• TOP
  • GOURMET
  • 夏の休日ランチは肉一択! おウチでいただくホテルメイドの絶品グルメバーガー4選

2020.08.08

夏の休日ランチは肉一択! おウチでいただくホテルメイドの絶品グルメバーガー4選

猛威を振るうコロナ禍の夏ですが、免疫力強化のためにも食欲は落としたくありません。そこでオススメがボリューム&味とも間違いなしのホテルメイドな絶品グルメバーガー! 今年はテイクアウト可能なゴージャスバーガーが目白押しなのですよ。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/岩佐史絵

ようやく梅雨が明けたかと思ったら、連日の猛暑。コロナ禍のマスク生活で気力も免疫力も落ち気味の方が多いことかと。そんな時こそ利用したいのが安心&高クオリティのホテルグルメです。テイクアウトを利用すればおウチでフルコースも楽しめてしまう昨今ですが、ランチだって見逃せません。今回ご紹介するのは人気ホテルのグルメバーガー4種。肉汁したたる絶品バーガーをぜひテイクアウトでご賞味くださいませ。

【グランド ハイアット 東京】

トッピングも充実。バーガーとはこうあるべきという逸品

▲オーク ドア バーガー。揚げ物(フレンチフライ)があるのにさらに揚げ物(フライドオニオン)をトッピングするあたり……バーガーとはこうであるべき、を体現。
グランド ハイアット 東京の6階に位置するステーキハウス「オーク ドア」からは、『オーク ドア バーガー(テイクアウト価格1650円)』をお持ち帰りです。

コンパクトな箱にシューストリングポテトとともにおさまったバーガーは、そのままピクニックやドライブデートのお供として活躍しそうな気軽さです。ウェルダンに焼かれたパティは、100%アメリカンビーフの赤身と脂のバランスがほどよく、肉汁がじんわりと具材を肉色に染めてゆきます。

ベーコン、レタス、トマトにチェダーチーズがはさまっていますが、なによりいい仕事をしているのがフライドオニオン。クランチーな歯ごたえと揚げ物が醸し出すほんのりジャンクな味わいがたまりません。
▲肉にチェダーチーズにベーコンに……この厚み、肉の重量感。そう、これを求めていたんだ、に応える逸品。
つけあわせには1階のイタリアン カフェ「フィオレンティーナ」の『フレッシュトリュフのタリオリーニ(3600円)』をチョイス。こちら、商品を受け取った瞬間からマスクを通しても香ってくるトリュフにやられます! 期待値は爆上がり、食べるのが楽しみすぎるこの持ち帰り時間のウキウキ感もまた、アクティビティのひとつです。

タリオリーニは全粒粉を用いたもっちり生パスタ。ソースはバターやパルミジャーノ、そしてトリュフオイルに加え、ヨーロッパ産の薫り高い生トリュフのスライスが一面にかかっています。このコンボ、本当に香りだけでワインをお代わりしてしまいます。
▲フレッシュトリュフのタリオリーニ:見るだけで香り出してきそうなトリュフの量。味付けがシンプルなゆえに、より香りに集中して楽しめます。

■グランド ハイアット 東京

受取時間/12:00 ~ 21:00(当日最終オーダー受付 20:00)
受取場所/1階「フィオレンティーナ」
予約方法/受け取り希望時間の1時間前までにオンライン予約
HP/www.tokyo.grand.hyatt.co.jp/restaurants/recommended/take-out/
※当日キャンセル不可 

PAGE 2

【ザ・ペニンシュラ東京】

あの「Peter」の和牛がバーガーに。肉々しさがたまりません

▲黒ビール入りで黒っぽく、かつちょっと大きめのバンズは毎朝ホテル内で焼いている。ストレートカットのフレンチフライつき。
ペニンシュラといえば、24階にあるステーキ&グリル「Peter」が有名。そのシグネチャーメニューが『Peter和牛バーガー(テイクアウト価格2500円)』です。これを一言で表現するなら「肉々しい」。国産和牛100%、うまみの凝縮された首の肉などを選び、食感を残すためわざと粗目に肉を挽いています。

また、バンズには黒ビールが練り込まれており、ちょっと見た目が黒いところがますますマッチョな印象。はさんであるチーズも黒ビール入りのアイリッシュポーターで、主張はせずとも陰ながらコクをプラスし美味しさを支えています。レタスのシャキシャキ感、サクサクのバンズの食感の嵐も大きな楽しみどころ。この肉々しさ。「肉っていいね!」と彼女と会話がはずむことはうけあいです。
▲パティは肉厚。肉の形が残るほどの粗挽きで肉々しい食感をキープ。焼き加減は予約時に指定可能であるものの、シェフのおすすめは断然ウェルダン!
つけあわせには「Peter」のもうひとつのシグネチャー、『クラブケーキ(テイクアウト価格2800円)』。ズワイガニの身をざっくりとほぐして10種類以上を混ぜ合わせたPeter特製のスパイスとマヨネーズで味付け。あまりにもみっちりと身が詰まっているのでナイフがすっと入らないほど、カニが密です!

まさにカニそのものの食感と、パン粉のカリカリが香ばしく、きりっと冷やした辛口の白ワインがぐいぐい飲めてしまいそう。添付のタルタルソースは細かく刻んだいぶりがっこが入っていて、ほんのりスモーキーなただならぬテイスト。“シグネチャー”と呼ばれるのには理由がある、と知る逸品です。
▲クラブケーキは厚みもあるうえ、カニのテクスチャーが遺されていてかなりの食べでがあります。白ワインをもう1本用意しましょう。

■ザ・ペニンシュラ東京

受取時間/11:00 ~ 19:00
(B1階「ザ・ペニンシュラ ブティック&カフェ」は18:00まで)
受取場所/1階「ザ・ペニンシュラ ブティック&カフェ 仲通り(ザ・テラス)」脇のミニバン、またはB1階「ザ・ペニンシュラ ブティック&カフェ」
予約/TEL 03-6270-2888(24時間受付)
※ウォークインにての注文も可能ですが、待ち時間が生じます。また、1階「ザ・ペニンシュラ ブティック&カフェ 仲通り(ザ・テラス)」は、雨天・荒天時クローズ/営業時間は天候・季節により異なります。

PAGE 3

【パレスホテル東京】

卵黄がとろ~ん。おウチで完成させる極上バーガー

▲この持ち帰り方法ならパティはフライパンで、バンズをトースターで少し温めなおすことが可能に。
パレスホテル東京のテイクアウトバーガーは、1階オールデイダイニング「グランド キッチン」から『国産牛オリジナルハンバーガー(2400円)』『和牛オリジナルハンバーガー(3900円)』の2種類。今回は国産牛のほうにトライしました。

目を引くのは、バンズ、パティ、サンドするアイテムなどすべてがバラバラの状態で持ち帰ること。カリカリじゅわっと焼かれたベーコンに輪切りのトマトとオニオン、とろけたチェダーチーズがたっぷりかかったパティと半熟の目玉焼き。これらを食べる時に自分でバンズにはさむのですが、この作業は彼女と一緒にキャッキャうふふとなさるのがよろしいかと。

国産牛100%のパティは旨みを残すため粗目に挽いて、肉の形がなくなるまでじっくりと練ってあるため、焼きあがった後もふんわりとやわらか。肉の脂の甘みとトマトの酸味とさわやかさが一体化して素材同士が互いを引き立てあうのを感じます。ボリューミーなのに意外とペロっといただけるので、彼女も完食まちがいなしでしょう。
▲卵の黄身がとろ~ん。肉のジューシーさだけでなく、バンズの軽さ、チーズや卵黄のとろとろぶりなどがあいまって本当に軽~い! 和牛バーガーはさらに上品で軽やかな味わいが自慢。
付け合わせにクラムチャウダーとシーザーサラダを別途注文。野菜やベーコンが細かく刻まれていてミルキーなチャウダーはハンバーガーとの相性が悪いはずもなく、一口ごとにアメリカ西海岸の風を感じます。また、グランド
キッチンで目の前で切ってサーブされる人気のプロシュート(生ハム)がたっぷり乗ったシーザーサラダは、ロメインレタスのパリッパリぶりが最高。チーズとプロシュートという相乗効果に酔いしれましょう。
▲バーガー完成図はぜひこちらをお手本に! クラムチャウダーはこってり濃厚。

■パレスホテル東京

受取時間/11:30 ~ 19:00
受取場所/パレスホテル東京 スイーツ&デリ B1階、車の場合、正面玄関の指定可
予約/受け取り時間の2時間前まで
HP/(オンライン決済)http://www.palacehoteltokyo.com/restaurants-bars/takeout/
お問合せ/Tel 03-3211-5307(10:00~18:00)
東京23区内ならタクシーによるデリバリーも可能
※オンラインにて3時間前までに要予約。デリバリー料金はドライバーに直接支払い

PAGE 4

【ザ・リッツ・カールトン東京】

パテもフォアグラも増しましで!? 禁断のバベルの塔バーガー

▲「タワーズ」のバーガーはまさに“タワー”。ふんわりバンズに180グラムのパティをトッピングしたダブルバーガーがこちら。
「あら、コレ、何かしら。ケーキ?」と彼女も開けてビックリ、中には縦と横の比率がなんかおかしいバーガーが! そんな余計な演出なんてなくとも、ザ・リッツ・カールトン東京45階にあるコンテンポラリーグリル「タワーズ」のハンバーガーにはなかなか驚かされます。

ホールケーキと見まがうばかりの大きな箱には『ザ・リッツ・カールトン バーガー(3550円)』に、付け合わせのサラダとシューストリングカットのフレンチフライがギュっと。箱が大きいのは、実はこのバーガー、トッピングでいかようにもボリュームアップが可能で、いくらでも大きくなるからです。
▲フォアグラをトッピングすると、カジュアルなバーガーが一気に貴族の食べ物に。赤身肉主体のパティにしっとりとなめらかな脂がのったフォアグラの上にトリュフアイヨリソースという、えもいわれぬ味わい。
スタンダードの場合、和牛もも肉7割にオーストラリア牛もも肉を3割ブレンドした赤身メインのパティ180グラムがサンドされていますが、そこに追加でパティ180グラム(1000円)をオンすることができます。そればかりか、フォアグラ60グラム(2500円)のトッピングもありで、どこまで行くの……? と不安になるほどのアップグレードぶり。

そのうえ、オリジナルバーガーでは白みそを混ぜた特製アイヨリソースを使用していますが、トッピングの場合は赤ワインで煮こんだトリュフを用いたリッチな「トリュフアイヨリソース」に変えることができるんです。和牛、フォワグラ、トリュフ……もしやこれ、禁断のバベルの塔? 彼女とふたりでてっぺんまで登っちゃいましょう!
▲だってこの箱だもの……この大きさ、ケーキかな? と思いませんか。

■ザ・リッツ・カールトン東京

受取時間/12:00 ~ 20:00(当日最終オーダー受付 18:00)
受取場所/ザ・リッツ・カールトン カフェ&デリ(1階)または、クルマの場合、ホテル正面玄関前(グランドフロア)
タクシーデリバリーによるお届け(タクシー代が別途かかります。)
フードデリバリーアプリ「menu(メニュー)」によるお届け
予約/受け取り時間の2時間前までに下記から要予約
ホテルHP/http://www.ritz-carlton.jp/restaurant/events/443/
フードデリバリーアプリ「menu(メニュー)」、「クラブ・コンシェルジュ」、「ポケットコンシェルジュ」、「タクシーデリバリー」など

※掲載商品はすべて税抜き価格です

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        夏の休日ランチは肉一択! おウチでいただくホテルメイドの絶品グルメバーガー4選 | グルメ | LEON レオン オフィシャルWebサイト