• TOP
  • FASHION
  • いま、大人に最適なレザーといえば、断然コレ!

2021.10.28

いま、大人に最適なレザーといえば、断然コレ!

ジャケットほどかしこまらず、さりとてくだけすぎない中庸バランスを手軽に体現できるトップスが、スポーティブルゾン。週末に着るいつものジャケットをレザーのこれに変えるだけで新鮮&スマートに装える! となれば、着ない手はないでしょう。

CATEGORIES :
CREDIT :

写真/鈴木泰之(Studio log) スタイリング/四方章敬 ヘア/Takuya Baba(SEPT) 文/秦 大輔

ちょいユルレザースタイルをお手軽に体現

秋は何かとジャケットが活躍する季節。ですが一味違うスタイルを! と思うアナタは、代わりにスポーティなブルゾンを使ってみるのはいかがでしょうか? ポイントはただ一つ、品のいいレザーのそれをチョイスすること。その効能は、まさにいいことだらけです。

レザーアイテムをスマートに着るには、いかにハードさ、無骨さを緩和する=ちょいユルに見せるかが重要になりますが、これはもう、リブ付きなどのスポーティなデザインのブルゾンというだけで解消できます。加えて、子どもっぽく見える懸念は、素材がレザーになることで取っ払えるときている。

狙い目筆頭は、いわゆるボンバージャケットタイプ。上質レザーのそれならちょいユルに見せつつ品格もバッチリの、“中庸の徳”なベストバランスが得られます。

着こなし方はといいますと、週末にラペル付きのカジュアルジャケットを羽織る要領でOK! ただし、トップスがジャケットよりちょいユルな印象になりますから、パンツやシューズはカジュアルダウンせず、上品なものを選ぶのがコツです。

早速、おすすめのレザーブルゾン&着こなしのツボをご紹介します。

落ち着きと気品を損なわない、理想の休日スタイルが完成

▲ ブルゾン36万3000円/ザ・クロークルーム(ザ・クロークルーム トウキョウ)、ニット6万6000円/フェデリ(トレメッツォ)、シャツ3万1900円/モンサオ(エイチジェイエム)、パンツ3万6300円/GTA(ビームス 六本木ヒルズ)、メガネ2万9700円/アイヴァン(アイヴァン 東京ギャラリー)、靴3万1900円/エストネーション
ブロードシャツ&カシミアニットの上から、ラムスエードのブルゾンをさらり。そのままジャケットを羽織っても通用するコーデですが、レザーブルゾンをチョイスするだけで、前述の中庸バランスによって、よりくつろいだ印象を醸しながら、大人の落ち着きも備えたスタイルにまとまります。

なお着用のブルゾンは、ザ・クロークルームのオーダーサンプル。オーダーゆえジャストサイズが手に入るのはもちろん、サンプルのようにボディ&リブの色を変えるなどの洒脱なアレンジも自在です。

ラムスエードは極上のしなやかさ。聞けば上質な部位のみを選りすぐり、一着で7頭分のレザーを贅沢に使うのだとか。端正な作りも相まって、品格はご覧の通り、申し分ありません。
PAGE 2

◆ POINT 1

狙うは、上質レザーのボンバージャケットタイプ

ボディが品格あるレザーになるだけで、ブルゾンの印象はガラリと変わります。ボンバージャケットタイプであってもこの通り、俄然大人っぽい印象に。

しかもリブが付くことで、レザーアイテム特有の無骨さは中和できますから、まさに一石二鳥です。ちなみに、インナーのシャツの裾を出して着ると、ちょいユルなアクセントを添えるのに効果的です。
PAGE 3

◆ POINT 2

ボトムス&靴はカジュアルダウンせず、上品に

レザーのスポーティブルゾンは、それ自体がちょいユルを体現する存在。当然、カジュアルなデニムやチノパンとの相性もよいのですが、すると上質レザーのせっかくの品格が抑えられてしまいますから、ここは1つ、上品なグレスラを選ぶのが大人の作法といえましょう。

足元も同様に、スニーカーではなくローファーなどの適度にくだけた革靴がベストマッチング。以上を踏まえることで、大人の休日スタイルの理想たる、ちょいユルかつ上品なスタイルが完成します。

◆ ジャケット代わりに着たいブルゾンその1「エンポリオ アルマーニ」

品のいい艶が、大人の装いをスタイリッシュに彩る

▲ 13万2000円(ジョルジオ アルマーニ ジャパン)
淡い光沢がその上質を表す、羊革のボンバージャケット型ブルゾン。中抜きになったジップタブなどディテールの作り込みが繊細で、これがレザーの持つ上品な印象を後押ししています。少し中綿を入れることで、保温性を高めているのも特筆点。そして背中には、エンポリオ アルマーニのアイコンであるイーグルのロゴがエンボスで主張! クールなバックスタイルも見逃せません。
PAGE 4

◆ ジャケット代わりに着たいブルゾンその2「チンクワンタ」

シンプル&クリーンなデザインに、ひと匙のスパイスが効く

▲ 12万9800円(ビームス 六本木ヒルズ)
良質なレザーウェアでお馴染み、フィレンツェ郊外に居を構えるファクトリーブランドより、ゴートスエードを用いたボンバージャケットです。そのタッチはヌメるように滑らか、かつしなやか。装飾を削いだシンプルフェイスが、素材の上質を際立たせます。袖や裾のリブの編み立てがさりげなく切り替えられていて、ほんのりヴィンテージの匂いが薫るのも好ポイントです。

◆ ジャケット代わりに着たいブルゾンその3「ディーゼル」

イマドキなちょいユルシルエットも選びの決め手に

▲ 24万2000円/ディーゼル(ディーゼル ジャパン)
フライトジャケットにインスパイアされたデザインの、温かなムートンジャケット。シガーポケット風のディテールを袖口近くへ配するあたりに、大人の遊び心が光ります。表面にはヴィンテージライクな風合いを表現する加工が施され、奥行きある表情を演出。ゆるりと丸みを帯びたシルエットで、羽織るだけでイマドキに装えるのもトドメの魅力です。

■ お問い合わせ

アイヴァン 東京ギャラリー 03-3409-1972
エイチジェイエム 03-6434-0885
エストネーション 0120-503-971
ザ・クロークルーム トウキョウ 03-6263-9976
ジョルジオ アルマーニ ジャパン 03-6274-7070
ディーゼル ジャパン 0120-55-1978
トレメッツォ 03-5464-1158
ビームス 六本木ヒルズ(カジュアルフロア) 03-5775-1620

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

      RELATED ARTICLES関連記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON