• TOP
  • GOURMET
  • 「YES」と言ってもらえる誘い文句は「ウニ食べ行こう」

2019.02.15

「YES」と言ってもらえる誘い文句は「ウニ食べ行こう」

気になるあの方を食事に誘うなら、漠然と誘うより特定の食材や料理をフックにすべし。なかでも高級食材のウニ尽くしの専門店「Unicoco」がオープン! なんて食いしん坊には看過できないニュースです。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

文/秋山 都 写真/菅野祐二

毎回、旬のレストランや話題の新店をご紹介していく連載「美食のネタ帖」。「なんか面白い店ないかなぁ」「最近どこか行った?」と聞かれることが多いLEON.JP食いしん坊担当がガチでおすすめなお店を紹介いたします。

その第9回は誰かを食事に誘う際のフレーズについて。親愛なる読者諸兄は、気になる方を食事へお連れする際、どのように誘いますか?
「こんどお食事でも」
「なにかうまいもん食べに行こうか」
「おすすめのお店に連れてってよ」
……これ、ぜんぶNGです。
「こんどお食事でも」は社交辞令に聞こえるし、「なにかうまいもん」はアナタの“うまいもん”がどの程度“うまいもん”なのか予想がつかずに不安を誘う。そして「おすすめのお店に連れてって」に至っては、そのように他力本願なアナタの番が巡ってくるのは来年になりそうです。

そこで、なんと誘うか。今回の正解は「ウニ食べに行こう」です。いえ、ウニに限らないんですよ。「カニ食べ行こう」と歌ったのはPUFFYですし。でも、今回は「ウニ」。誰かを食事に誘う際は「カニ」「ウニ」「焼き肉」「フレンチ」なんでもいいから、特定の食材や料理、せめてジャンルを特定してから誘うと、そこでどんなものが食べられるのかイメージしやすく、コンバージョンレートが高い、というワケです。
PAGE 2
さあ、特定食材や料理は誘いに乗りやすい、とお伝えしましたが、ではなんでもいいのか、と言われればさにあらず。たとえば「豚タン」や「焼酎梅割り」は、私はホイホイ行きますが、一般女子にはウケが悪いでしょう。ここで鍵となるのは“高級感”。自分ひとりではあまり食べられないものに心ひかれるわけです。だから「カニ」や「ウニ」、そして「キャビア」や「ステーキ」なんかもいいでしょうね。

ウニのテイスティングに大興奮

この日、北は北海道、南は九州から全国のおいしいウニが全員集合!
ようやく本題。ここ「Unicoco」はなんとウニに特化したイタリアン。前菜からパスタ、メインまでウニ尽くし。さらに、ウニだけを産地や種別に12種食べ比べできるスペシャルメニューまで用意されています。

今までもウニを箱ごと出してくれるお店や、ムラサキウニとバフンウニを2種食べ比べする鮨店などはありましたが、12種ものウニを一度に楽しめるお店があったでしょうか。
料理はすべて15,000円のコースより。モンサンミッシェル産のムール貝をサフランスープに仕立てた前菜。上にはトリュフと函館産のムラサキウニ。
イカスミを練り込んだパスタには厚岸産のバフンウニ、イクラ、そして自家製からすみをトッピング。魚卵トリオに悶絶。
この日のメイン料理である低温調理したオマール。落石(おちいし)産のバフンウニを乗せて。
PAGE 3
スペシャリテである「ウニの食べ比べ」。オーナーシェフの辻田啓伸さんによるウニの解説を聞きながら味わえば12種それぞれの個性をしっかり感じ取ることができる。
天然か養殖か、産地、種類……さまざまな軸で味わうことで、自分の好みはどんなタイプか、ウニの世界にディープダイブ。
オーナーシェフの辻田啓伸さんは、新宿のイタリアン「オステリア ヴィンチェロ」で経験を積んだのち、イタリアでの修業を経て、2012年四谷にイタリア料理店をオープン。夏季に「ウニ祭り」を期間限定で行っていたところ、「ウニを好きな人はたくさんいるが、その本当のおいしさを知っている人は意外に少ない」と考えるようになり、このウニ専門イタリアン「Unicoco」をオープンにいたったのだとか。

たしかに12種を順に味わっていると、「バフンウニは濃厚でクリーミーだけど、ムラサキウニはワイルドな磯の味」とか、「アカウニってジューシー!」とかとか、今まで知らなかったウニリテラシーが急上昇していくのを互いに実感できるはず。
ウニにあわせるならワインはもちろん、日本酒もよく合う! こちらは広島県竹原市藤井酒造の「龍勢」Unicocoスペシャル。
ウニへの深い愛を語り始めたらもう止まらない、オーナーシェフの辻田啓伸さん。
ちなみにウニの可食部ですが、これは生殖細胞と栄養が蓄えられた生殖巣なんですって。まるで肝のように見えることから海胆と書くようになったのでしょうね。な~んて、雑学を披露しながら、ウニさながらの濃厚なひと時をお楽しみください。

余談ですが、私が生うにと同じくらい好きなのは瓶詰めされた塩うに。「塩うに食べに行かない?」なんて誰か誘ってくれないかなぁ。ないよね……。

■ Unicoco(ウニココ)

住所/東京都新宿区四谷1丁目7−18 アクトワールドビル3F
予約・問い合わせ/03-3353-0255
営業時間/12:00~15:00、18:00~23:00
定休/予約のない日
*2018年11月オープン。
*コース料理15,000円~
*カウンター10席、テーブル8席。
*ドア一枚でつながっている隣の店はオリーブオイル料理専門店。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL