• TOP
  • GOURMET
  • 話題の「裏渋」で彼女と行きたい絶品隠れ家レストラン&バーはここ!

2018.05.17

話題の「裏渋」で彼女と行きたい絶品隠れ家レストラン&バーはここ!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/井上真規子 写真/中川司、内田祐介

渋谷駅から東急本店通りを5分ほど歩いて若者たちの喧騒を抜けると、閑静な住宅街で知られる神泉&松濤エリアとなります。このあたり、最近は個性豊かな隠れ家レストランやバーが多く誕生し、「裏渋谷」とも呼ばれる人気グルメスポットとなっています。すぐ側に商店街の雑踏があるとは思えない静かな通りには、小さな看板を掲げ、優しい明かりを灯す雰囲気抜群のお店が毎夜ひそかな賑わいをみせています。

ジャンルは豊富で和食からイタリアン、フレンチ、ビストロまでさまざま。総じて、クオリティが高く満足度の高いお料理を提供してくれるので、通い詰める大人が多いのも頷けます。ここでは、そんな魅力溢れる「裏渋」エリアで、いま行っておくべき隠れ家の名店をこっそりご紹介いたします。

◆肉ビストロ「ターブル・オー・トロワ」

気張らないカジュアルフレンチが、今の気分です!

ヨーロッパのビストロを思わせる2階建てのレストラン。
1軒目は、東急本店横、“松濤文化村ストリート”沿いに、2016年にオープンしたフレンチレストラン「ターブル・オー・トロワ」。滋賀県にゆかりを持つお店で、メニューには近江牛やバームクーヘン豚、琵琶湖の鮎、滋賀産ワインなど、厳選された県自慢の食材が数多く登場します。
近江牛(イチボ、リブロース)の炭焼き盛り合わせ。赤ワインとマスタードのソースとともに(近江牛A4ランク イチボ100g2400円・税別)。
メインは、近江牛とバウムクーヘン豚の炭火焼。近江牛は、サシがしっかり入った旨みの強いA4以上を提供しています。バウムクーヘン豚はその名の通り、バウムクーヘンの入った資料を食べている豚で、しかもあの「クラブハリエ」(滋賀県発の人気洋菓子店)のバウムクーヘンを与えているというから驚き。期待に違わず肉や脂身がほんのり甘く、やさしい味わいが楽しめます。400度近い炭火で焼きと寝かせを繰り返し、肉汁を閉じ込めたお肉は、ジューシーで香ばしさも抜群。

メニューには、ほかにも「バウムクーヘン豚のパテ・ド・カンパーニュ」や「滋賀県産白味噌を使用したバーニャカウダ」、「滋賀県産子持ち稚鮎の黒壁ベニエ」など、県の食材を使ったユニークなお料理が並びます。素材の味をしっかり活かしつつ、繊細に仕上げたお料理はどれも絶品!
とりももの開きでフォアグラを包み、低温でじっくり火を通した「とりのガランティーヌ」(980円・税別)。ディルとヨーグルトの酸味たっぷりなソースやオレンジピールのジャムとともに。
トレビス、ケール、ペパーミント、ルッコラなど10種類の葉にたんぽぽの花びらを散らしたサラダ「タンデライオン」(780円・税別)。フレッシュバジルとチーズのドレッシングとともに。
お店で揃える滋賀産のワインは、県を代表するヒトミワイナリーと琵琶湖ワイナリーのブランドを常時15種類前後ストックしています。珍しい銘柄も多く、日本ワイン好きには堪らないラインナップ。ちなみに滋賀産ワインは赤もミディアム系なので、食事と一緒に楽しめるのも魅力です。お肉にしっかりめの赤を、という方のためにもちろん海外産のワインも用意しています。
にごりワインで知られる滋賀県の「ヒトミワイナリー」による銘柄も数多く揃う。左から、エヌアイ ブラン、デラ オレンジ、キレデラ、シティーファーム、ジョンダ。1本5000円(税別)~。
お料理やお酒の満足度はもちろん、ヨーロッパのお店を連想させるモダンなお店の雰囲気も間違いなし。フレンチレストランながらカジュアルさもあり、リラックスして楽しめるのが魅力。気張りすぎないモダンなフレンチこそ、いまの女性たちの気分にぴったりかと。ぜひ、一度お試しくださいませ。

ターブル・オー・トロワ

住所/東京都渋谷区松濤1-28-6
営業時間/17:00〜24:00(L.O.23:00)
定休/日曜
予約・お問い合わせ/☎︎03-6427-0730

◆しゃぶしゃぶ専門店「のりこのごはん」

プライベート感抜群の隠れ家個室で味わうオリーブ夢豚の極上しゃぶしゃぶ

大通り沿いにひっそりと光る「の」の字が目印。オープンは2015年冬。
旧山手通り沿い、神泉町交差点から徒歩5分ほどの場所にひっそりと佇む、しゃぶしゃぶ専門店「のりこのごはん」。店名は、店主であるのり子シェフの名前から付けたもの。「の」の字の看板が掲げられているだけの謎めいた外観は、隠れ家というにふさわしい雰囲気が漂います。店内もプライベート感抜群で、客席は個室3室のみという潔さ。他のお客と顔をあわせることがないのも魅力です。
4名席の個室。ほか、6名個室と2名個室がある。
お料理も潔く、香川県産のオリーブ夢豚を使ったしゃぶしゃぶのおまかせコース1種類のみ。献立は4種の前菜盛り合わせ、サラダ、スープ、しゃぶしゃぶ、雑炊、デザートというフルラインナップ。デートでのメニュー選びや、お腹の空き具合を確かめる手間が苦手!という人も、楽〜に過ごせるのでおすすめです。
出汁、つけだれのすべてに店長のこだわりが詰まった、極上の豚しゃぶ。
しゃぶしゃぶの主役となるオリーブ夢豚は、その名の通り香川県の特産品であるオリーブを食べて育った豚。脂身はさっぱりしていて甘く肉質も柔らかいため、しゃぶしゃぶして口に頬張ると旨みとともにふわっと肉がとろけます。豚肉は厚めにカットされていますが、さっぱりしているので女性でもぺろりと食べてしまうのだとか。
柔らかいので、厚めにカットしてある豚肉。熱々の出汁に入れると、脂身がとろけ出す。
豚肉の旨みを引き立てるのは、かつお、しいたけ、こぶ、あごだしなど、通常の倍以上の素材を使って煮出したこだわりのお出汁。その濃厚さは出汁の美しい黄金色を見れば一目瞭然。のり子さんが香川県へ訪れた際、オリーブ夢豚を育てる養豚場のおばあちゃんが食べさせてくれたしゃぶしゃぶのお出汁に惚れ込んで、アレンジを加えたものだそう。

つけだれは「岩塩」、「ざく切り生姜入りの特製出汁」、「九条ネギ入りポン酢」、「パクチー入りゴマだれ」という、これまたオリジナリティ溢れるこだわりの4種。出汁や豚の旨みとそれぞれのタレが混じり合い、飽きることなく次々にお肉を口に運んでしまうはず。究極の隠れ家で極上の無限しゃぶしゃぶをお楽しみくださいませ。

のりこのごはん

住所/東京都渋谷区神泉町10-10
営業時間/11:30〜15:00(L.O.14:30)、18:00〜24:00(L.O.22:00)
定休/日曜 ※ランチはカレーを提供。不定休
料金/おまかせしゃぶしゃぶコース7200円
予約・お問い合わせ/☎︎03-6416-3811

◆完全予約制︎バー「ミ・カシータ」

インターホンを鳴らして入店する、正真正銘の隠れ家バー

商店街に突如として現れる秘密クラブ的な佇まい。
道玄坂上交番前の交差点から斜めに伸びた道を入ると、旧山手通りにぶつかるまで神泉エリアのメインストリートが続きます。細い通りの左右には活気溢れるお店が並びますが、旧山手通りに近づくにつれ、次第に静かな雰囲気を漂わせます。その落ち着いたエリアでひっそりと営業しているのが、完全予約制のバー「ミ・カシータ」です。

このお店も写真の通り、一見しただけではまったく正体不明。その上、営業時間中も扉が施錠されているため、気まぐれに入店するお客を寄せ付けないというストイックさ。完全予約制のため、インターホンで名前を告げてようやく入店することができます。
もともと会員制だったというこちらのバー。プライベート感はそのままに。
店内はカウンターのみで、店特注のふたりがけレザーソファが3つほど用意されています。入り口からお客の顔が見えないようにするため、背もたれを高くオーダーしたというこのソファ。まるで個室のようなプライベート感を味わえる上、後ろにゆっくりとよりかかれるので座り心地も抜群。女性も間違いなくリラックスしてくれることでしょう。
ふたりの距離がぐっと縮まる特注ソファ。酔った体を優しく包み込んでくれる。
お酒はウイスキーが中心で、その数100種以上。通常の銘柄から、ヴィンテージのものまで豊富に揃います。実はこちら、男性は1時間6000円、女性は4000円(共に税込)でほとんどのお酒が飲み放題(ヴィンテージは追加料金あり)という本格バーでは珍しいシステムを採用。

高く感じるか安く感じるかは人それぞれですが、くつろぎとプライベート感への対価にふさわしい金額であることは間違いないかと。渋谷の2軒目でしっぽり飲みたいと思ったらぜひ、ご活用くださいませ。

バー ミ・カシータ

住所/東京都渋谷区神泉町7-10 富士ビル1F
営業時間/20:00〜翌1:00(最終入店24:00)
定休/日・祝日 
予約・お問い合わせ/☎03-6427-0787

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事