• TOP
  • ITEMS
  • 【最新】スマホと使えるミニカメラ3選。写真も動画も“映え”が違う!Go Pro、Osmo、USHADOW

2019.08.25

【最新】スマホと使えるミニカメラ3選。写真も動画も“映え”が違う!Go Pro、Osmo、USHADOW

夏の旅行にどんなカメラを持っていけば良いのか? ここでは定番の「GoPro」と、小型4kカメラ「Osmo Pocket」、そしてiPhone専用広角レンズ「USHADOW 18mm 広角レンズ」の3つをご紹介します!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真・文/平井敦貴

夏の旅行では広角(ワイド)な写真が“映え”るんです

iPhone XSに広角レンズ「USHADOW 18mm 広角レンズ」を付けて撮影。
夏といえば海。休暇を利用して海辺のリゾートへちょっとお出かけ…なんて方も多いのではないでしょうか。でも、そんな時に頭を悩ませるのが「カメラ問題」です。

・旅の思い出に写真や動画をたくさん残したい。
・できればスマホではなく、ちゃんとしたカメラで撮りたい。
・でも重いカメラは持ち歩きたくない。

・カメラもいいけどSNSに載せるからやっぱりスマホで撮れると嬉しい。

というループに入ってしまい、結局ベストなカメラが見つからない…というお悩み。みなさんも経験があるのではないでしょうか。とりわけ夏のシーンでは、水平線や青空を広角(ワイド)な画角で撮影するとSNSで“映え”るため、そのカメラ選びはさらに困難になります。

そこでここでは、夏の旅にぴったりな広角(ワイド)撮影ができるカメラ(とレンズ)をご紹介。いずれも長所・短所がありますので、ぜひ渡航先に合わせてご検討くださいませ。
PAGE 2

広角カメラの最終候補はこの3つ!

まずはそのカメラ選びから。夏の旅行カメラとして以下の条件で3つを選んでみました。

(1)携帯が苦にならないこと
(2)スマートフォン以上の広角撮影ができること
(3)SNSにアップするのが容易なこと

そこで最終的に候補として残ったのが「GoPro Hero7 Black」「Osmo Pocket」「iPhone XS & 広角レンズ」の3つです。ちなみにiPhoneの広角レンズはスマートフォン専用レンズメーカー「USHADOW」のもの。こちらは後ほど詳述します。

それでは早速、特徴を見ていきましょう。
PAGE 3

◆GoPro Hero7 Black

アクションカメラの元祖にして定番!

まず1つ目はこちら、アクションカメラの元祖にして定番「GoPro」です。手軽なサイズや防水・耐衝撃性は夏の旅行にぴったり! 特に現行の「GoPro Hero7 Black」は、強力な手ぶれ補正とクリアな画質で好評を博しています。

その画角は35mm換算でおよそ15mm相当。撮影された写真も魚眼レンズに近い超ワイドな仕上がりとなります。
また、最大のメリットとしてはやはりそのコンパクトさが挙げられます。ポケットに入れていても邪魔にならず、耐久性もあるので海やアウトドアシーンでガシガシ気にせずに撮影が可能です。
高い防水性とクリアなレンズにより、海中の撮影もバッチリです。
また、明るいレンズとクリアな画質は海中でもその威力を発揮します。ウミガメもご覧の通り。撮った写真はアプリ経由でスマートフォンに転送できるので、SNSへの投稿も慣れればスムーズに行えます。

静止画は1200万画素、動画も4K60fpsで撮影ができるため、これ1台で旅の記録もバッチリ。「GoPro」の最大の強みである「ワイドな画角」と「水中撮影」はスマートフォンのカメラにはない大きなアドバンテージですので、夏の旅行にうってつけです。

ただ、強いてデメリットをあげるとすれば、広角に特化しているためズーム機能が弱いこと。また背景をぼかした写真や、料理などに寄って撮影するのはあまり得意ではありません。

しかしながら、「GoPro」の魅力は一度使えばきっとハマるはず。海によく行かれる方には本気でおすすめです!
PAGE 4

◆Osmo Pocket

ジンバルによる手ぶれ補正は圧倒的!

続いては「Osmo Pocket」です。ドローンでおなじみのDJI社がそのジンバル技術を転用して作った小型4Kカメラとなります。3軸をカバーする手ぶれ補正は超強力で、カメラを持ちながら歩き回ってもほとんど手ぶれをすることはありません。

また、こちらはカメラ単体での撮影のほかiPhoneやスマートフォンとコネクタで接続しながら撮影できるのも特徴です。

もちろん静止画も撮影できますが、せっかくの手ぶれ補正を活かすのであれば動画撮影がメイン用途となります(4K60fpsまで対応)。ちなみに動画の画角は、iPhone XSと比較してもひと回りワイド。絶妙にちょうどいい画角です。
こちらの比較画像のように、同じ場所からの撮影でもiPhone XSは門の天井がギリギリ見切れてしまうのに対して、「Osmo Pocket」では門全体が映ります。このようにちょっとした画角の差があるので、「街の様子をぶらぶら動画で撮りたい」といった使い方なら、この「Osmo Pocket」が最良な選択となるでしょう。

ちなみに残念な点を挙げると、本体に防水機能がないため、水中で使うには純正の防水ケースが必要なこと(防水ケースは水深60mまで対応。価格:6210円)。また、Wi-FiやBluetooth機能がないため、画像・動画の共有は直接スマートフォンに接続するか、SDカード経由しかありません。

この辺りに課題は残りますが、それでも撮れる動画はスマートフォンよりもかなり高いクオリティですので、映像にこだわりのある方であれば一度使ってみることをおすすめします。
PAGE 5

◆iPhone XS + USHADOW 18mm

広角レンズ取り付け1秒の外付けワイドレンズ!

最後にご紹介するのはこちら、iPhoneに着脱できるワイドレンズ「USHADOW 18mm 広角レンズ」です。こちらはスマートフォン用レンズ専業メーカー「USHADOW」による広角レンズで、専用のiPhoneケースを使用することにより、わずか1秒で着脱が可能となります。

その着脱の原理はiPhoneケース側とレンズ側がマグネット式になっているという、ごくシンプルなもの。ですが、外付けレンズをこんなに楽チンに取り付けられるアイテムは他に類を見ません。

また専業メーカーだけあってレンズの品質が非常に高く、装着しても画質の劣化をほとんど感じさせません。いくつか作例を見てみましょう。
装着前と比較すると、かなり広角なのが分かります。また、色味の再現率も高く、レンズ四隅の暗さ(ケラレ)もほとんどありません。
iPhone XSの画角でもそれなりにワイドに撮れますが、やはり18mm相当のワイドレンズでは空や海の奥行きがより強く感じられます。
こちらもレンズを装着することでかなりワイドな写真となっています。ウッドデッキや店舗の広さなどが伝わるので、外観のイメージを伝えるのにもこの広角レンズは効果的です。

このようにかなり使える「USHADOW 18mm 広角レンズ」ですが、強いてデメリットを挙げるなら2点あります。

1つ目は、2倍以上のズームが使えないという点(デュアルカメラ式のiPhoneの場合)。これは2倍以上にズームをすると、iPhone本体のカメラが望遠レンズに切り替わってしまうために起こります。その場合は素直にこのレンズを外すようにしましょう。

2つ目は、ホコリや傷に気をつけないといけない点。スマートフォン用とはいえ、交換式のレンズなので持ち運びにはそれなりに気を使います。レンズがむき出しのままだとすぐにホコリが混入したり傷がついたりするので、持ち運ぶ際には専用のケースに入れるなど、多少気を使わなければいけません。

しかしながら、上記の点を踏まえれば大きな不満はなく、きっと大満足のアイテムとなるはず。個人的にiPhoneの外付けレンズは色々なものを試してきましたが、品質はこの「USHADOW」がダントツで高いと感じています。ので、iPhoneで旅行の写真を撮りたい方には強くおすすめします。
PAGE 6

全部足しても一眼カメラ1台分

さて、ここまでご紹介してきた3つのカメラ(2つのカメラと1つのレンズ)ですが、「GoPro」と「Osmo Pocket」はいずれも116g、「USHADOW 18mm 広角レンズ」は71gですので、全部足しても303gと、一眼カメラ1台分の重さにもなりません。

全部持っていくのももちろんアリですので、それぞれのカメラの特徴を活かしながら、ぜひ夏の旅にご活用ください。

■ お問い合わせ

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL

【最新】スマホと使えるミニカメラ3選。写真も動画も“映え”が違う!Go Pro、Osmo、USHADOW | アイテム | LEON レオン オフィシャルWebサイト