• TOP
  • GOURMET
  • 食通の集まる下町エリア、浅草・観音裏をホッピングデート!

2019.01.08

食通の集まる下町エリア、浅草・観音裏をホッピングデート!

オシャな街デートもいいけれど、オトナになったらしっくりくるのが下町デート。なかでもいま話題の観音裏は旬な食スポットがいっぱい! 「ルスルス」「しみいる」「ペタンク」の3軒を1日でめぐる贅沢デートをどうぞ。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/吉澤健太 文/秋山 都

浅草「観音裏」とはその名のとおり、観音様(浅草寺)の裏手にあり、浅草駅から10分ほど歩くエリア。ちょっと足を伸ばせば山谷や吉原などディープな地帯とも隣接しており、昭和の色をいまだ濃く残しています。ほんの少し前まで歩く人もまばらな静かな町でしたが、ここ数年でミシュランにも掲載されるような名店が多数生まれるグルメエリアへと変化をとげました。

この町を愛する人たちの特徴としては「気取らない」「はしご酒を楽しむ」「コストパフォーマンスに敏感」が挙げられます。逆に言えば、おしゃれなだけで実のない食事や飲み物には高いお金を払わないよ、という意識の高い人たち。真の意味で食通ともいえる人が集まる観音裏にはさまざまなタイプのお店が密集しているので、1店でトンボ返りしてはもったいない。待ち合わせから食後まで、町をそぞろ歩いてホッピングしながら楽しむのが正解!です。
PAGE 2

気取らない、きちんと作った実直なスイーツ

◆ 菓子工房ルスルス

さあ、まずは待ち合わせ。いつもはホテルのバーでアペを楽しむアナタも、観音裏に来たからには観音裏の流儀に従っていただきます。ここ「ルスルス」は、手を抜かずにていねいに、きちんと作ったスイーツで評判のお菓子やさん。新田あゆ子さん、まゆ子さん姉妹が東麻布で2007年にスタートさせましたが、両親の住む観音裏エリアにもお店がほしい、と2012年に古民家を改装してオープンしたのがこちらです。以前は日舞のお稽古場だったという広いスペースにはイートインもあるので、お茶とケーキのセットをどうぞ。
ルスルス自慢の焼き菓子とシュークリームの「シューセット」(550円)とダージリン(650円)
「飲む前にスイーツはちょっと」とおっしゃるアナタにはお土産の焼き菓子を。この「鳥のかたちクッキー」はアイシング(砂糖がけ)された色もロマンティックで人気の一品です。
「鳥のかたちクッキー」1500円(税別)

◆ 菓子工房 ルスルス

住所/東京都台東区浅草3丁目31-7
お問い合わせ先/03-6240-6601
営業時間/12:00~20:00(喫茶L.O.17:45)
定休日/月曜・火曜

●繁忙期は定休日が増えることもあるので要確認。

PAGE 3

食材の美味さがココロに沁みる

◆ しみいる

あざやかな彩りが目にもおいしい「寒ブリと大根、冬野菜のテリーヌ」(1800円税別)
続きましてお食事へ。「観音裏」は下町ということもあって、焼き鳥(「とりびあん」は最高!)、町中華(「菜苑」の純レバが有名でしたが、18年3月に惜しまれながら閉店予定)、タイ料理、鮨、喫茶店(「ロッジ明石」はタクシードライバー御用達の名店)、居酒屋(「ぬる燗」もおすすめ)など、雑多なお店がひしめいているのですが、やはりLEONですもの、デートですもの、ここはフレンチ推しでまいりませう。
民家をリノベした店内は太い梁や木の窓枠など落ち着く雰囲気。
おすすめするのは「しみいる」。フレンチなのに平仮名の店名が醸し出すこの雰囲気でおわかりでしょう。シェフの椿豪さんが「オトナが入りやすく、ゆったりと楽しめるフレンチを」と作り出すお皿はどれも野菜がたっぷりと使われ、素材の良さがココロに「染み入る」おいしさ。奥さまの澄子さんがセレクトした自然派のワインと召し上がれ♡。
「ほうぼうのポワレ 白ワインと青のりのソース」(2500円税別)
この日は三重県のマタギさんが仕留めた猪が入荷。「イノシシのロティ」(3200円税別)
料理はどれも2名で食べられるほどのボリュームがあり、ふたりでシェアすれば、銘々の皿にとりわけてサーブしてくれるので、最近食が細くなったというアナタもいろいろ食べられます。シェフがひとりで作っているため、時間がかかることもありますが、ここはゆったり構えて、観音裏の夜をゆっくりとお楽しみください。

◆ しみいる

住所/東京都台東区浅草4-14-1
お問い合わせ先/03-6458-1509
営業時間/火~土 18:00~L.O.23:00、日12:00~L.O.14:30、18:00~L.O.22:00
定休日/月曜

PAGE 4

観音裏を代表する有名店

◆ ペタンク

さて、どんじりに控えしは2017年3月にオープンした「ペタンク」。まだオープンから1年も経たないというのに、多くの食通たちが「あの店行った?」と話題にし、さまざまなグルメ雑誌にも取り上げられた、観音裏イチの出世株です。
わずかカウンター8席の店内はシェフ山田武史さんの目の届くサイズ感。
マイクロビストロとうたうメニューには「ウフマヨ」「リエット」「クスクス」などフランスの食堂でおなじみのお惣菜に加え、「牛サーロインステーキ」「鳥(片羽)丸揚げ」などガッツリ系も。きちんと食事をするなら予約するのをおすすめしますが、食後にワインを一杯やるような遅めの時間ならふらりと入れる可能性も高いでしょう。
浅草の有名牛肉店「松喜」から仕入れる「牛サーロインステーキ」100g、1800円~(税別)。
前菜の盛り合わせ(1人前)1200円(税別)。クスクス、リエット、キャロットラペなど日替わりで10種程度。

◆ ペタンク

住所/東京都台東区浅草3-23-3 上野ビル101
予約・お問い合わせ/03-6886-9488
営業時間/月〜金17:00〜24:00、土・日15:00〜22:00
定休日/不定休

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL