• TOP
  • ITEMS
  • 夏にデニムをはかないのは世界でも日本人だけ!?

2019.08.18

夏にデニムをはかないのは世界でも日本人だけ!?

最近デニム、はいてますか? 日本では特に大人の男性の間ではいまひとつですが、実は海外ではデニム、それもブラックデニムが大ブームです。それというのも、ドレスとカジュアルの境目が薄くなっている今の時代に、グレスラ的にブラックデニムというのがハマるからなんです。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

スナップ・写真/Yu Fujiwara(@8and2) 静物・写真/蜂谷哲実(hachiya studio) スタイリング/稲田一生 テキスト/池田保行(04)

グレスラ代わりのブラックデニムが、いまの時代にドンズバです

 
デニムは今、日本ですと、とりわけ大人の男性の間ではあまり話題にならないほどのダウントレンドですが、実は海外ではストレッチ混の新しいデニムの人気が盛り上がり中。しかもブルーよりブラック、墨黒のブラックウォッシュデニムがこれまた空前のブームとなっているんです。

その理由というのは、伸縮性の利いたデニムははき心地がいいのもちろんですが、グレスラ代わりの美細パンツとして合わせやすいからなんです。ほら今って、ドレスとカジュアルの垣根が下がっているじゃないですか。それだけにグレスラより程よくカジュアル見えするブラックデニムって、まさにいまはきたい気分のボトムズなんですよ。

写真の御仁(右側)も、グレスラ代わりのブラックデニムにジャケットを合わせて、洒脱に着こなしているでしょ? いまや大人カジュアルに鉄板の白スニと合わせればモノトーン人気に乗ってコーディネートの相性も抜群ですし、ジャケットを合わせれば、途端に今っぽく仕上がるんです。

これだけ汎用性が高くて、しかもお洒落に見えるなんて、ブラックデニムをはかない理由が見つかりませんよね。ただし、いまどきの黒デニムは昔のものより、ほんのり細身でテーパードシルエットになっているところが最新です。クロゼットの奥深くで眠っているブラックデニムでは、こうはいきませんので、ご注意を。
PAGE 2

◆ おすすめの黒デニム その1 「ピーティーゼロチンクエ」

ドライタッチのはき心地は、デニムの常識を変えてくれます

デニム 3万3000円/PT05(PT JAPAN)
美脚なスリムフィットは本家「PT01」譲り。レーヨン、ポリエステル、ポリウレタンを高混率でブレンドした薄手で軽くドライなタッチのはき心地は夏のパンツとしても感動モノです。裾をデフォルトでターンナップしているところは、ちょっと足首をのぞかせてはいてほしいという、このブランドからのメッセージなのかも。
バックポケットには、「PT05」のエンボスが施された小さめのレザータブ。ステッチの一部に刺繍されているのは、このブランドのアイコンマーク。欧米で「正」の字にあたる、「5」を表す記号です。ちなみに来季は「PT01」とのリブランディングが予定されており、PT05のロゴが付く最後のコレクションになりそうです。
PAGE 3

◆ おすすめの黒デニム その2 「ヤコブ コーエン」 

テーラードデニムの希少なリミテッドエディション

デニム 8万7000円/ヤコブ コーエン(ヤコブ コーエン 東京ミッドタウン店)
トップボタンはジュエリーメーカーが手掛け、ドレスパンツに見られるようなピンループ仕様、加えてハーブの香りにまで徹底にこだわった”最高級なテーラードジャケットに合わせるデニム”として根強い人気のヤコブ コーエン。そのリストにこれまた最高級のリミテッドエディションがラインナップされています。すべてが職人の手作りで、各パーツも最高級のものを採用したシリアルナンバー入りの希少品です。
ほどよくグレイッシュなウォッシュ加工は、リミテッドエディションならでは。ハラコのパッチにシルバーメタルのロゴ。セルビッジ付きバックポケットには、オリジナルバンダナが付属します。
PAGE 4

◆ おすすめの黒デニム その3 「エドウイン」 

ジャパンブランドならではの日本人のためのスキニーフィット

デニム 7900円/エドウイン(エドウイン・カスタマーサービス)
日本人体型に合うデニムパンツを作り続けてきた矜持が感じられる美脚のスキニーフィット。もちろんストレッチが利いているのではき心地も快適です。ミディアムウェストにして、クーレストウォッシュの色落ち感も80’sな雰囲気で、いまどきなボトムズ作りに一役買ってくれるブラックデニムですよ。
ブラックデニムをはき込んだような色落ちのムラ感と程よいダメージ。
PAGE 5

◆ おすすめの黒デニム その4 「リプレイ」

まるで10年はいたようなヴィンテージ顔デニム

デニム 5万8000円/リプレイ(ファッションボックスジャパン)
リプレイの「ジョンドリル」は、人気定番のスキニーシルエット。2%のポリウレタンに4%のエラストマルチエステルをプラスして配合したストレッチ素材は伸縮性抜群です。こちらのウォッシュは10年はき込んだ色落ち感を再現したもの。はき込んで体に馴染んだ頃のような色合いが魅力です。
後ろ姿でリプレイとひと目でわかるのはお馴染みのバックポケットのステッチ。飛んでいるカモメをモチーフにした「シーガルステッチ」です。
PAGE 6

◆ おすすめの黒デニム その5 「パープル」 

ヴィンテージ風な味わいと現代的なはき心地を両立

デニム 2万4000円/パープル (バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター)
2017年に誕生した「パープル」は歴史は浅いながら、ストリートウエアとラグジュアリーファッションが融合したこだわりのデニムブランド。業界経験の長いクリエーターが集結して作り上げた”ラグジュアリーベーシック”なデニムは、シンプル過ぎるデニムとも過度なデザインやダメージを利かせたデニムともまるっきり異なる、今どきのスタイルにぴったりのクリエーションが話題です。
ほどよくはき込んだ風情にして、適度な色落ちとアタリの出具合は、デニムマニアも納得の味わい。しかも誰にでもうれしいストレッチを利かせたはき心地を兼備。バックポケットの四方には隠しリベットを使い、はき込むほどにアタリがでてくる仕様は、ヴィンテージデニム好きなら垂涎です。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

エドウイン・カスタマーサービス 0120−008−503
バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター 0120-137-007
ファッションボックスジャパン 03-6452−6382
PT JAPAN 03-5485-0058
ヤコブ コーエン 東京ミッドタウン店 03-3405-0852

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        夏にデニムをはかないのは世界でも日本人だけ!? | アイテム | LEON レオン オフィシャルWebサイト