• TOP
  • FASHION
  • 【速報】今年も「TUMI」から日本限定のホリデーコレクションが登場!

2018.11.08

SPONSORED

【速報】今年も「TUMI」から日本限定のホリデーコレクションが登場!

我々ビジネスマン、いや我々大人のオトコにとって欠かせないバッグを作り続けている、バッグブランド「TUMI」。今回は、本日11月9日に発売される日本限定ホリデーコレクションの2018年版のニュースをお届けします!

CATEGORIES :
TAGS :

2002年日本限定スタイルのアーカイブデザインを再現!

アウトドアやスポーツテイストのファッションがトレンドの昨今、巷ではバックパックやサコッシュ、ウエストバッグなど、ストリートスタイルに合わせやすいバッグが人気を集めています。しかし、スーツ着用がメインとなる大人のビジネスマンにとって、それらのバッグはちょっとカジュアル感が強すぎる嫌いも。とはいえ、お固いバッグは気分じゃない…。さて、どうしたものか…。

そんなお悩みを一発で解決してくれるのが、世界中のビジネスパーソンに愛され続けている、ビジネス&トラベルバッグブランド「TUMI(トゥミ)」。バリスティックナイロンをはじめ、ソフトカーボンファイバー素材CX6などの新しい素材や、真に実用性を追求したポケット使いなど、我々ビジネスマン、いや我々大人のオトコにとって欠かせないバッグを作り続けている、最強のバッグブランドです。

そんなトゥミが、毎年ホリデーシーズンにリリースする日本限定コレクションの2018年版が11月9日に発売! 

今回は、ブランド初の日本限定モデルとして2002年に発売された「リミテッド エディション 2002」のデザインをモチーフに、トゥミのアイコニックなバリスティックナイロン素材のAlphaコレクションから3型がラインナップ。2002年当時のデザインから、グリップ部分にレザーをあしらったナイロンのハンドル、内装の深紅のライニング、「エクスパンダブル・オーガナイザー・ブリーフ」および 「スリーウェイ・ブリーフ」のフロントの4つポケットデザインなどを再現してします。

それでは、リミテッド エディション 2018の3型をご紹介いたしましょう!

NEXT PAGE2/ 4

日本限定モデル その1

スリム・デラックス・ポートフォリオ

【H30.5×W40.5×D6.25】4万3000円/トゥミ(トゥミ・カスタマーセンター)
2002年当時の人気スタイルをアップデートした「スリム・デラックス・ポートフォリオ」は、シングルコンパートメントの薄マチブリーフ。メインコンパートメントにはパッドで保護されたタブレット用ポケットやファスナーポケット、フロントのU字型ポケットにはオーガナイザーパネルを搭載した、薄マチながらも高い機能性を備えています。

NEXT PAGE3/ 4

日本限定モデル その2

エクスパンダブル・オーガナイザー・ブリーフ

【H32×W40.5×D9】6万円/トゥミ(トゥミ・カスタマーセンター)
メインコンパートメントの前後に、さっとものの出し入れができるマグネット開閉式の収納スペースを備えた、マチ拡張機能付きの「エクスパンダブル・オーガナイザー・ブリーフ」。ペットボトルや傘の収納に便利な防水加工を施したポケットを含む、4つのフロントファスナーポケットが印象的です。

NEXT PAGE4/ 4

日本限定モデル その3

スリーウェイ・ブリーフ

【H30.5×W42×D15cm】6万9000円/トゥミ(トゥミ・カスタマーセンター)
こちらの「スリーウェイ・ブリーフ」は、背面に格納されたバックパックストラップでバックパックに、付属のショルダーストラップで肩掛けにと、シーンに応じて異なる使い方ができる機動性あふれる汎用性の高いスタイル。背面にはノートPCとタブレット両方を同時に収納できる専用コンパートメントを備えています。 
以上、3型の新作いかがでしたでしょうか? いずれもフロントのロゴプレートやファスナープラーなどのメタルパーツにヴィンテージのガンメタルカラーを使用したクラシックなルックで、“LIMITED EDITION”の文字が入ったラゲージタグとサイドのメタルプレート、ブラックの外装に映える深紅のライニングがエクスクルーシブ。これぞ、巷にあふれるバックパックやサコッシュを出し抜くのに最適なスペシャルなバッグといえるでしょう。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事