、過酷なアウトドアシーンのあらゆる環境に対応するギアのコレクションは、老舗でありながらいまも最先端。希少性、デザイン性、機能性、そのどれもを兼ね備えたラインであることはもちろん、アウトドアだけでなく都会での着用もスマートにこなせる大人のタウンウェアとしても優秀なんです。

新作にはブランド設立当初、80〜90年代のアウトドアムーブメントを思わせるアイテムが目白押しで、当時を知る大人にブッ刺さるデザインワークも、若い人には新鮮に映るラインナップ。アウトドアテイストを前面に押し出したデザインとカラーリング、ユーティリティ性の高さ、機能も、最新のテクノロジーで実現されています。

そんなACGのコレクションの中から、ウェア&シューズの注目どころをピックアップしてみました。街でも山でもお洒落で有益、しかもオーバースペックに陥らない機能性で、いまどきな大人カジュアルブランドのど真ん中をいく内容です。それでは、どうぞ!

◆ NIKE ACG パッカブル ジャケット

機能性と機動性を備えるパッカブルなジャケット

パッカブル ジャケット1万8000円/ナイキ ACG(ナイキ カスタマーサービス)
2.5層のナイロンジャケットは撥水性とともに、防風・防水性を備えながら、衣服内の湿気を逃がす通気性を同時に確保。軽量なうえ、ゆったりと着られるスタンダードフィットはストレスフリーです。

大型の胸ポケットは中にカラビナがセットされていて、キーホルダーとしても有効なうえ、パーカ全体を折りたたんで収納できるパッカブル仕様になっています。アウトドアへ持ち出す際、脱いでも持ち歩きに便利です。
PAGE 2

◆ NIKE ACG ウーブン カーゴ パンツ 

クライミングパンツとカーゴパンツのハイブリッド

ウーブン カーゴ パンツ1万8000円/ナイキ ACG(ナイキ カスタマーサービス)
マチ付きジップポケットとフラップポケットを前面にセットした変形カーゴは、ストレッチ性のあるコットン×ポリエステル素材を使った立体裁断のクライミングパンツとが合体したデザイン。

耐久性・速乾性に優れた素材が湿度をコントロールして、いつでもさらりとしたドライなタッチを実現。しかもシルエットは旬のテーパードで、クロップド丈という点も今っぽさ抜群のボトムズです。

◆ NIKE ACG プルオーバー フーディー 

ユーティリティ性の高さを漂わせるスウェットパーカ

プルオーバー フーディー1万円/ナイキ ACG(ナイキ カスタマーサービス)
高密度フレンチテリーフリースを使ったスウェットパーカは、裏毛仕様で厚手で暖か。衿元のスピンドルが特徴的で、いわゆる一般的なスウェットパーカよりユーティリティ度が高いんです。

カンガルーポケットはジップ付きで、中の小物類がこぼれおちにくい点も、一般的なスウェットパーカと一線を画すポイント。右胸のACGロゴもさりげないアイキャッチとして◎です。
PAGE 3

◆ NIKE ACG マウント フッド 

西海岸のアウトドア感をヴィンテージ風プリントで

Tシャツ4000円/ナイキ ACG(ナイキ カスタマーサービス
ヴィンテージ風のプリントが施されたTシャツのボディは、今風のゆったりシルエットなのでドロップショルダー気味で着るのも一興。

プリントされたMt Hood(=フッド山)は、「ナイキ」の本拠地オレゴン州ポートランドから南東に位置する活火山で、オレゴン富士とも呼ばれる名山。いまもリゾートエリアとして人気のアウトドアフィールドなのです。

◆ NIKE エア スカーン

90年代アウトドアブームが現代に蘇るデザイン

スニーカー1万2000円/ナイキ ACG(ナイキ カスタマーサービス)
1997年に登場した「エア スカーン」のオリジナルのクラシックモデルを22年ぶりに復刻。当時のACGを思わせるサンドベージュカラーを採用している点に、当時を知る人なら懐かしさもひとしおです。

シューレースがトップラインを囲むデザインも、エアマックス95に由来する90年代キックスブームを思わせるもの。いかにもトレック仕様といったウィズ広めのボリューミーなフォルムが、オトコ心をくすぐります。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

ナイキ カスタマーサービス 0120-6453-77

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL