• TOP
  • GOURMET
  • 雰囲気も料理も、女子ウケ必至❤︎のチーズレストラン

2018.04.22

vol.49「チーズタバーン カシーナ」(恵比寿)

雰囲気も料理も、女子ウケ必至❤︎のチーズレストラン

恵比寿駅の西口周辺に続々と誕生しているお洒落レストランのなかでも、「チーズタバーン カシーナ」は別格。カントリー調の内装、目の前でメニューを仕上げる演出etc. 女子ウケPOINTが満載です!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/中川 司

デートのお店選び、みなさんはいつもどうしていますか? ガイドブックや雑誌はもちろん、さまざまなグルメサイトまであって、今やニッポンはレストランの検索天国ですよね。とはいえ、「デートを成功させるためのお店」をきちんと探し出せる人ってきっと少ないはず。だって、複雑な女性の好みや心理状態を理解できないと恋を成就させるってムズカシイもの。

そこで、本誌LEONでYULI*YULIとして14年間にわたり、あらゆるジャンルのレストラン&バーを取材してまいりました“デート・コンシェルジュ”(略してデーコン)こと、渡辺ゆり子が、本当にデートで使えるお店の選び方をわかりやすく御指南いたしましょう。
PAGE 2

お店はデートの目的別で選ぶべし!

デートで使うお店は、シチュエーションによって異なりますよね。たとえば、記念日はとっておきの一流レストランで祝いたいですし、刺激を求めるなら、ちょっぴり妖しい雰囲気の真っ暗バーが最適。それに、待ち合わせに使いたいお洒落カフェや、休日にゆっくり過ごせる湘南レストランなどなど……。でも、いちばん知っておくべきは、ふだん使いできるレストランではないかしら? 雰囲気が良くて、費用対効果の高いお店をリスト化すればするほど、デートの達人になれるってもの。今回ご紹介するチーズ専門のトラットリアも、そんなお店のひとつよ!

カントリー調の可愛らしい店内にホッ❤︎

最近、気になるのが、恵比寿駅西口からガーデンプレイス方面に向かう坂の周辺。お洒落なお店が続々とできていて、2017年秋にオープンした「チーズタバーン カシーナ」もそのひとつです。入り口付近には積み上げられた大きなチーズがディスプレイされているので、すぐに分かるはずよ。ガラス越しに見える、お洒落可愛いインテリアに、女性なら「入ってみたい!」と思っちゃうはず。毎晩賑わっていて予約必須なのも納得です。メニューはもちろん、チーズをベースにしたものばかり。チーズ好き女子には、もうたまりません!
インテリアは、木のあたたかみ溢れるカントリー調。白くペイントされたレンガ壁、ウッディなテーブル、座面が藤の椅子など、全体的にベージュ系の柔らかなトーンで統一されていて、ホッと落ち着きます。テーブルには引き出しが付いていて、中にはカトラリーが入っています。自分たちでセットするなんて行為も、ふたりの距離をちょっぴり近づけそう。デートが和むこと間違いなしよ。
PAGE 3

熱々の濃厚チーズに、ふたりでディップ❤︎

メニューは前菜からメイン、デザートまですべてチーズ料理。約35種類もあるの。使われているチーズは約20種類なのですって。今回は、目の前で仕上げてくれるエンタテイメント性溢れるメニューをいくつかご紹介します。
チーズ料理と言えば、やっぱりフォンデュでしょ……ということで、まず1つめは「黒トリュフのチーズフォンデュ」。お洒落な黒いストウブがテーブルに運ばれて来て、蓋を開けてみると、たっぷりの熱々チーズが! 本場・スイス産エメンタールチーズとグリエールチーズの上には、パルモジャーノ・レッジャーノがフワッフワと載っています。
さっそく野菜をディップしてかき混ぜてみると、アラ!? 実は中に卵が潜んでいて、トロトロの黄身が現れます。たまらない瞬間。早く食べなくっちゃ!
「黒トリュフのチーズフォンデュ」(2600円)
ジャガイモ、ブロッコリー等の季節野菜、鶏肉、ハム、バゲットなどお好きなものからディップしちゃってね。ふたりで盛り上がること間違いなし!
PAGE 4

お肉とチーズの豪快なハーモニーを堪能

ステーキもあるのですが、コチラではラクレットチーズがけのメニュー「US プライムビーフのバベットタリアータステーキ + ラクレット」がイチ押し。まずは、表面をカリッと焦がしたチーズのブロックをスタッフが持って来て、お肉の上に削り入れてくれます。
お肉は何も載せなくても美味だけれど、パリッと香ばしく焼けたチーズとトロトロのチーズが加わると濃厚さがガツンと増して、思わず赤ワインが飲みたくなっちゃう!
「US プライムビーフのバベットタリアータ」2400円(150g)、ラクレットチーズは+900円
見て、お肉が見えないほどのたっぷりチーズ! 舞茸、シシトウ、オニオンなどの野菜と一緒にガッツリ召し上がってね。
PAGE 5

この上なくリッチな絶品カルボナーラ

絶品カルボナーラも食べずして帰れません。「黒トリュフとピアーヴェチーズのカルボナーラ」も、目の前で仕上げてくれるの。まずは大きなピアーヴェチーズが目の前に現れます。そこにウォッカが投入され、着火!
チーズが溶け出したら、そこへ島小麦の自家製キターラを投入して、よ〜く混ぜてくれます。もう濃厚だってことが見て分かるわけだから、ふたりのテンションが上がっちゃうこと、請け合いよ!
「黒トリュフとピアーヴェチーズのカルボナーラ」2900円
お皿に盛りつけたら、黒トリュフを削り入れて、さらに卵黄をオン! 忘れられないほどリッチなカルボナーラのでき上がりです。
PAGE 6

液体窒素で作る不思議食感のチーズソルベ

最後のデザートでもチーズを楽しまなくちゃね!ってことで、液体窒素で作る「マスカルポーネとフロマージュブランのソルベ」もエンタメ性抜群。液体窒素を入れたボウルにチーズを投入して攪拌すると、あら不思議! 速攻でソルベができちゃった。
「マスカルポーネとフロマージュブランのソルベ」1400円
仕上げにヴァージン・オリーブオイルを回しかけます。チーズソルベに入っているハチミツの柔らかな甘味とオリーブオイルのマリアージュが絶妙。さっぱりとしたお味なので、濃厚メニューの締めくくりにピッタリね!
豊富なチーズメニューでオーダーに迷ったら、チーズフォンデュやカルボナーラが組み込まれたコースメニューがおすすめ。気軽に「チーズタバーン カシーナ」の醍醐味を楽しめますよ。
PAGE 7

ビームス別注のユニフォームも可愛い❤︎

ところで、コチラでチーズ料理を堪能しながら、どうしても気になったのがスタッフのユニフォーム(笑)。実感室の白衣のような服はビームスに別注したらしく、背中の真っ赤なロゴが可愛い。チーズを作る牛と羊と山羊のモチーフなの。欲しい! こんなディテールまでこだわる姿勢に脱帽です。
和めるインテリアといい、お料理の味やエンタメ性といい、「チーズタバーン カシーナ」には彼女と仲良くなれる要素がたくさんあります。喧嘩中のカップルも、お店を出るころにはきっと仲直りできているはずよ!

■ チーズタバーン カシーナ

住所/東京都渋谷区恵比寿南1-11-2-1F
営業時間/ランチ11:30〜15:00(L.O.14:00)、ディナー17:30〜23:00(L.O.22:00)
定休/年末年始

URL/http://cheese-tavern-cascina.com

予約・お問い合わせ/☎︎03-6412-7905

●料金/カシーナコース5800円、ラグジュアリーコース6800円

●渡辺ゆり子

食、シャンパーニュ、花、インテリアと多岐のジャンルが活動のフィールド。2003年、国際アートフラワーコンクール優勝。2010年、シュバリエ・ド・シャンパーニュ叙勲。本誌LEONの「オヤジのトキメキダイニング」でも長期連載中。2017年7月7日に、自身のバー「Champagne Bar LILI-LA-YULI」が10周年を迎えた。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        雰囲気も料理も、女子ウケ必至❤︎のチーズレストラン | グルメ | LEON レオン オフィシャルWebサイト