• TOP
  • GOURMET
  • クリスマス・忘年会にまだ間に合う! 話題の海上レストラン「SUSHIP」

2018.12.13

秋山 都の『美食のネタ帖』

クリスマス・忘年会にまだ間に合う! 話題の海上レストラン「SUSHIP」

12月ともなれば、デートや会食の場所を探そうにも人気店はすでに予約で満席。そんなときには、この「美食のネタ帖」。クリスマスなど目の前のイベントにぴったり、かつまだ席も空いている(はず)、そして味やサービスにはおすみつきのお店を徹底解説いたします。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/秋山 都 写真/吉澤健太

毎回、旬のレストランや話題の新店をご紹介していく連載「美食のネタ帖」。「なんか面白い店ないかなぁ」「最近どこか行った?」と聞かれることが多いLEON.JP食いしん坊担当がガチでおすすめなお店を紹介いたします。本連載ではお店を選ぶ際に、この3点をセレクトの条件としました。

・ 高くて美味いは当たり前。たまには贅沢できる適度な価格帯であるべし。

・ 予約がとれない名店は高嶺の花。会員制や紹介制ではなく、実際に電話が通じるお店であるべし。

・ 大通りの洒落たハコばかりではなく、路地裏のひっそりとした名店を探すべし。縄のれんや赤ちょうちんを嫌う女子はこちらから願い下げるべし。

つまりは、高すぎなくてコスパよく、居心地よくて実のあるお店、というわけ。当方、かなりお酒を“たしなむ”タチですので、どうしても酒飲みに寄りがちな内容となりますが、その点はご容赦のほど。

さて、その第1回はこちらのお店。

船に乗って出かける、船上レストラン「SUSHIP」

のっけから、路地裏の名店、というより「海上の名店」でした。こちら「SUSHIP」は東京湾上に浮かぶ船上レストラン。いえ、船上というより、船がレストランと言うほうが正しいかな。東京湾でごはん、といえば屋形船を思い出す方も多いでしょうが、この「SUSHIP」が屋形船と異なるのは、この「SUSHIP」自体は動かず、東京湾に停泊している、という点。当然、その船まで泳いでいくわけにはいかないので、なんらかの手段で連れていってもらい、また連れ帰ってもらう必要があります。ここが今回のキモ。
PAGE 2
この日は早いディナーだったので、サンセットを楽しみながらクルーズ。
あっという間にネタバレしてしまったかと思いますが、この「SUSHIP」へ行くには隅田川から20分ほどシャトルボートに乗り、東京湾まで航海する必要があります。勝どき橋から、築地の市場跡を眺め、レインボーブリッジをくぐり抜けたら、目的地まではあっという間。屋形船は一斉スタートの時間に間に合う必要がありますが、「SUSHIP」は1時間ごとに予約できるので、食事のスタート時間を選べるのもうれしいポイント。
ダイニングは手前の白い船。後ろの黒い船はキッチン専用船、通称「ブラックベース」です。
さあ、ようやく「SUSHIP」の全貌が見えました。停泊する場所は時によって変わるそうですが、この日はお台場沖でした。シャトルボートをじりじりと「SUHIP」に近づけ、いざ乗り換えます。船を船上で乗り換えるとはどのようなものか、少々不安でしたが、ここでもスタッフがやさしくサポートしてくれるのでご心配なく。
PAGE 3
「SUSHIP」船内のダイニングスペース。畳を敷いたお座敷で、椅子席なのもうれしい。
さあ、気になる船内は? 靴を脱ぐお座敷スタイルなのは屋形船と一緒ですが、椅子席のため正座が苦手な方も大丈夫。時折行きかう船を見なければ、ここが海上だなんて忘れてしまいそうです。
実際に腰かけた目線だとこんな感じに。早く夜景にならないかなぁ。
席は全36席ですので、ふたりでデートはもちろん、パーティや忘年会にも。予約(お迎えの時間)は17時からなんと翌2時まで対応しているというから、オール(死語)で遊びたい日や、サービス業など夜遅い業界の宴会にもぴったりです。
PAGE 4
さて、気になるお料理はといいますと……お気づきだとは思いますが「SUSHIP」ですから。SUSHI+SHIPというわけで、鮨がメインです。オーナーが北海道出身、しかも鮮魚卸の縁者だということで、毎日フレッシュで旬の食材が空輸されてくるのだそうです。
PAGE 5
レインボーブリッジが7色に輝くのは12月だけの特別仕様。
このボリュームの料理が1万円、飲み放題をつければ1万2000円というのは、かなりコスパ良と言えるのではないでしょうか。もちろん往復のクルージングも含まれ、ルーフテラスから360度の夜景を楽しむ時間もすべてひっくるめて、のお値段です。

この「SUSHIP」は完全予約制(当日も可)。今夏オープンしたばかりとあって、クリスマス~年末もまだ若干のアキがあるようです。「出遅れた~」と思ってたそこのアナタ、今年はきらめく東京湾の夜景をプレゼント、なんて粋なはからい、いかがでしょう?
ちなみに乗船時間はおよそ3時間を想定。19時にお迎えシャトルに乗ったら、22時に勝どき橋の船つき場に戻ってくるようなイメージです。束の間の東京湾リゾートをお楽しみあれ。
女性はハイヒールじゃないほうが安全に楽しめるかも。いずれにせよ、クルーがやさしくサポートしてくれるので安心。

■ SUSHIP

住所/東京湾や隅田川のどこか
集合場所/築地6丁目、かちどき橋  西
予約・お問い合わせ/080-4400-2727
営業時間/17:00~翌5:00(最終乗船2:00)
定休日/なし

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL