• TOP
  • ITEMS
  • 人気ブランドも注目! いま買うべきは、リッチでアウトドアなバッグです!

2022.03.18

人気ブランドも注目! いま買うべきは、リッチでアウトドアなバッグです!

昨今、冬キャンプを楽しむ人が増えているそうです。キャンプ人気は今にはじまったコトじゃありませんが、どんどん本格化している模様。アウトドアに目が肥えた人が増えるなか、差をつけるとしたら?

CREDIT :

写真/島本一男(BAARL) スタイリング/髙塩崇宏 文/安岡将文

大人アウトドアは、やっぱりリッチ目線で差別化を

ファッショントレンドにおいて、アウトドアは重要キーワード。昨今では、モードからクラシコ、ストリートまで、あらゆるジャンルがアウトドアブランドに引けを取らない機能性を採用したアイテムを展開しています。

で、LEON.JP的に注目したいのが、やっぱりラグジュアリーブランドのアウトドア顔バッグ。今シーズンは特に、アウトドア色をより前面に押し出したバッグが目につきます。例えば、れっきとしたアウトドア由来のパーツデザインを主役に採用したりなど。今回ご紹介するボッテガ・ ヴェネタなんて、まさに好例です。

とはいえ、立ち位置はあくまでラグジュアリーブランド。このギャップがミソで、ラグジュアリー×ストリートで示された「上質なのに肩の力が抜けてる」感を楽しめます。これから暖かくなるにつれ、バッグの存在感は増すばかり。そんななか、ラグジュアリー×アウトドアなバッグは、結構使えますよ。
PAGE 2

◆ ボッテガ・ヴェネタ 

ボッテガ・ヴェネタからテントが登場!?

▲ [W32×H25×D15cm] 14万8500円/ボッテガ・ヴェネタ(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン)
その名も「テント」。撥水性のあるテントナイロンにポールを想起させるフレームが、まさしくと言ったところかと。開口部はジップを採用。メッセンジャータイプで、ナイロン製で軽量ながらフレームにより保形力があり、立体的なシルエットを楽しむことができます。ビビッドなカラーも、アウトドア気分を高めてくれますよね。

◆ セリーヌ 

本格系だからこそ、ロゴが際立ちます

▲ [W27×H42×D15cm] 24万2000円※予定価格/セリーヌ オム バイ エディ・スリマン(セリーヌ ジャパン)
サイドの大型メッシュポケットや伸縮性のあるバンジーコードなど、「トレッキング バックパック」という名のとおり、本格的なバックパックから着想を得たディテールが目を引くコチラ。ショルダーストラップには、Dカンも付けられています。とはいえ、ジャカード織りのロゴがあくまでもラグジュアリー感を誇示してくれますけどね。
PAGE 3

◆ ロエベ 

実用性とアート性は、結構相性がいいみたい

▲ [W50×H61×D20.5cm] 21万5600円/ロエベ(ロエベ ジャパン クライアントサービス)
ロールトップタイプのバックパックを、実にアートフルな顔つきに。本体はナイロン製ですが、フロントパネルにはジャカード織りによってアナグラムをデザインしています。ネオングリーンとともに、アウトドアななかにもファッション性をしっかり主張。トップを閉じたままでも中身を出し入れできるアクセスジップを採用するなど、使い勝手は実用的です。

◆ サンローラン 

フィールドでもリアルに役立つバッグです

▲ [W25×H17×D9cm] 9万3500円/サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ(サンローラン クライアントサービス)
ナイロンメッシュを採用したクロスボディバッグ。これからのシーズン、こんな軽やかな質感は実に気になります。発色の良いダークイエローとブラックのコントラストも、アウトドアな気分を強調。シンプルな作りですが、背面にもジップポケットがあり休日使いには十分です。いっそ、ホントにキャンプで使ってみるのもアリ!?
※掲載商品はすべて税込み価格です

■ お問い合わせ

サンローラン クライアントサービス 0120-95-2746
セリーヌ ジャパン 03-5414-1401
ボッテガ・ヴェネタ ジャパン 0120-60-1966
ロエベ ジャパン クライアントサービス 03-6215-6116

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    おすすめの記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON

        人気ブランドも注目! いま買うべきは、リッチでアウトドアなバッグです! | アイテム | LEON レオン オフィシャルWebサイト