• TOP
  • GOURMET
  • 和とフレンチの“いいトコ”が凝縮した鍋が、2週間限定販売中!

2017.11.08

「フレンチごはん 西麻布GINA(ジーナ)」

和とフレンチの“いいトコ”が凝縮した鍋が、2週間限定販売中!

深まりゆく秋、「フレンチごはん 西麻布GINA」で伊勢海老や長萩和牛が主役の“フレンチ鍋”で彼女と一緒にあったまりませんか? 11月18日(土)まで、期間限定にて提供中ですよ。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

取材・文/鳥海美奈子

フレンチというと、どこか敷居が高い、というイメージがありますよね。でも、「フレンチ」+「鍋」と聞くと、我々日本人としては、ぐっと親近感が湧きませんか? しかもお箸でいただける料理とくれば、より肩の力を抜いて食事に臨めるというものです。

日本人の心をくすぐるオリジナルフレンチ鍋

「フレンチごはん 西麻布GINA(ジーナ)」では、11月18日(土)までの期間限定で「秋のフレンチ鍋コース」(9800円/税・サ別)を提供中。長年フレンチ畑で修業を積んだシェフの末棟孝さんは、和の食材や技法を取り入れたオリジナルのフランス料理を披露してくれます。
 
コースの始めにまず供されるのは、前菜の盛り合わせ。秋鮭とイクラのタルタル、鴨の燻製の根セロリとトリュフ添え、軽く燻製をかけた真鯖、黄色のビーツをあしらった鹿のテリーヌなど、いずれも手の込んだ品がひと皿に。一見すると、まさに和食の八寸を想起させるような盛りつけです。

さらに、コンソメ味の葛あんとポン酢のエスプーマを使った揚げ出し豆腐を味わったあとは、ついにメインであるフレンチ鍋のお出ましです。
鍋は「伊勢海老の出汁薫るずわい蟹とポルチーニ茸 クリーミー味噌仕立て」と、「長萩和牛肩ロースと黒トリュフ コンソメスープすきやき仕立て とろ~り温泉玉子と一緒に」の2種。伊勢海老は、焼いた甲殻類ならではの香ばしさが鼻腔を刺激し、それがなんとも食欲をそそります。スープは出汁と西京味噌、そこにクリームを入れて和とフレンチを融合させた味わい深いもの。具にはずわい蟹とはまぐり、ポルチーニ茸、春菊が入り、とても豪華です。
一方の長萩和牛の鍋は、コンソメを効かせたすきやき風仕上げ。山口県萩市の大自然のなかで育てられた黒毛和牛は赤身と脂のバランスが良く、さらには脂の融点が低いため香りよい脂が口のなかでほどけていきます。生産量が少なく、東京にはあまり出回らない黒毛和牛を食せる絶好の機会。そこにトリュフの香り、温泉玉子の滑らかなテクスチャーも絡み合います。

南部鉄の鍋で各人に供されるので、彼女と別々のものを頼んで食べ比べ、なんてこともできちゃいますよ❤︎
最後は、食材の旨みに満ちたスープをたっぷりと吸ったリゾットをいただいて、満腹満足! さらには季節のアイスクリームのデザートもつきます。
 
お願いすれば、各品にワインや日本酒のペアリングもOK。ワインは飲みたいけれど、何を頼んだらいいかわからない……などというプレッシャーからも解放されるというわけです。
また通常メニューで話題なのは、約15種類の野菜を丁寧に調理して組み合わせた「美しいサラダ」。この店のスペシャリテであり、やはりフレンチと和を融合させたひと皿です。
PAGE 2

黒✖️ゴールドの艶っぽさと
アットホームな居心地良さをあわせもつ店

輝くホワイトクォーツのカウンターテーブルが、女性をより美しく見せます。
席はゆったりとしたテーブル席とカウンター席に分かれますが、とりわけカップルに人気があるのは、カウンター席。下からの照明によってホワイトクォーツのカウンターテーブルが輝きを放ち、女性をいっそう美しく引き立ててくれると評判です。女性にとっては、これほどうれしい舞台装置はありません。
個室もあり、そこには今秋から暖炉が登場。炎を眺めながらゆったりとした非日常気分を味わえます。大画面のモニターもあり、好みのDVDをかけながら食事を楽しむことも可能。さらには、草間彌生の版画なども飾られてアートな空気も流れていますよ。

6名以上は無料ながら、それ未満の人数の場合は1万円の個室料金がかかります。
中央の末棟シェフをはじめ、若手スタッフのあたたかいおもてなしも評判です。
内装は全体的に黒や金、赤を基調にした大人の洗練されたムードですが、シェフをはじめ接客スタッフは大変にアットホームな雰囲気。ここでなら晴れの日の華やかさを感じつつ、リラックスして食事ができること請け合いです!

■  フレンチごはん 西麻布GINA(ジーナ)

住所/東京都港区西麻布2-26-20 B1F
営業時間/月〜金曜18:00~翌3:00 (L.O.翌1:00) 、土曜18:00~23:00 (L.O. 22:00) 
コースはいずれも18:00~22:00 (L.O. 21:00) 、21:00以降はアラカルト料理のみ
定休日/日祝
URL/http://gina.tokyo
予約・お問い合わせ/☎03-3486-7222

●料金/「秋のフレンチ鍋コース」9800円
(メインのフレンチ鍋を中心に計5品)
※税・サ別

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL