• TOP
  • GOURMET
  • 朝の赤身肉で、ヘルシーに栄養補給+噛み応えで脳も目覚める!

2017.09.05

朝の赤身肉で、ヘルシーに栄養補給+噛み応えで脳も目覚める!

朝に肉を食べることのメリットは、欧米のデキるオトコの間では、もはや常識。パワーブレックファストとして定着しています。特に赤身肉は、高タンパクなのにヘルシーで、カロリーが気になるお年頃にも優しいのです。

CATEGORIES :
写真/中川司、文/甘利美緒

赤身肉はデキるオトコの味方、その真実とは?

“肉ブーム”が叫ばれて久しい昨今ですが、どうせならカラダのことも気遣って効率良くいただきたいもの。そこで、肉料理全般を得意とするライター・小寺慶子さんに聞いたところ、「働き盛りの男性の朝食には、赤身肉がぴったり」だそう! というのも、赤身肉はヘルシーで高タンパク質、ビタミンや脂肪を燃焼するL-カルニチンという成分を豊富に含むから。メタボが気になる男性の強力な味方になってくれそう、ですよね。

ちなみに効率良くパワーをつけるなら“モーニングステーキ”がオススメ。「朝ランニングなど運動後30分以内の“ゴールデンタイム”に食べると、たんぱく質をより効率良く吸収できます。プロテインなどでも同じ効果は期待できますが、“赤身肉をよく噛む”ことで脳が活性化します。ジェット・ラグの緩和にも役立ちますよ」(小寺さん)。

健康を考えたハンバーガーは遠慮いらず

◆ ザ・サードバーガー青山骨董通り店

ハンバーガーの魅力のひとつは、生野菜を含め、イロイロな食材を一度に味わえること。その上コチラでは、毎日店内で焼き上げたバンズ、ブロック肉からミンチにしてつくったパティを使っているので、カラダが喜ぶ逸品に仕上がっています。手作りのタルタルソースと一緒にどうぞ!

◆ ザ・サードバーガー青山骨董通り店

イチ押しはマリネした小松菜をサンドした「the 3rd Burger」(550円)。小松菜は肥満防止に◎。ワサビ入りのタルタルソースが病みつきになる味わいです。
住所/東京都港区南青山5-11-2 
営業時間/9:00~22:00L.O.(テイクアウト~22:15L.O.)
☎/03-6419-7579

欧米のエグゼクティブたちの常識です

◆ ウェスティンホテル東京 ビクターズ

頭と肉体を戦闘態勢にスタンバイさせておくのがデキるオトコの証。繰り返しになりますが、赤身肉のステーキにはたんぱく質が潤沢ゆえ、朝から取り入れればその日一日のエネルギーを充電できるのです。

◆ ウェスティンホテル東京 ビクターズ

赤身肉のステーキをいただけるのが、「セレブリティ ブレックファスト」。4種あるメインの選択肢の1つが赤身肉。ちなみに他にはオムレツやサラダプレートなどが。ドリンク、ヨーグルト、スムージー、ブレッドなども好みに合わせてチョイスできます。4630円(税・サ別)。
住所/東京都目黒区三田1-4-1 
営業時間/朝食7:30〜10:00
☎/03-5423-7777

朝から洒落た雰囲気で朝食を

◆ ブレッド&タパス 沢村

ベーコンやソーセージはせっかくならビッグサイズのものをチョイスしましょう。噛むほどに旨みと肉汁がジュワリ! さらに咀嚼することによって脳が活性化!! どうです、理にかなっていると思いません?
厳選された小麦粉を使った低温長時間熟成パン付き「Special モーニングセット」(1850円)がオススメ。さあ召し上がれ!
※現在は、目玉焼きは2個に、パンはトースト半切れ+クロワッサンに変更
住所/東京都港区南麻布5-1-6 ラ・サッカイア南麻布1・2F 
営業時間/朝食7:00〜10:00L.O.
☎︎/03-5421-8686

通い詰めたくなる、健康にも役立つ男メシの決定版

◆ 鳥藤 場内店

柔らかい鶏肉に卵がとろ〜りの親子丼。鶏肉は脂肪分が少なくてたんぱく質が多め。必須アミノ酸がバランス良く含まれている卵と組み合わせることで、良質のたんぱく質を一度にたくさん摂取できる黄金メシ!

◆ 鳥藤 場内店

鶏の卸専門店が手がける築地市場内の一軒。目利きが選ぶ鶏ゆえ鮮度は文句なし。鶏がらスープで煮詰めているからうま味が凝縮。五臓六腑に染みわたりますよ。
住所/東京都中央区築地5-2-1 築地卸売市場8号館 
営業時間/6:00〜14:00 
定休日/日・祝・不定休
☎/03-3542-7016
いかがでしたか? 同じ"肉を食べる"にしても、食べるべきタイミングは断然"朝"!とご理解いただけたではないでしょうか。朝からしっかりとエネルギーチャージして、仕事に遊びに全力で取り組むのがデキるオトコというものですね!
●ライター 小寺慶子
レストラン誌などの編集を経てフリーの編集者として活躍。現在は食関連の記事を中心に執筆。胃袋のデカさとフットワークの軽さを武器に、肉食の開拓に励む日々。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事