• TOP
  • GOURMET
  • 料理初心者歓迎! 鍋ひとつで作れる、本格パエリヤの作り方

2019.06.22

料理初心者歓迎! 鍋ひとつで作れる、本格パエリヤの作り方

“週末鮨屋”の料理研究家として知られる野本やすゆきさんが、料理初心者の男性向けに「モテる」「デキる」レシピをご指南!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

レシピ&調理/野本やすゆき 文/秋山 都 写真/吉澤健太

「男子厨房に入らず」と言われたのも今は昔。いまは「弁当男子」も、週末ともなれば腕を奮ってホムパやキャンプ……という料理上手な男性もたくさんいます。でもその一方で、まだ「インスタントラーメンしか作れない」という方もある一定数いるのも真実。

そこで本連載では“週末鮨屋”として注目されている料理研究家、野本やすゆきさんに、初心者でも作れ、自分で食べておいしいのはもちろん、一緒に食卓を囲むお連れさまにも「すごい!」と言ってもらえるレシピをご指南いただきます。料理はいまどき男子必携のモテツールであるものの、万遍なく何でも作れる必要はありません。数品のキラー料理を作れるよう、腕を磨いておきましょう。
鍋ひとつで作れ、そのまま食卓に出せるパエリヤ。フライパンでも作れます。
第1回は「パエリヤ」。ご存知スペインのお米料理です。よく“男の料理”をイメージする際、「迫力ある」「大胆な」と表現されますが、そのどちらもあてはまる「パエリヤ」は、男の料理の代表格。鍋ひとつで作れて、そのまま食卓に出せるから、キッチン用品や器がそれほど充実していない初心者にとっては“映え”のするありがたい料理です。

きちんと守るべきは米と水のバランスだけ。あとはカニや牡蠣など他のシーフード、チキン、豚肉を使ってもおいしくなるし、ワインでも飲みながらノリで作っても結果オーライになりやすい料理ですから、まずはチャレンジしてみましょう。
PAGE 2

パエリヤを作ってみよう!

【材料】 作りやすい3~4人分

米 ・・・・・・・・・・・・ 2カップ

ムール貝 ・・・・・・・・ 8個
有頭えび ・・・・・・・・・ 6尾
パプリカ ・・・・・・・・・ 1/4個(たてに細切り)
たまねぎ ・・・・・・・・・ 1/2個(みじん切り)
にんにく ・・・・・・・・・ 1かけ(みじん切り)
白ワイン ・・・・・・・・・ 大さじ3
水 ・・・・・・・・・・・・ 480ml(蒸し汁とあわせて)
サフラン(あれば) ・・・・ ひとつまみ
ブイヨン ・・・・・・・・ キューブタイプを刻んで1個
トマト ・・・・・・・・ ・ 1個(あらみじん)
塩 ・・・・・・・・・・・ 小1/4
レモンのくし切り・・・・ 1/2個分
オリーブオイル ・・・・・ 大さじ
パセリみじん ・・・・・・ 適量

まずは材料。いろいろありますが、ぜひ用意したいのは有頭えび。頭の部分からいい出汁が出るので、これは鮮魚店などで探してみましょう。

サフランは同名の花のめしべで、パエリヤにきれいな黄色と香味をつけてくれるスパイスの1種です。非常に高価なのでなくてもOK……だけど、あればそのきれいなイエローに色づいたごはんに気分がアガります。購入した場合は、パエリヤほかブイヤベースなどにも使えます。
PAGE 3
いよいよ作っていきます。
主な作業としては、鍋で具を炒め、いったんとり出し、同じ鍋で米をいため、米を炊くスープを入れ、さきほど炒めた具を戻してフタをし、炊く、という手順です。

【作り方】

ムール貝に白ワインをかけて、フライパンで2~3分加熱、口が空いたら汁と具に分ける。蒸し汁、水を合わせて480mlになるようにし、サフラン、ブイヨンの素をあわせる。

*ムール貝のほかアサリ、ハマグリなど他の貝でもおいしいです。
*サフランは色が出るのに時間がかかるため、早めにお水につけてください。
 フライパンにオリーブオイル、ニンニクを入れて弱火にかけ香りが出たら玉ねぎを加えて中火で炒め、しんなりとしたら米を加えて炒め、米に油がまわったらトマトを加えて炒める。
PAGE 4
貝の蒸し汁+水に、砕いたスープキューブとサフランを加えたら米を炊くスープの出来上がり。
米を炒めた鍋に上のスープを加え、ひと煮立ちしたら塩を加えて混ぜ、エビ、ムール貝、パプリカを並べて、フタをして弱火で12~13分加熱する。フタをはずし、(炊き具合によっては中火で加熱しながら)水分をとばし、パセリをちらし、レモンをそえる。
できました! ここまで所要時間約30分です。テーブルにはぜひフタをしたまま出し、フタを開け、湯気フワ~ッというプレゼンテーションとともにお楽しみください。
テーブルにはぜひフタをしたまま運びましょう。フタを開けたとき、ゲストの歓声が楽しみ。
PAGE 5
鍋からとりわけ、レモンをチュッと絞って召し上がれ。
ボリュームがあり、バランスもいい「パエリヤ」は立派なメインディッシュになるため、あとは前菜に生ハムでも買っておけばおもてなしの献立ができあがります。失敗して焦げ付いても、それなりにおいしいのが「パエリヤ」。あんまりシビアに考えず、まずはゆる~い気持ちで作ってみましょう。

● 野本やすゆき (料理研究家)

東京・谷中で昭和初期から続く老舗寿司店「谷中 松寿司」に生まれ、現在、金・土・日曜のみ3代目として店を継承。“週末鮨屋”としても活動しつつ、わかりやすいレシピがTV、雑誌で人気の、いま注目の料理研究家のひとり。プロレス好き。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL