• TOP
  • GOURMET
  • 世界No.1バーテンダーが、オトナかっこいいバーでの過ごし方、教えます

2021.01.13

世界No.1バーテンダーが、オトナかっこいいバーでの過ごし方、教えます

20年12月に行われたインスタライブの模様を振り返ります。@leon_magazineのIGTVでもご覧いただけますので、そちらでもチェックを!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/秋山 都 写真/福本和洋

▲渋谷「The SG Club」2階のシガーバー「SAVOR」にて

世界No.1バーテンダーに、LEON編集長が迫る!

「The SG Club」(東京・渋谷)のシガーバー「SAVOR」のトビラを開けたLEON編集長石井洋。

迎えてくれたのは、後閑信吾さん。
世界的なカクテルコンペティション「バカルディ レガシー カクテル コンペティション」で優勝し、上海でバーを大ヒットさせた後、凱旋帰国。2018年に渋谷にオープンした「The SG Club」がThe World’s 50 Best Barsで2年連続入賞している、名実ともに世界No.1のバーテンダーです。

かっこいいカクテルってどんな酒?

石井:もともと「The SG Club」は大好きなバーなんですが、今日はお酒が飲めるって聞いてうれしくて、飲む気まんまんで来ちゃいました(笑)。

今日のテーマは「バーでのカッコいいふるまい」ってことで、「バーって少し敷居が高いけど、なにを頼めばカッコいい?」「どんな振る舞いがイケてる?」などなど、みなさんの疑問をぼくが代わりにお伺いできれば、と。

後閑:ではまず一杯どうぞ。「カッコいいカクテル」といえばやっぱりコレかな、と。

石井:マティーニですね。映画『007』シリーズのセリフでも有名ですね「シェイクじゃなくて、ステアで」と。

後閑:実際、ステアのほうが美味いんですよね。マティーニはご存知のようにジンとドライベルモットがベースとなるカクテルでして、今日は「ボンベイサファイヤ」をベースに使いました。ジェームズ・ボンドはウォッカ・マティーニを好んでいるそうですけれどね。でも、このマティーニもちょっと007にインスパイアされているんですよ。おわかりになりますか?
▲オリジナルのマティーニグラスは「SIP&GUZZLE」ブランドとして、今春販売予定
石井:あれ、このグラス、少しステム(脚)が短いんじゃない?

後閑:さすが(笑)、いいところに気づきますね。実はこのマティーニ、飲み方にポイントがあるんです。一般にマティーニはステムの長いカクテルグラスで供されることが多いんですが、そうするとグラスを持つ手つきが少しフェミニンに見えるんです。

そこで、我々がオリジナルで開発したマティーニグラスはステムを短くしました。で、このグラスを、向こう正面から抱き寄せるように持っていただきたいんです。
石井:こうですか?

(スタッフ一同)カッコよく見える!

後閑:マティーニはもちろんカッコいいカクテルのひとつなんですが、それを飲んでる姿もカッコ良くしたいと思って、作ったのがこのグラスなんです。実は歴代ジェームズ・ボンドも、マティーニを飲む時、グラスのステムではなく、ボウルの部分をつかんで飲んでいるんです。

石井:たしかにこうガバッとつかむとなんかマッチョな気分になるなぁ(笑)。そしてほんとにうまい! 
石井:マティーニだからもちろんドライなんだけど、飲み口がスムースでふくよかな感じ。

後閑:ジンを2種ブレンドしているから、ドライすぎないんですよね。マティーニは強いカクテルなので敬遠する方もいるんですが、そんな時は「(ジンとベルモットを)1:1で」とオーダーするとアルコール度数が下がります。さらに「リバース(ジンとベルモットの比率を逆にし、ベルモットを多くする)」という注文の仕方もあるんですよ。

石井:いろんな注文の仕方があるんですね。覚えておこう。
石井:……気持ち良くなってきちゃったな(笑)。もう一杯、いただけますか? 

後閑:じゃあ、せっかくなので、ぼくらがつくったオリジナル焼酎「The SG Shochu」を使った一杯にしましょうか。

石井:焼酎を作ったんですか? このスタイリッシュなボトルは、ぼくらがイメージしている焼酎とはずいぶん違いますね。

後閑:焼酎は日本のすばらしいスピリッツだと思うんですが、海外ではほとんど知られていないんですよ。もっと知っていただきたいし、カクテルのベースとしても使ってほしい。そんな思いで、米・麦・芋をそれぞれ焼酎業界をリードしている3つの酒造とコラボし、生み出したのがこの「The SG Shochu」です。

アペリティフカルチャーを日本で広めたい

石井:少し黄色がかって、うまそうですね。これはなんですか?

後閑:「ネグローニ」です。

石井:え? 「ネグローニ」ってカンパリを使うカクテルですよね? 赤くないんですか?

後閑:本来、ジンとカンパリ、スイートベルモットを使うカクテルなんですが、これはカンパリをヨーグルトで濾しているから、こういう色になるんです。そしてジンではなくThe SG Shochuの米を使いました。「ネグローニ」は日本ではまだあまり知られていないんですが、世界でたくさん飲まれているカクテルランキングでは第2位なんですよ。

石井:「ネグローニ」はたしかもともとイタリアのカクテルですよね?

後閑:フィレンツェで1920年代に生まれた、歴史のあるカクテルです。

石井:でもなんであんまり日本で知られていないのかな。

後閑:「ネグローニ」はこのほろ苦さもあって食前に最適なカクテルなんですが、日本はまだアペリティフ(食前酒)カルチャーがあまり広まっていないからじゃないでしょうか。ぼくが仕事していたNYのバーでは、18時にオープンしたらすぐにアペリティフを飲む人たちで満席になるんです。

石井:日本だとバーは食後に行くものだと思っているひと、まだ多いかもしれませんね。ぼくら「LEON」では、アぺリティ―ボやアペロなど食前酒を推していて、バーでの待ち合わせもよく提案しているんです。バーだと、万が一遅刻してしまって女性をひとりで待たせてしまう時でも、バーテンダーさんのホスピタリティもあり、彼女はきっと退屈しないはず。ほどよい喧騒も心地よいし、きっと楽しいアペリティフの時間になるんじゃないかな、と。バーで1、2杯飲んで、すこしほぐれてからディナーって、なんかいいじゃないですか。

後閑:1軒めをバーに来ていただけたらぼくらもうれしいです。

石井:すてきなバーで始めたデートは終わりもハッピーなものになりそう。みなさんもぜひバーで待ち合わせ、してみてください。
後閑信吾さんとLEON編集長石井洋によるインスタライブの模様はコチラからご覧ください。

The SG Club

住所/東京都渋谷区神南1-7-8
予約・問い合わせ/Tel.03-6427-0204
営業時間/Guzzle【1階】12時-20時、Savor【2階】15時-20時
*2月7日まで。それ以降の営業時間は店舗のSNS等でご確認ください。
不定休

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL