• TOP
  • GOURMET
  • 世界が注目するスターシェフのポップアップレストランが日本初登場!

2018.08.08

世界が注目するスターシェフのポップアップレストランが日本初登場!

スリランカの蟹レストラン「ミニストリー・オブ・クラブ(Ministry of Crab)」が、シャングリ・ラ ホテル 東京にて4夜限定のポップアップレストランをオープン。巨大蟹にカブリつけば、ふたりの距離も自然と縮まること請け合い!

CATEGORIES :
CREDIT :

取材・文/甘利美緒

スリランカ最大の都市、コロンボに位置する「ミニストリー・オブ・クラブ」の様子。
「アジアのベストレストラン50」に選ばれたことでも話題を呼ぶ、スリランカの蟹レストラン「ミニストリー・オブ・クラブ(Ministry of Crab)」が、シャングリ・ラ ホテル 東京に4夜限定のポップアップレストランをオープン。デートが盛り上がりそうなアトラクション要素も盛り込まれているので、気になる方はぜひチェックを!

スリランカ産の高級蟹を楽しませてくれる人気店

「ミニストリー・オブ・クラブ」のほか「日本ばし(Nihonbashi)」など、5つのレストランやカフェを展開するスターシェフ、ダルシャン・ムニダーサ氏。スリランカ人の父と日本人の母をもち、食材の魅力を最大限に引き出す調理法で人気を得ています。
「ミニストリー・オブ・クラブ」は、アジアにおけるレストラン・ランキングとして世界の美食家から注目を浴びる食の祭典、「アジアのベストレストラン50」に2015年から4年連続で選出されたほか、国別のベストレストラン賞を2016年から3年連続で受賞している実力派のレストラン。その最大の魅力は、店名に“蟹”とあるように、シンガポールなどでポピュラーなスリランカ産の高級蟹「ノコギリガザミ(Mud Crab)」を楽しめるところ。

500g〜2kgのサイズから蟹を選び、さらにブラックペッパーソース、チリソース、バターソース、カレーソースなどから好みの味付けでカスタマイズするというスタイルが好評で、店内は連日、専用バサミで豪快に蟹を食すゲストで賑わいを見せています。

NEXT PAGE2/ 3

巨大蟹は豪快にカブりつくべし!

スリランカ蟹の旨みを堪能できるスペシャルコース

シグネチャー料理の“ペッパークラブ”。活〆にした蟹を調理していることから、鮮度を保ったまま、ぎっしり詰まった身の濃厚な旨みや深い甘みを堪能させてくれます。
思わず“モンスター”と呼びたくなるようなボリュームに、盛り上がること必至。テーブルにはカトラリーが用意されていますが、ここはぜひ、手づかみで召し上がれ。最初のうちは汚れが気になって躊躇するかもしれませんが、エプロンやフィンガーボールが用意されていますし、いつのまにか童心に帰ったような気分で夢中になるはず。何より一緒に殻を剥きながら手づかみで食べるという“アトラクション”がふたりの距離をギュッと縮めてくれることでしょう!

NEXT PAGE3/ 3

今回も予約殺到必至!

食通の女性をもトキめかせる一手に!

現地で人気の “テナガエビのガーリックチリ”も提供される予定。
いままでロンドンやシドニーをはじめ、香港や上海、シンガポールやモルディブにてポップアップレストランを開催し、訪れるゲストを魅了してきた「ミニストリー・オブ・クラブ」。今回のポップアップレストランにも予約が殺到することが予想されます。
蟹味噌の旨みを堪能できる“ベイクドクラブ”。
脱・予定調和な演出はモテる殿方の真骨頂ではないかと思いますが、“ラグジュアリーホテルで蟹を食す”という展開はまさに意外性たっぷりで、食通の女性をトキめかせること請け合い。記憶に残るデートの一手として、ぜひ、有効にご活用くださいまし。

「ミニストリー・オブ・クラブ」ポップアップレストラン at シャングリ・ラ ホテル 東京

期間/2018年9月25日(水)~28日(金)
場所/シャングリ・ラ ホテル
東京27F「ザ・パビリオン」
住所/東京都千代田区丸の内1-8-3 丸の内トラストタワー
 
時間/第1部18:00~、第2部19:00~、第3部20:00~、第4部21:00~
定員/各回20名
料金/1名1万8000円(税・サ込み、飲みもの別) 
※4種ワインペアリング付きコース 1名2万3000円(税・サ込み)を用意

予約/☎03-6739-7888(ホテル大代表)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事