• TOP
  • GOURMET
  • 春の恋に効く「いちごゼリー」と、その展開

2021.02.28

春の恋に効く「いちごゼリー」と、その展開

“週末鮨屋”の料理研究家として知られる野本やすゆきさんが、料理初心者の男性向けに「モテる」「デキる」レシピをご指南!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

レシピ&調理/野本やすゆき 文/秋山 都 写真/吉澤健太

「男子厨房に入らず」と言われたのも今は昔。最近は「弁当男子」も、週末ともなれば腕を奮ってホムパやキャンプ……という料理上手な男性もたくさんいます。でもその一方で、まだ「インスタントラーメンしか作れない」という方もある一定数いるのも真実。

そこで本連載では“週末鮨屋”として注目されている料理研究家、野本やすゆきさんに、初心者でも作れて、自分で食べておいしいのはもちろん、一緒に食卓を囲むお連れさまにも「すごい!」と言ってもらえるレシピをご指南いただきます。料理はいまどき男子必携のモテツールであるものの、万遍なく何でも作れる必要はありません。数品のキラー料理を作れるよう、腕を磨いておきましょう。
▲ 昔ながらの喫茶店のメニューにありそうな「いちごゼリー」
第32回は「いちごゼリー」。
毎年、クリスマスくらいからスーパーマーケットに並ぶいちごですが、その旬はもちろん春! さまざまなカフェやホテルで「いちごフェア」が始まっており、どれも魅力的ではあるものの、自分で作れたらなお楽しいではありませんか。

なかでも、今回野本さんが教えてくれるのは「いちごゼリー」。以前、本連載で「いちご大福」の作り方をご紹介しておりますが、今回はゼリー。この昭和感あふれるノスタルジックな佇まいが、逆にいま新鮮かな、と。

「いちごゼリー」を作ってみよう

いちごゼリー(作りやすい8個分)

いちご(あまおう)    約270g (1パック分)
砂糖           90g
レモン汁       大さじ1
水         100ml
スパークリングワイン 200ml (今回はCAVAのロゼ)
粉ゼラチン              10g
シナモンスティック      1/2本

PAGE 2
さて、ゼリーの基本的な作り方からおさらいしておきましょう。果汁やミルクなどの液体をあたためてゼラチンを溶かし、冷蔵庫で冷やせばゼリーとなります。

そこで、どのくらい果肉を残すのか、また砂糖を加えて甘くするのかが腕の見せどころというわけ。今回はスパークリングワインを加えるので甘すぎず、アダルトな「いちごゼリー」です。その一部を活用した、洒落た展開もご用意しているので、最後までご覧くださいね。
まずはいちごをスライス。タテでもヨコでも結構です。
▲ スライスしたいちごを鍋に入れ
▲ だいたい、いちごの3分の1量の砂糖を加えます
いちごの果肉に砂糖を加えたら、軽く混ぜ、10分ほど放置します。
すると、いちごから水が出てきます。これはいちごなどの果実に含まれる水溶性の食物繊維ペクチンが熔け出ているため。このペクチンも、いちごゼリーにとろみをつける重要な役割を果たすのだそう。
PAGE 3
水が出てきたらレモン汁を加えてさらにさっとひと混ぜ。
水とシナモンスティックを加えて、中火にかけます。
アクが出たら、適宜すくっておきましょう。
沸騰したら弱火にし、2~3分煮ておきます。いちごを煮ているときには、甘く、なんともいえない幸せな香りが漂うので、ぜひお楽しみに。
▲ ワインは風味を増してくれます
さあ、ここでアダルト風味を加えるためにもスパークリングワインを。今日は色をきれいに仕上げたいので、ロゼのCAVAを使いました。もちろんドン ペリニヨンでも構いません。お好きなワインをお使いください。
スパークリングワインを加えたら一煮立ちさせて、アルコール分を飛ばします。
▲ さらにアクがでるので、とりましょう
火を止めて、シナモンスティックを取り出したら、粉ゼラチンを全体に振ります。その後やさしく、やさしく混ぜましょう。
▲ 乱暴に混ぜるとゼラチンがダマになることがあります
ゼラチンが溶けたら、鍋の粗熱がとれるまで冷ましておきます。
PAGE 4
ここまで来たら完成までもう少し!
水で濡らしたゼリーカップにゼリー液を入れ、冷蔵庫で2、3時間冷やせば出来上がりです。
ゼリーカップがない? そんなときはぐいのみやグラスで代用してください。
▲ 今回のレシピ量から約8個のゼリーが作れます
▲ 女子はみんないちごが好きといっても過言ではありません
PAGE 5
固まりました!
ここで大切なのはゼリーカップから、ゼリーをきれいに「抜く」こと。ゼリーはカップにぴたりとくっついているので、表面を少し溶かす必要があります。
お湯にさっとつけて、お皿をかぶせ、裏返して……
少しカップを揺らせば、「ふるん」とゼリーが出てきます。このとき、ゲストがいればぜひ目の前で行ってください。「きゃ~♡」という歓声が起きること、間違いなし。
▲ ゼリーがなかなか出てこないときはお皿ごと数回振ってみてください
できました!
この透明感のあるルビー色、そして甘い香りにどんな不機嫌な人も笑顔になることでしょう。

また今回は、残ったゼリーや、型からうまく抜けなかったゼリーを活用する展開法をひとつご紹介。
いちごゼリーをシャンパングラスに入れ、上からスパークリングワインをシュワ~ッと。いちごの甘やかな香り漂う、極上のカクテルが出来上がります。これ、映画『プリティウーマン』の有名なあのシーンを思い出しますね。

● 野本やすゆき (料理研究家)

東京・谷中で昭和初期から続く老舗寿司店「谷中 松寿司」に生まれ、現在、金・土・日曜のみ3代目として店を継承。“週末鮨屋”としても活動しつつ、わかりやすいレシピがTV、雑誌で人気の、いま注目の料理研究家のひとり。プロレス好き。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        春の恋に効く「いちごゼリー」と、その展開 | グルメ | LEON レオン オフィシャルWebサイト