• TOP
  • GOURMET
  • そう! モテる正月の決め手は「おせちにフランチャコルタ」

2018.12.26

そう! モテる正月の決め手は「おせちにフランチャコルタ」

お正月は日本酒? いや、シャンパン? もちろんそれもいいのですが、今年はフランチャコルタで始めてみませんか? 知ってるようでよくわからない、フランチャコルタの基本から応用までをお教しえます。

CATEGORIES :
CREDIT :

文/秋山 都 写真/吉澤健太

「フランチャコルタは和食と相性がいいんですよ」と教えてくれたのはソムリエの森上久生さんです。和食が相性がいいとは、つまりおせちとも相性がいいということ。なかでも今回はお雑煮、魚卵、そしてお正月に人気のすき焼きととくに相性がいいフランチャコルタをおすすめしてもらいました。

が、そのマリアージュについてご紹介するのはもう少し後にすることにして、まずフランチャコルタとは何か、おさらいしておきましょう。というのは、フランチャコルタとは何か、と聞かれても、きちんと答えられる人、日本ではまだまだ少ないんです。

フランチャコルタを知るQ&A5

ではあなたがフランチャコルタをどのくらい理解しているのか、下記の設問でチェックしてみましょう。

1. フランチャコルタとはどんなお酒?
a) ウイスキー b)スパークリングワイン c)ポートワイン

2. フランチャコルタは何を指す言葉?
a) イタリアの地名 b)ワイン名 c)生産方法

3. フランチャコルタが出来上がったのはいつごろ?
a) 紀元前 b)16世紀 c)1960年代

4. フランチャコルタ サテンとはどんなお酒?
a) サテン生地のようになめらかな飲み口の低ガス圧ワイン
b) 喫茶店で供されるカジュアルなワイン
c) 悪魔が愛したという伝説のあるワイン

5. 次のブドウのうち、フランチャコルタに使われないのは?
a) シャルドネ b)ピノ・ネーロ c)マスカット・ベーリーA d)ピノ・ビアンコ
PAGE 2
フランチャコルタのブドウ畑。
正解:
1. b-フランチャコルタはイタリアのスパークリングワインです。シャンパンと同じく瓶内二次発酵で発泡しており、タンク内で二次発酵させるシャルマ方式のプロセッコ(イタリア)とは製法が異なります。
2. a.b.c.のすべて。フランチャコルタとはイタリアの地方の名であり、ワインの商品名であり、そして生産方法でもあります。1965年にDOCG(統制保証原産地呼称)に認定され、フランチャコルタで生産されたスパークリングワインだけが、フランチャコルタと記載できます。
3. c-ワインは古代から造られてきましたが、スパークリングワインが造られるようになったのは1960年代から。
4. a-発酵の期間が長く、ボトル内のガス圧が5気圧以下のものをサテンと称します。このサテンはフランチャコルタのみで生産されるスタイルです。
5. c-フランチャコルタで使用するブドウはシャルドネ、ピノ・ネーロ、ピノ・ビアンコの3種のみ。ちなみにマスカット・ベーリーAは日本固有のブドウ品種です。

いかがでしたか? 5問正解のあなたは相当なワイン通。ほとんどの方は2、3問正解と言ったところでしょうか。全問ハズレたあなた、もう少しフランチャコルタを飲んでいただきたいですね。
フランチャコルタの北端にあるイゼオ湖。この湖を渡る風がブドウの育成に好影響をもたらす。
PAGE 3
ソムリエの森上久生氏。今夏にはワイン愛好家を連れてフランチャコルタツアーにも随行した、ワイン界の貴公子。
「フランチャコルタはシャンパーニュと同じような位置づけではありますが、酸の鋭角さにおいてはフランチャコルタのほうがやわらかいんです。それゆえに、味噌や魚卵、発酵食品と相性がよく、和食とは全体的によくあうと思います。またシャンパーニュよりもお手頃価格なのもうれしいポイントと言えますね」
と語るソムリエの森上久生さん。さあ、いよいよお正月の食卓にぴったりのフランチャコルタをおすすめいただきましょう。

「お雑煮にはサテン」

生産者名/ベラヴィスタ 商品名/フランチャコルタ・サテン 2010 9000円(税別)(エノテカ・オンラインhttps://www.enoteca.co.jp/) *写真は現行のものとはヴィンテージが異なります。
「フランチャコルタにはブリュット、ロゼ、ミレッジマート(単一年ヴィンテージ)など数種のスタイルのワインがありますが、サテンもそのひとつ。熟成期間が長く、ガス圧が低いのでなめらかな口当たりが特長です。このサテンは魚介系の出汁によく合いますね。口当たりはクリーミーで、厚みのある果実味と優美な酸味、ミネラルなどすべてがバランスよくまとまっています」

「いくら、かずのこ、ウニ、キャビアなど魚卵系にはロゼ」

生産者名/アジィエンダ・アグリコーラ・フェルゲッティーナ 商品名/フランチャコルタ ロゼ ブリュット 2010 希望小売価格5200円(税別)
「シャンパーニュで言うブラン・ド・ブラン(シャルドネ100%)は魚卵の生臭さが際立ってしまうため、おすすめできません。そんなときはピノ・ノワール(イタリアではピノ・ネーロ)が多く含まれたブラン・ド・ノワールタイプか、ロゼを。タンニンが魚卵のたんぱく質がもたらすえぐみを包みこみ、まろやかにしてくれます」

「すき焼きにはしっかりとした個性を持つミレッジマート」

生産者名/カ・デル・ボスコ 商品名/フランチャコルタ ミレッジマート ブリュット 2008 参考小売価格8000円(税別)
「お醤油ベースとなるすき焼きはロゼとも相性がいいのですが、しっかりと長く熟成させたミレッジマートも間違いのない相性です。なかでもカ・デル・ボスコのこちらは48か月もの長きに渡ってシュール・リー(澱と触れさせる発酵)をしており、お肉の旨味、野菜から出る出汁を受け止める包容力のあるワイン。どうも溶き卵には、瓶内熟成のものが相性よいように感じますね」
フランチャコルタとひと口に言っても実に多彩な表情を持っているのですね。2019年はフランチャコルタとともにシュワシュワ~♪、華やかに始めてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL