• TOP
  • GOURMET
  • 13年待ち!? “入手困難”なコロッケの謎を追え!

2017.08.17

13年待ち!? “入手困難”なコロッケの謎を追え!

予約・お取り寄せしてでも食べたい絶品コロッケ3選

CATEGORIES :
TAGS :
文/河合 かおる
写真/菅野 祐二
たかがコロッケ、されどコロッケ。
子どもの頃、近所のお惣菜屋さんで、1個100円もしないコロッケをおやつ代わりによく買い食いしていたのを思い出します。
その親しみやすさから、日本の食卓では大正時代から老若男女に愛されてきたコロッケも、いまや入手困難になるほどの人気商品もあるようで!?
グルメを虜にする、“予約必須”のスペシャルなコロッケを取材してまいりました。

“13年待ち”の幻のコロッケを超える、奇跡の逸品があった!

◆ 神戸北野 旭屋精肉店 極みコロッケ

神戸北野熟成プレミアム『TORROAD』ロース
ステーキ用の「3歳メスA5ランク神戸ビーフ」を熟成させ、サイコロ状にカットしたお肉がゴロゴロ入った究極の逸品。噛みしめるたび、ロース肉の上質な脂がじゅわ〜と口の中いっぱいに広がります。赤ワインなどと合わせて、ちょっと贅沢な晩酌のお供にも◯。神戸北野店、1日50個限定。「神戸北野熟成プレミアム『TORROAD』ロース 」297円(税込)
「ただいま、13年待ちです。現在、オーダーを受け付けておりません」
そんな、耳を疑うほどの待ち時間、いえ待ち年数で、コロッケ業界に激震を走らせた(?!)のが、大正15年創業の神戸ビーフ老舗「神戸北野 旭屋精肉店」の「極みコロッケ」です。
人気の秘訣は一体何だったのでしょうか。

「当社がネット通販を始めた時、何かインパクトのある商品を作りたかった。そこで、3歳メスA5ランクのステーキ用神戸ビーフを角切りの状態で使った『極みコロッケ』を開発しました。正直、赤字です。だって100g2,000円の牛肉を20g使っていますからね。じゃがいもは、地元兵庫県の有機栽培で作られたレッドアンデス種を専用冷蔵庫で60日間追熟したものを使用。濃い黄色が特徴で、糖度と旨味がたっぷり含まれています。実はこのじゃがいもは、神戸ビーフの元となる但馬牛の牛糞で育てているんです。そのじゃがいものつるを、また牛が食べる。このサイクルが面白い、ということで地元の神戸新聞に取り上げられ、一気に注文が殺到しました。

そのため発売当初は1週間に200個までの製造でしたが、大赤字を覚悟して製造を1日200個に増やし対応しました。それでも一度オーダーされたお客様は、95%以上の確率でリピートしてくださるようになって。新規に加えてリピートオーダーが積もりに積もり、13年もお待たせしてしまうことになってしまいました」 と語るのは代表の新田滋氏。

残念ながら、現在はオーダーを受け付けていません。が、実は現在この「極みコロッケ」をさらにグレードアップさせた究極のコロッケ「神戸北野熟成プレミアム『TORROAD』 」を旭屋北野店限定で販売しているんですって!

「極みコロッケ」に使用しているのと同ランクの神戸牛をさらに熟成させて、旨味を閉じ込めたこちらの商品は、周囲のレストランのシェフたちからも「極みコロッケよりも格段に美味しい」と評判なのだそう。
「神戸まで買いに行けない」という方は、「神戸ビーフ プレミアコロッケ」をお取り寄せしてみてはいかがでしょう。
神戸ビーフ プレミアコロッケ
このゴロゴロ感、たまりません! 現在、オーダーしてから発送まで約1週間待ちとのこと。「神戸ビーフ プレミアコロッケ」10個入り 2,700円(税込・送料別)
「3歳メスA5ランク」ではないものの、最高品質の神戸ビーフ100%の味わいが存分に堪能できる逸品は、一度食べたらアナタもきっとリピートしたくなるはずです。

◆ 神戸北野 旭屋精肉店

住所/兵庫県神戸市中央区中山手通3-17-1
お問い合わせ/☎︎78-291-1160
営業時間/10:00〜18:00

NEXT PAGE2/ 2

ソース厳禁! 特製羅臼のこんぶ塩でいただく

ソース厳禁! 特製羅臼のこんぶ塩でいただく

◆ 楽万コロッケ 和牛たっぷり特上コロッケ

和牛たっぷり特上コロッケ
千切りにした和牛とキタアカリがゴロゴロ。食べ応えバツグンです。和牛たっぷり特上コロッケ 260円(税別)
麻布十番駅から徒歩7分程度商店街を歩いた場所にある話題のコロッケ専門店「楽万コロッケ」。
コロッケ好きのオーナーが、「食卓の主役になるようなコロッケを作りたい」という想いのもと、2011年にオープンしたという同店。
こちらで1日に400〜500 個も売り上げるという人気ナンバー1の商品が、「和牛たっぷり特上コロッケ」です。

ひき肉ではなく千切りにした和牛100%のお肉が醸すジューシーな旨みと北海道・ニセコの農家から直送するキタアカリのホクホクとした甘みのハーモニーが味わえるこちらのコロッケ、その美味しさをさらに引き立てるのが自家製の「羅臼の昆布塩」。

サラサラとキメの細かい塩は、甘みと旨みが強いのが特徴。
素材の風味を大切にしたあっさりとした味付けのコロッケにちょんとつけて口に運べば、もう止まりません。

どことなく気品さえ漂うお塩でいただくコロッケ。
その斬新な食体験に、「コロッケにはソースでしょ!」の既成概念が覆されてしまうはず。

◆ 楽万コロッケ店

住所/東京都港区麻布十番1-5-26
お問い合わせ/☎03-6434-0664
営業時間/11:00〜20:30

予約必須! 素朴なのに忘れられない味

◆ 福内商店 口福コロッケ

口福コロッケ
確実に手に入れるなら、事前予約をお忘れなく。口福コロッケ 6個入り 720円(税別)
「購入できる日が限られている」「店頭に並んでもすぐに売り切れる」。
そんなレアなコロッケがあると聞いて、早速日本橋タカシマヤに問い合わせてみました。
福内商店の「口福コロッケ」です。
こちらの地下一階食料品売り場内にある「味百選」で、火・木・土曜日に販売され、予約もできるとのこと。
購入予定日の1週間前の電話で、無事に予約を済ませることができました。

さて、パッケージはよくある簡素なお惣菜用パック。
表記によれば、原材料は「じゃがいも、豚肉、玉ネギ」といたってシンプル。
しかし、パックを開けば、一瞬にしてソレがタダ者ではないことを思い知らされます。
真白いふわっふわの生パン粉のクッションが敷き詰められた中に、そっと鎮座する6つのコロッケ。
まず、このパン粉のしっとり感とふんわり立ち上る小麦の香りが明らかに別格。……しばし、キッチンで生パン粉の香りを堪能するという、これまでにない経験に直面してしまうのは、私だけではないはずです。

少量の油で揚げること4、5分。
大ぶりのパン粉一かけひとかけがピンと立ったその揚げ姿、今すぐにでもかぶりつきたくなる衝動に駆られます。

そして箸を入れた瞬間。
衣の割れ目からは、豚ひき肉と玉ネギ、原型をとどめていないじゃがいもがトロトロに絡みあい、甘〜い香りとともに溢れでてきました。
それを、サックサクの衣とともに口に運べば、まさにシ・フ・ク……。
ソースなんていりません、しっかりと味がついています。
塩胡椒と素材の味だけで、これほどまでに完成された味わいを生み出すことができるなんて。
トロトロ、サクッの新食感と甘く香ばしく、でもどこか懐かしさを覚える味。
懐かしいけど、新しい。
種々のギャップに驚かされること間違いなしの逸品です。

◆ 福内商店 口福コロッケ

日本橋タカシマヤ 味百選
住所/東京都中央区日本橋2丁目4番1号
お問い合わせ/☎︎03-3211-4111
営業時間/10:30〜19:30
シンプルだからこそ、各店のこだわりが光るコロッケ。
「入手困難なコロッケを揃えたから、今度うちで食べ比べしようよ」なんて彼女をおうちデートにお誘いしてみるのも良いカモ❤

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事