• TOP
  • GOURMET
  • パーティーシーズンは、いま世界で一番“モテる”ドイツワインで決まり!

2019.12.11

パーティーシーズンは、いま世界で一番“モテる”ドイツワインで決まり!

現在、世界のワイン市場で一番“モテている”ワインといえば、ドイツワイン。その魅力は何といっても北の産地ならではのエレガントさにあります。若手生産者の台頭により、味わいが進化したドイツワインとともに、年末パーティーやクリスマスを過ごしてみませんか?

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

取材・文/鳥海美奈子 写真・取材協力/German Wine Institute

世界で最もホットなワイン市場は、パリでも東京でもなく、ニューヨークです。その街で今人気のワインが何か、ご存知でしょうか? 実は、ドイツワインなんです。「クールなワイン」「ワインの本質を知る人が選ぶ」「値段以上の価値のあるクオリティワイン」と評判を呼んでいる模様。さらには、世界の料理シーンを牽引する北欧のレストランでも、盛んにオンリストされています。
実は100年前、ドイツワインは世界最高峰のワインのひとつと言われていました。でも戦後、大量生産の甘口に走った時代があり、それとともに評判も低下。けれど現在は、かつての輝かしい栄光を取り戻そうと、20代~40代の若手生産者たちがブドウ栽培や醸造法を革新し、その結果、すばらしい辛口ワインが続々と誕生しているのです。
PAGE 2
ドイツはブドウ栽培の北限に近い冷涼な気候のため、ワインの味わいは豊富なミネラルと酸、エレガントな果実味に支えられています。ワインのプロフェッショナルが飲んでも、そしてたとえワインに詳しくない人が飲んでも、誰もが「美味しい!」と素直に感じられる魅力に満ちているのです。これから始まる年末パーティーやクリスマスは、そんな最先端のモダンドイツワインとともに過ごしてはいかがでしょうか?
そのドイツワインのなかでも、最もブドウの栽培面積の多いラインヘッセン地方から、おすすめワインをご紹介します。ラインヘッセン地方はドイツでも最も若手が革新的なワイン造りをする地として知られていて、ビオワインも盛んな地。
ドイツのラインヘッセン地方。ライン川沿いに広がる美しいブドウ畑。

ラインヘッセン地方のおすすめワイン5選

まずは、スパークリング。ドイツは実は世界で最もスパークリングワインの消費量の多い国。そして生産量もフランスに次ぐ世界第2位の地位を占めています。つまりは、世界屈指のスパークリング大国なのです。
 
そのなかでも微炭酸の“ペールヴァイン”は、シーンを選ばず気軽に飲めるとドイツでも大人気。ペールヴァインを訳すとパールワイン、つまりは「真珠の泡のワイン」といった意味で、年末の華やかなムードを盛り上げるのにはぴったりですね。ホフマンの「フリッツ・ミュラー パールワイン」の白は、飲むとリンゴや梨などの果物を思わせるジューシーさが口のなかいっぱいに広がります。一方のロゼは、イチゴやチェリーの香りがとてもチャーミング。
「フリッツ・ミュラー 2012 パールワイン」の白とロゼ。各3800円(希望小売価格)/ホフマン(フジトレーディング ショップ ルナ マーレ)
PAGE 3
もし、あまりお酒が強くない女性とともに飲むなら、「バッカス」というブドウ品種の白ワインを選びましょう。ローマ神話のワインの神様の名をつけられたこのブドウ品種は、花のようなブーケ、マスカットを思わせるフルーティーさやほんのりとした甘さがあって、女性に大人気です。
「バッカス2012」4200円(希望小売価格)/ホフマン(フジトレーディング ショップ ルナ マーレ)
そしてドイツワインの代名詞といえば、リースリング。トゥーレ醸造所は17世紀から続くワイナリーですが、まだ30代半ばの現在の当主が引き継いでからワイン造りを大きく変えて、それとともに味わいも向上。ワイン専門誌などでも高く評価されています。芸術家が「トゥーレ」の頭文字のTをカリグラフィーにしたというラベルも洗練されていて、モダンな現代的生産者の雰囲気をよく表しています。ホームパーティなんかに持って行っても、カッコよくて華がありますよ。
「リースリング2017」3520円(希望小売価格)/トゥーレ(クライン・アバ・ワイン)
PAGE 4
そしてビオワイン好きの人には、「ヴィットマン」のリースリングをぜひ。ドイツを代表するワイナリーのひとつヴィットマンは、30年以上前からオーガニック栽培を始めた先駆的な存在。さらに2004年からは、農薬や化学合成肥料を使わないだけでなく、月や天体の動きを取り入れて畑全体のエネルギーを高めるバイオダイナミクス農法へと転換。その味わいは透明感と気品があり、とても伸びやか。ドイツのリースリングの魅力を存分に味わうことができます。
「リースリング・トロッケン2017」2970円/ヴィットマン(エノテカ)
今回ご紹介したのはいずれも、約2000万年前は海だった土壌で育てられたブドウを使ったもの。海底で珊瑚が凝縮したことによりできた石灰質土壌からは、上品な果実味ときれいな酸を備えたエレガントなワインができます。こんなワインとともに年末を過ごせば、もう“モテる”こと確実です!

お問い合わせ

エノテカ 0120-81-3634
クライン・アバ・ワイン http://www.kleinaberwein.com
フジトレーディング ショップ ルナ マーレ 086-425-1511

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        パーティーシーズンは、いま世界で一番“モテる”ドイツワインで決まり! | グルメ | LEON レオン オフィシャルWebサイト