• TOP
  • ITEMS
  • プロが選んだ30万円以下のダイバーズウォッチ5本

2019.09.18

プロが選んだ30万円以下のダイバーズウォッチ5本

見やすいダイヤル、耐衝撃性と防水性とに優れたケース──ダイバーズウォッチは、実際に海に潜る機会がなくたって、日常使いにとっても便利。人気のカテゴリーゆえ選択肢も豊富なわけですが、今回は腕時計のプロに厳選していただいたモデルをご紹介します。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/高木教雄(時計ライター)

普段使いに最適! ダイバーズの決定版をプロがセレクト

防水性能・視認性に優れたダイバーズウォッチは、日常使いにもとっても便利。現在は各社からリリースされているものの、根底に潜水時間を伝えるという役割を持つため、デザインはどうしても似通ってしまいがち。

例えば、畜光塗料を塗布した大型の針・インデックスや、ダイビングスケールを刻んだ逆回転防止ベゼルなどは、おなじみのディテールですよね。そこで周囲に差をつけるなら、ちょっとひねりが効いた個性派を選ぶべき。

今回は、デイリープライスなアンダー30万円のモデルからセレクト。実はこの価格帯ってダイバーズの激戦区。デザインや機構、そのモデルが生まれた背景まで含め、他にはない特徴を持つ5本を紹介します。

◆ おすすめのダイバーズ その1 「シチズン」 

今いる水中深度が一目瞭然。メカニカルな見た目も好アクセントに

「シチズン プロマスター エコ・ドライブ アクアランド 200m プロマスター30周年限定モデル」光発電クォーツ、SSケース(46.1mm)、ウレタンストラップ、200m潜水用防水、限定6000本。8万円/シチズン(シチズンお客様時計相談室)
左側にプッシュボタンが備わるダイバーズクロノ……ではなく、2つのボタンは水深計操作などに用います。ケースサイドから取り込んだ水の圧力変化を、水深に換算する仕組み。時分針と同軸にある2つの短いアロー型針で、見やすく水深を示してくれます。

さらに9時位置には、充電残量計も装備。ダイバーの安全を確実に守る、まさにプロユースを想定した設計になっています。そのメカメカしい外観は、ガジェッド好きにたまりません。
PAGE 2

◆ おすすめのダイバーズ その2 「エドックス」 

水中文化遺産保全に貢献できる、レトロ顔モデル

「デルフィン フリート 1650 リミテッドエディション」自動巻き、SSケース(43mm)、カーフストラップ(NATOストラップ付属)、20気圧、限定300本。28万円/エドックス(GMインターナショナル)
1961年に誕生した「エドックス」初の防水時計から、ケースサイドのカーブがそのままラグを成すレトロなクッション型のフォルムを受け継いだ1本。有機的なケースのデザイン対し、ダイヤルに置く針とインデックスは直線的としてメリハリをつけ、赤い畜光塗料が絶妙なアクセントになっています。

さらにこちらは、1650年に沈没したオランダ貿易船のサルベージプロジェクトをサポートする記念モデル。水中の文化遺産を未来につなげることにも、貢献できます。

◆ おすすめのダイバーズ その3 「ロンジン」 

シェアウォッチとしても優秀な、60年代スタイル

「レジェンド ダイバー」自動巻き、SSケース(36mm)×ブレスレット、30気圧。28万6000円/ロンジン
パッと見ダイバーズに見えない上品な面持ちの1本。その理由は、ダイビングスケールがインナーベゼル方式になっているから。適度なヴィンテージ感をまとう、こちらは1960年製モデルの復刻。今ではかなり小振りケースサイズも、オリジナルとほぼ同じです。

幅広のアウターベゼルがない分スッキリした外観は、ジャケットやスーツにもバッチリ似合います。メッシュ状のミラネーゼストラップも、スタイリッシュ。彼女とのシェアウォッチにも、オススメです。
PAGE 3

◆ おすすめのダイバーズ その4 「オリス」

海洋の環境保全に貢献できるブルーフェイス

「アクイス クリーン オーシャン リミテッドエディション」自動巻き、SSケース(39.5mm)×ブレスレット、300m防水。限定2000本。26万円/オリス(オリス ジャパン)
ブルーグラデーションダイヤルが目に鮮やかなこちらのケースバックには、マーブル状のカラフルなメダリオンが。その正体は、海で回収したプラスティックごみ。海洋汚染で世界的な問題になっているマイクロプラスティックを回収するプロジェクトを支援する限定モデルです。

プラごみに美しい新たな価値を与えることで、リサイクル意識を高めるのが目的。腕時計で環境保全に貢献できるのはうれしいですよね。逆回転防止ベゼルをセラミック製とするなど、作りも凝っています。

◆ おすすめのダイバーズ その5 「ボールウォッチ」 

水にも磁気にもタフさを発揮!

「エンジニア ハイドロカーボン サブマリン ウォーフェア」自動巻き、TIケース(42mm)、TI×SSブレスレット、300m防水。26万5000円/ボール ウォッチ(ボール ウォッチ・ジャパン)
リューズに備わる独自のセーフティロックが、見るからに屈強な印象を与える1本。針とダイヤルには、強力に自家発光するマイクロガスライトを装備。暗闇の視認性もばっちりです。

さらにニッケルと鉄とを主原料とした合金・ミューメタル製の磁気シールドも備えていて、1000ガウス(=8万A/m)までの耐磁性を誇ります。一般に携帯の磁気は約200ガウス、タブレット端末は約400ガウスほど。暮らしのあらゆる場所に強力な磁石が潜んでいる現代社会では、実に頼もしい性能なのです。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

オリス ジャパン 03-6260-6876
シチズンお客様時計相談室 0120-78-4807
GMインターナショナル 03-5828-9080
ボール ウォッチ・ジャパン 03-3221-7807
ロンジン 03-6254-7351

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL