• TOP
  • GOURMET
  • みんな大好き「喫茶店のナポリタン」の作り方

2020.10.18

みんな大好き「喫茶店のナポリタン」の作り方

“週末鮨屋”の料理研究家として知られる野本やすゆきさんが、料理初心者の男性向けに「モテる」「デキる」レシピをご指南!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

レシピ&調理/野本やすゆき 文/秋山 都 写真/吉澤健太

「男子厨房に入らず」と言われたのも今は昔。いまは「弁当男子」も、週末ともなれば腕を奮ってホムパやキャンプ……という料理上手な男性もたくさんいます。でもその一方で、まだ「インスタントラーメンしか作れない」という方もある一定数いるのも真実。

そこで本連載では“週末鮨屋”として注目されている料理研究家、野本やすゆきさんに、初心者でも作れ、自分で食べておいしいのはもちろん、一緒に食卓を囲むお連れさまにも「すごい!」と言ってもらえるレシピをご指南いただきます。料理はいまどき男子必携のモテツールであるものの、万遍なく何でも作れる必要はありません。数品のキラー料理を作れるよう、腕を磨いておきましょう。
第26回は「ナポリタン」。

こちらの記事でご紹介しているように、これは横浜の「ホテルニューグランド」で生まれた料理。イタリア料理ではなく、日本発祥の洋食メニューです。ご馳走とは言えないし、おもてなしのメニューでもないけれど、喫茶店やカフェのメニューで見かけたら最後、高い確率でオーダーしてしまう、ある種ヒキの強いメニューでもあります。

今回は、いつもの簡単ナポリタンが、「喫茶店の普通のナポリタン」になるという、野本さんによるスペシャルレシピ。あっと驚くコツが隠されていますよ。
PAGE 2

「喫茶店の普通のナポリタン」を作ってみよう!

ナポリタン(2人前)

スパゲッティ   160g

ソーセージ     4本ほど(斜め切り)
タマネギ      1/2個(くし切り)
ピーマン                1個(タネをとって輪切り)
マッシュルーム      3個(薄切り)

サラダ油                大さじ1と1/2
バター                   15g
塩                         少々
コショウ                少々
ケチャップ             大さじ6
トマトジュース       100ml
パルメザンチーズ  適量

まず、「ナポリタン」を「喫茶店の普通のナポリタン」にするにはどうするか。コツはパスタの茹で方にあります。
まず1%目安の塩を入れたお湯(1リットルの湯なら10g)で、スパゲッティを袋に記載された分数通りに茹でましょう。ここまではいつもと同じ。
ぎょぎょぎょ、スパゲッティを水洗い⁉
そうめんや蕎麦、韓国冷麺、冷製パスタは茹でたあとに水で〆ますが、ナポリタンのスパゲッティを洗うとは驚きました。
PAGE 3
水洗いしたスパゲッティは水気をとり、バットにあけて、
オリーブオイルを適量振って、ラップをし、冷蔵庫へ。3時間以上寝かせます。
この、スパゲッティを洗ってから冷やすことでモチモチした食感が生まれ、「喫茶店の普通のナポリタン」風味が増すのだそう。実際に、喫茶店では茹で置きパスタを使うことが多いでしょうから、合理的ですね。
PAGE 4
さて、そろそろパスタが冷えて締まったかな、と思うタイミングでソースを準備します。
▲ピーマンは薄切りに。
ナポリタンの具といえば、玉ねぎ、ピーマン、ソーセージが王道でしょうか。「いや、うちはベーコンだった」とか「マッシュルーム、それも缶詰のがいいよね」とか、さまざまお好みがあるかもしれません。でも今日はあくまで「喫茶店の普通の」がテーマですから、オーセンティックに参ります。
▲ソーセージは斜め薄切りに切っておきます。
PAGE 5
さあ、ここからは一気呵成に炒めていきます。
野本さんは最近お気に入りの中華鍋を使っていますが、もちろん普通のフライパンでOKです。
▲バターは少し多めに15g。
タマネギ、マッシュルームを先に炒め、しんなりしたら、ソーセージとピーマンを入れ、さらに炒め合わせます。
PAGE 6
ここに、冷蔵庫で眠っていたスパゲッティを投入。

スパゲッティを良く混ぜてソースを絡めます。トマトケチャップが焼ける甘い香りが立ちこめてきたらできあがり!
最後、塩・こしょうをお好みでふり、味を調節してください。
やっぱり「喫茶店の普通のナポリタン」には粉チーズ(パルミジャーノではなくて)とタバスコをかけていただきたい。スパゲッティを冷やすことでちょっと焼きそばのような食感が生まれ、「ああ、これこれ」と誰もが笑顔になるような味、ぜひお試しください。

● 野本やすゆき (料理研究家)

東京・谷中で昭和初期から続く老舗寿司店「谷中 松寿司」に生まれ、現在、金・土・日曜のみ3代目として店を継承。“週末鮨屋”としても活動しつつ、わかりやすいレシピがTV、雑誌で人気の、いま注目の料理研究家のひとり。プロレス好き。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL