• TOP
  • GOURMET
  • 【おせちに飽きたら】ケチャップたっぷり「普通のオムライス」の作り方

2021.12.30

【おせちに飽きたら】ケチャップたっぷり「普通のオムライス」の作り方

“週末鮨屋”の料理研究家として知られる野本やすゆきさんが、料理初心者の男性向けに「モテる」「デキる」レシピをご指南!

CREDIT :

文/秋山 都 レシピ&調理/野本やすゆき 写真/吉澤健太

年末年始はご馳走続き。おせちにすき焼き、カニにステーキ……「少し胃腸が疲れたな」なんてお腹をさすっている方、いませんか? 「そろそろ、なんかフツーのものが食べたい」なんて贅沢なお悩みを抱えているアナタへ、野本やすゆきさんがおすすめするのは「オムライス」。それも、お店で出るようなフワトロタイプのものではなく、たまごがしっかり焼かれていて、ケチャップをたっぷりかけていただく、「普通のオムライス」です。

「オムライス」を作ってみよう

材料はシンプル。鶏肉とピーマン、タマネギを具にしたチキンライスを薄焼きたまごで包みこんでいきます。キレイに包めるの? と不安になりますが、多少不格好でも大丈夫。ある方法で最後にリカバリーできますよ!

材料(ふたり分)

たまご    4個
鶏もも肉   150g(小さめひと口大)
タマネギ   1/2個(みじん切り)
ピーマン   1個(あらみじん切り)
バター    20g
ケチャップ   大さじ3
塩・コショウ    適量
ごはん    300g
サラダ油          大さじ2

PAGE 2
では作っていきましょう。まずはチキンライスの材料を切っていきます。タマネギのみじん切りはコチラで詳しく解説しているので割愛するとして……。
▲ピーマンのほか、マッシュルームやシメジ、ニンジンなど冷蔵庫にある野菜でOK。
チキンライスと呼ぶくらいですので鶏肉はぜひ入れたいですが、なければソーセージやスパムなどでも。大きいと薄焼きたまごで包む際に難しくなるので、少し小さめのひと口大にカットしましょう。
▲ カロリー控えめにするなら鳥むね肉で。ややあっさりした仕上がりになります。
材料がすべてカットできたら、フライパンで炒めていきます。
▲ バター20gはふたかけ分。
フライパンにバターを溶かし、タマネギを炒めます。このとき、バターが完全に溶けるまで待ってからタマネギを入れると焦げやすいので、少し溶けたかな? くらいでタマネギを投入。
▲ タマネギは透明になってきたあたりが甘味が出てきたサイン。
タマネギはしんなりして表面に透明感が出てくるくらいまで炒めます。
PAGE 3
▲ 鶏肉にはしっかり火を入れましょう。
タマネギがしんなりしたら鶏肉を加えて塩をひとふり。コショウをガリガリ……お好みで加えてください。
▲ コショウは少し多めが美味しい。
鶏肉の色が変わったらピーマンを加えます。あまり早く入れると色が悪くなるので、タイミングを少しずらしています。
▲ ピーマンのあざやかグリーンを残したいので、後で入れています。
PAGE 4
ピーマンを加えたら、ケチャップをたら~り。
ここでケチャップをしっかり炒めることで、酸味が飛び、旨味と甘さが引き立てられます。
1~2分しっかり炒めて水分を飛ばしたら、いよいよごはんごはんを投入。この日は炊きたてごはんを使いましたが、冷やごはんでもOK。
▲ 大きめのお茶碗2杯くらいのごはんを入れました。
全体にケチャップがなじんだら、チキンライスの出来上がり。このまま食べても美味しいんですが、今日は「オムライス」ですから、もうちょっと頑張って!
▲ 甘酸っぱい香りのチキンライス。このままお弁当にしても美味しい。
PAGE 5
▲ たまごは1人前ふたつ使います。
いよいよたまごを焼きます。まずは1人前、たまご2個を割りほぐして塩・コショウしておきます。
フライパンに油を熱し、ほぐしたたまごを流し入れます。
▲ ジュワ~ッと音がするくらい、フライパンを温めておきましょう。
菜箸で軽くかきまぜ、こんな風に外周がめくり上がっててきたら、ちょうどよく半熟に焼けているサイン。ここで、これ以上焼けないように火を止めてしまいましょう。
PAGE 6
▲ フライパンの手前にチキンライスを置きます。
手前にチキンライスの半量をのっけて、
▲ フライ返しなど使って、奥からたまごを手前にひっくり返します。チキンライスにおふとんをかけるようなイメージ。
奥から、薄焼きたまごをよいしょっとひっくり返すようにチキンライスを包みます。
▲ フライパンから、お皿で迎えるように移します。
薄焼きたまごで包まれたオムライスを、フライパンをひっくり返すようにお皿に乗せれば……
▲ 敗れちゃった! でも後で挽回できます。
完成! となるところでしたが、あれ! ちょっと破れちゃったし、カタチもイマイチかも??
▲ きれいなオムライスになるよう、キッチンペーパーで軽く押さえます。
でも大丈夫、そんな時は秘儀「キッチンペーパーdeリカバリー」。キッチンペーパーで軽く巻くようにしてカタチを整えます。
▲ 多少の破れはキッチンペーパーで押さえればキレイに修正できます。
今度こそ完成! え、それでもカタチがきれいにできない? いいんです、食べれば味は同じですから!
▲ お好みでケチャップをたっぷりと。
ご馳走続きだからこそ、こういう普通のお料理がいかにおいしく、貴重なものであるか気づけるというもの。2022年も身近な美味しさ、幸せを大切にしていきたいですね。

● 野本やすゆき (料理研究家)

東京・谷中で昭和初期から続く老舗寿司店「谷中 松寿司」に生まれ、現在、金・土・日曜のみ3代目として店を継承。“週末鮨屋”としても活動しつつ、わかりやすいレシピがTV、雑誌で人気の、いま注目の料理研究家のひとり。プロレス好き。
最近、YouTubeにて野本やすゆきチャンネルを開設。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    おすすめの記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON

        【おせちに飽きたら】ケチャップたっぷり「普通のオムライス」の作り方 | グルメ | LEON レオン オフィシャルWebサイト