• TOP
  • GOURMET
  • ホテルの個性派カレーを食べ比べてみた。

2018.11.12

ホテルの個性派カレーを食べ比べてみた。

欧風カレー専門店でも、インド料理店でも、そしてスパイスカレーでもない。グルメカレーを食べ比べできる場所、それはホテルでした。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/河合かおる

給食の味、おふくろの味、学食の味……あらゆるシーンで日本の食卓には欠かせない料理の一つ、“カレーライス”。
メニューで見つけると、つい注文したくなってしまうって人も多いのではないでしょうか。
作り方はいたってシンプルなのに、具材やルー、スパイス、スープ……などは作り手によって実に多様であり、全く同じものには出会えないのも食べ比べ甲斐があるというもの。
であれば、ホテルが提供するソレには並々ならぬこだわりが凝縮されているハズ。
というわけで、人気のホテルカレーをリサーチしてまいりました。

◆ ザ・ペニンシュラ東京「国産ビーフカレーライス」 

男のロマンが詰まった理想的な一皿

カレーの具材はルウに溶け込んでいる派と後乗せゴロゴロ派、どちらがお好みでしょうか。
もし後者なら、ぜひ味わっていただきたいのがこちらのカレーライス。ザ・ペニンシュラ東京の「ザ・ロビー」で提供している「国産ビーフカレーライス」です。
「お肉がメインのカレーが少なく、いつか自分で作りたいと思っていた。そして日本の国民食とも言えるカレーをもっと世界に広めたい」
という情熱を持つ榮岩雅幸・ザ・ロビー料理長が手がけるカレーライスは、6時間煮込んだ200 グラムもの国産牛のすね肉を使用。カレールーはフォンドボーをベースにした、親しみやすい洋食屋さんを彷彿させるような味わいが食欲をそそります。
250グラムの白いご飯と人参やポテト、マッシュルーム、季節の緑野菜が盛り付けられ、ボリューム満点。
まさに、ガッツリ食べたい!という男性の欲求を満たしてくれる、理想的なカレーライスなんです。
和食器でのプレゼンテーションは、ホテルが建つ土地の文化を尊重するペニンシュラならではのこだわりなんだそう。
世界中の人たちに愛されるカレーライス……なんだかロマンを感じさせるひと品です。

⬛︎ ザ・ペニンシュラ東京「ザ・ロビー」

「国産ビーフカレーライス」3700円(税・サ別)

提供時間/11:30〜22:00
営業時間/6:30〜22:00
住所/東京都千代田区有楽町1丁目8-1
TEL/03-6270-2888

PAGE 2

◆ ホテルニューオータニ「銀座ビーフカレー」 

人気パティスリーが提供するカレーの隠し味は、アレでした

高級フルーツをたっぷり使った“萌え断”なショートケーキなどが人気の、ホテルニューオータニ「SATSUKI」。
スイーツ好きの貴兄にはおなじみのこちらでは、パンやスイーツ以外にも永年愛され続けてきたメニューがあるのをご存知ですか?
その名も、「銀座ビーフカレー」。
ホテルニューオータニが開業以来受け継いできた伝統の味、つまり50年以上もの間、食通たちに愛され続けてきた秘伝のカレーなんです。
名称の「銀座」は、日本でかつて洋食文化が広まったきっかけの地から。
10時間をかけてじっくりと極限まで煮詰めたオニオンに、おろし生姜や3種のメキシコ産唐辛子をブレンドしたモーレソースなどに加え、隠し味であるチョコレートをイン。豊かなコクと幾層にも重なる深い風味、時間をかけて煮込んだ牛肉のとろける味わいが特徴です。
スパイシーな大人のカレーを堪能した後は、絶品スイーツでお口直し……なんて贅沢を楽しめるのも、コチラならではですね。

⬛︎ ホテルニューオータニ「SATSUKI」 

「銀座ビーフカレー」2600円(税・サービス料別)

提供時間/11:00〜21:00
営業時間/7:00〜24:00
住所/東京都千代田区紀尾井町4-1
TEL/03-5275-3177

PAGE 3

◆ グランド ハイアット 東京「カレーライス グリーンサラダ添え ビーフ または シュリンプ」 

次はどんな風に楽しむ?一皿で多彩な味わいを堪能

濃厚な味わいの中にスパイスの香りが広がるカレーライスは、ビーフかシュリンプをセレクトすることが可能。
初めて食すなら、まずはビーフをお試しいただきたい。
たっぷりのにんじん、セロリ、玉ねぎと一緒に約4時間煮込んだビーフは、口の中でほろりとほぐれる柔らかさが特徴です。
ほんのり甘みを感じる優しい味わいのルーは、イタリア料理のレストランらしくトマトベースのスープを使い、さらに隠し味にマンゴーチャツネとはちみつを使用しているのだそう。奥行きと深みのある大人テイストに仕上げてあります。
付け合せには、らっきょう、チーズ、フライドオニオンの3種が添えられ、最後の一口まで自由にカスタマイズして楽しむことができるのも魅力。
思わず自宅でも真似したくなるアイディア満載のカレーライスは、一度食べたらやみつきになってしまうこと間違いなしですヨ。

⬛︎ グランド ハイアット 東京「フィオレンティーナ」 

「カレーライス グリーンサラダ添え ビーフ または シュリンプ」2600円(税・サ別)

提供時間/11:00︎〜22:00
営業時間/9:00〜22:00
住所/東京都港区六本木6-10-3
TEL/03-4333-8780

PAGE 4

◆ マンダリン オリエンタル 東京「特製ビーフカレー和風サラダ添え」 

一日の〆に味わいたい、ザ・日本のカレーライス

お酒を飲んだ後って、無性にご飯ものが食べたくなることはありませんか?
マンダリン オリエンタル 東京37階の「マンダリンバー」で隠れた人気メニューのひとつが、カレーライスなんだそう。
海外のゲストを多く迎える同ホテルだからこそ、日本のカレーを提供したかった、というシェフの想いが込められた一皿は、野菜とフルーツベースのスパイシーでさらりとしたルーが特徴。牛肉の塊がゴロッと入っていて、食べ応えも充分です。
サイドには、らっきょう、福神漬け、和風サラダが付き、まさに“日本のカレー”そのもの。
バータイムだけでなくランチタイムにも味わうことができるので、気になる方はぜひ足を運んでみてくださいね。

⬛︎ マンダリン オリエンタル 東京37階「マンダリンバー」 

「特製ビーフカレー和風サラダ添え」2400円(税・サ別)

営業時間/11:30〜翌1:00
住所/東京都中央区日本橋室町2-1-1
TEL/0120-806-823(レストラン総合予約)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL