• TOP
  • GOURMET
  • とろっとろ煮卵、カリッカリあじフライ、さっぱりカルパッチョの簡単3分レシピ

2019.07.28

とろっとろ煮卵、カリッカリあじフライ、さっぱりカルパッチョの簡単3分レシピ

“週末鮨屋”の料理研究家として知られる野本やすゆきさんが、料理初心者の男性向けに「モテる」「デキる」レシピをご指南!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/吉澤健太 レシピ&調理/野本やすゆき 文/秋山 都

「男子厨房に入らず」と言われたのも今は昔。いまは「弁当男子」も、週末ともなれば腕を奮ってホムパやキャンプ……という料理上手な男性もたくさんいます。でもその一方で、まだ「インスタントラーメンしか作れない」という方もある一定数いるのも真実。

そこで本連載では“週末鮨屋”として注目されている料理研究家、野本やすゆきさんに、初心者でも作れ、自分で食べておいしいのはもちろん、一緒に食卓を囲むお連れさまにも「すごい!」と言ってもらえるレシピをご指南いただきます。料理はいまどき男子必携のモテツールであるものの、万遍なく何でも作れる必要はありません。数品のキラー料理を作れるよう、腕を磨いておきましょう。
ワイン、日本酒、ウィスキーにそれぞれ相性抜群のつまみ3種。
第1回は「パエリヤ」。鍋ひとつで作れて、そのまま食卓に出せる“男の料理”をご紹介しました。ただし、この料理をテーブルに出せるのはお相手をすでに自宅に招待しており、お相手もそれを受け容れている場合ですね。

多くのケースにおいて、まずは自宅に招くのがひとつの障壁となります。だって、女性としてみれば、いったん敷居をまたいだら最後、「あんなこと」や「こんなこと」もあるのかな?と不安になるわけで。そこで、いかに軽い気持ちで来てもらうか、が重要となるわけですが、そんなときに使いたいフレーズが下記です。

「ちょっとウチで軽く飲まない?」
「二軒目、ボクンチでどう?」
「美味いワイン(日本酒・シングルモルトなど)があるんだけど、もう一杯だけどう?」

首尾よくお相手が自宅へ来てくれたらしめたもの。そこでオオカミに豹変……ではなく、グラスに飲み物を注いでサーブしたら、余裕のある様子でキッチンに立ちましょう。グラス片手に手際よくツマミを出せたら、お相手も「あ、本当に飲むだけなのかな?」と心のハードルを下げてくれるはず。この、期待と不安をいい意味で裏切り続けるのが、「モテる」「デキる」へと続く定石ですからね。
PAGE 2
そこで第2回はワイン、日本酒、ウィスキーにあうツマミをそれぞれご紹介。どれも2~3ステップでできて簡単で、お酒と極上の相性のひと皿です。

日本酒にあう!煮たまご

【材料】 作りやすい量

たまご 4~6個
Aだし 100ml
Aしょうゆ 50ml
Aみりん 50ml
A八角 (あれば)適量
※Aはだし2、醤油1、みりん1の割合となるように合わせます。

【作り方】
(1) たまごは常温に戻し、沸騰した湯に入れて5~6分茹で、冷水にとる。
(2) 鍋にAを入れてひと煮立ちさせ、冷ます。
(3) たまごの殻をむき、保存袋にいれAで1晩以上漬ける。
このときはウニがあったので乗せました。豪華!
PAGE 3

ワインにあう! 旬の白身魚のカルパッチョ

カルパッチョというと魚をお刺身のように薄造りにして皿に並べたものをイメージしますが、要は刺身用の白身魚をオリーブオイルで和えるだけ。

【材料】

タイやスズキなど白身魚(刺身用) 100g
ミニトマト 4~5個
塩・こしょう 適量
オリーブオイル 大さじ1
チャービル(もしくはバジルやディル) 適量

【作り方】
白身魚はそぎ切りする。ミニトマトは半分に切る。チャービルは刻む(スーパーや鮮魚店で刺身パックを購入してもOK)。
(2) ボウルにトマトをいれ塩をふり、混ぜる。白身魚、チャービル、オリーブオイルを加えて和え、塩コショウで味を調える。
魚の白、トマトの赤、ハーブの緑が目にもおいしいツマミ。黒、グレイなどダークカラーの器が似合います。ワインは泡のほか、白、ロゼなどと。
PAGE 4

ウィスキーにあう! アジフライ

【材料】

アジ(三枚におろし、腹骨をとったもの) 2尾分
塩・こしょう 適量
小麦粉 適量
たまご 1個
パン粉 適量
揚げ油 適量
Aからし 小さじ1/2
Aマヨネーズ 大さじ3

【作り方】
アジに塩、こしょうで下味をつける。卵は溶き卵にする。Aを混ぜ合わせておく。
小麦粉、たまご、パン粉の順に衣をつける。
180℃の油できつね色になるまで揚げる。皿に盛りAを上からまわしかける。
ウィスキーのほか、ビールとの相性も抜群。

● 野本やすゆき(料理研究家)

東京・谷中で昭和初期から続く老舗寿司店「谷中 松寿司」に生まれ、現在、金・土・日曜のみ3代目として店を継承。“週末鮨屋”としても活動しつつ、わかりやすいレシピがTV、雑誌で人気の、いま注目の料理研究家のひとり。プロレス好き。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL