• TOP
  • GOURMET
  • 低糖で注目されたレモンサワーはここまで進化した! メンチカツの最強ペアリング「U.TOKYO」

2019.01.11

低糖で注目されたレモンサワーはここまで進化した! メンチカツの最強ペアリング「U.TOKYO」

毎晩シャンパンでカンパ~イ!とやってたあのコが最近、レモンサワーに変えたら5キロ痩せたって!? と港区女子の間でも人気のレモンサワー、そしてテッパンの相性を誇るメンチカツで話題の新店をご紹介!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/秋山 都 写真/菅野祐二

ただいま空前のレモンサワーブーム。まさか「レモンサワーってなに?」「かまぼこってお魚(おとと)だったの?」というカマトトちゃんはおられないと思いますが、念の為ご説明しておきますと、レモンサワーとは、元来、焼酎にレモンをしぼり入れ、ソーダで割った飲み物のこと。

祐天寺の「もつやき ばん」が発祥の地と言われておりますが、その後王道と言われている焼酎のキンミヤを凍らせた「シャリキン」を使用する“シャリキン系”や、レモンそのものを冷凍して投入する“シャーベット系”など、さまざまなタイプに分かれ、進化していきました。
U.TOKYO
ここ数年のトレンドは新宿ゴールデン街「The OPEN BOOK」に代表される、自家製シロップを入れてレモンの酸味とシロップの甘さ、そして焼酎の存在感のバランスのよさを楽しむ“シロップ系”。

言わばレモンサワー界のサードウェーブ=居酒屋ではなく、バーやカフェで楽しむお洒落なレモンサワーの登場は、いままで高齢化していたレモンサワー人口の若返りにおおいなる一助となったことでしょう。

NEXT PAGE2/ 3

レモンサワーとクラフトメンチカツの最強ペアリング

◆ U.TOKYO[東京・不動前]

U.TOKYO
さあ、そこで本日の真打ち登場。サードウェーブまで登場してもはや打つ手なしかと思われたレモンサワー界に現れた新星、それが「U.TOKYO」。

最初にネタバレしてしまうと、こちらは、焼酎の代わりにスピリタス(アルコール度96%で純度の高いウオッカ)を使った“スピリッツ系”です。

いままでもジンやウオッカなどスピリッツ(蒸留酒)をベースにしたレモンサワーは少数ながら存在したので、そのこと自体が新しいわけではありません。
U.TOKYO スピリタスにレモンの皮を最低1ヶ月漬け込み、レモンチェッロをつくる。
ではなにがすごいのか。といえば、細部までこだわるディテール・オリエンテッドな作り方。まずレモンは広島県大崎下島で道谷祥恵さんが栽培しているレモンを使用。

なんと30年間農薬を使っていないという完全無農薬レモンだから、安心して皮を漬け込めるというわけ。そしてスピリタスはそのアルコール度数の高さのゆえ、クリアで雑味のない、すっきりとした飲み口。レモンの風味を存分に味わえ、また飲み疲れしないので何杯でもいけそう。
U.TOKYO リモンチェッロサワー各種480円~。左からパクチー、塩、梅。
リモンチェッロサワー各種480円~。左からパクチー、塩、梅。
そして、出来上がったリモンチェッロをシンプルに味わうリモンチェッロサワーのほか、パクチーや塩、国産生姜やブラックペッパー、花椒など豊富なフレーバーも魅力のひとつ。

「今日は暑かったから塩で」「刺激多めな花椒で」など、お好みとその日のコンディションによって選べるのはなんといっても楽しいもの。イケる口なら3杯くらいは飲めるかと。

NEXT PAGE3/ 3

合わせるのはこだわり抜いたメンチカツ

U.TOKYO メンチカツ
「U.TOKYO」のもうひとつのウリ、それがクラフトメンチカツ。「メンチカツなのにクラフトってどういうこと?」というツッコミ、ごもっともです。

そのココロは、鹿児島県産の純粋六白黒豚をミンチにし、最高級のパン粉から白くやわらかい部分を内パン粉に、ミミの部分を外パン粉に使用し、中フワッ外カリッな揚げ具合。胃もたれしないパーム油でひとつひとつ丁寧に揚げた「手作り」クラフトメンチカツというわけ。
U.TOKYO メンチカツ各種390円~
メンチカツ各種390円~
このメンチカツがまたリモンチェッロサワーに劣らぬバリエーションでして、「海老とパクチー」「ホタテと韓国ノリ」「和牛とワサビ」「ゴルゴンゾーラとリンゴ」「とうもろこしのバター醤油」などメニューを読み上げるだけでお腹がグ~となるような代物。

ひとつひとつ味がしっかりついているのでそのまま食べてもイケますが、お好みで自家製ジンジャーソースとラッキョウ入りタルタルソースを添えてお召し上がりください。
U.TOKYO
実はこのお店、島根県の人気店が東京へ進出を果たした2号店。この7月にオープンしたばかりのホヤホヤの新店です。ゆえにフラッと入れる可能性アリですが、ぼちぼち口コミで混雑しはじめているため、予約はしたほうがよろしいかと。

夏のレモンサワーと揚げ物という、最強のペアリング、ぜひご堪能あれ。

◆ U.TOKYO

住所/東京都品川区西五反田4-8-4
TEL/03-6431-9137
営業時間/18:00~翌1:00
定休日/無休

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事