2018.09.10

スーツ姿が見違える、大人の裏技

スーツ姿が都会的に見える人の共通点って? その答えは、グレースーツの選びとそれを着こなすテクニックにありました。ともすれば無個性になりがちなグレースーツが、グッと垢抜ける秘訣をお教えします。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/人物・谷田政史(CaNN) スタイリング/吉野 誠 ヘアメイク/Jun MATSUMOTO(tsujimanagement)、古川 純 文/竹内虎之介(シティライツ)

2018年10月号より

Iconic item 

都会的なムード漂うのは
ネイビーより断然グレーのスーツ

なんだか都会的だなぁと感じさせる人がいます。シックで知的でスマートで、当然リッチなんだけど、これみよがしに見えなくて……。ま、要は洗練された男性ということかと。では、そういう人はどんな格好をしているのか? そこで浮かび上がってくるのが、グレースーツの男です。

そもそも無彩色であるグレーにはクールな気分が漂います。都会の富裕層が好むラグジュアリーブランドにグレースーツの提案が多いのも事実。つまり、万能なネイビースーツよりグレーのほうが、都市限定のムードをより強く演出できるのですね。

一方で、グレースーツは無個性に見えるという向きもある。そこでオススメしたいのが、淡〜く柄が入ったグレンチェックの一着です。これなら悪目立ちはしないのにそこはかとなく洒脱に。結果、さり気なくも鮮明に、洗練された都会の大人の印象を発信できてしまうのですよ。

◆ アクアスキュータム 

伝統の英国柄をグレーベースで都会的に表現

元来、英国カントリーテイストが薫るグレンチェックを、白×黒ではなくグレーベースとすることで都会的に表現。さらにブルーのオーバーペーンを入れ、クールで洗練された印象に。

都会的に着こなすなら、モノトーンでまとめ、アーバンな印象を強調するのが正解です。なので、着流す場合も黒合わせが吉。
スーツ13万円/アクアスキュータム(レナウン プレスポート)、チーフ1万9000円/アクアスキュータム(レナウン プレスポート)、ニット3万円/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー)、靴9万2000円/ジャコメッティ(ラ ガゼッタ 1987 青山店)、バッグ6万8000円/アニアリ(プルーム)、メガネ3万8000円/トレミーフォーティエイト

◆ ランバン コレクション 

英国調をフランス流に解釈した粋なスーツ

起毛素材でありながら軽量で艶やかなロロ・ピアーナの『ソフトタッチ』を使用。グレンチェックにブラウンのオーバーペーンを配し、英国調をフランス流に解釈した一着です。

白シャツに黒のソリッドタイ。それがシックで都会的なグレースーツのこなしの基本です。むしろコーディネートに色は必要ありません。この一切の色味を削ぎ落とした潔さこそ、見る人の印象に強く残るアイコンとなるのです。
スーツ23万円/ランバン コレクション(ジョイックスコーポレーション)、シャツ1万3000円、チーフ4000円/ともにマッキントッシュ ロンドン(SANYO SHOKAI)、タイ1万4000円/デザインワークス(デザインワークス ドゥ・コート銀座店)、時計77万円/ウブロ
PAGE 2

グレンチェックのグレースーツに
合わせたい小物は黒orシルバー

グレースーツの着こなしに際しては、極力、色を排し、全身をモノトーンでまとめるが吉。そのほうがアーバンな印象がより強調されますからね。さらに、仕上げの小物もすべて黒に。メタルのアイテムはクールなシルバー系がお約束です。

◆ ビームスF 

いまの気分漂うグレンチェックスーツ

トーン・オン・トーンのグレンチェックにペーンを重ねたモダンな柄使いのグレンチェックスーツ。軽い仕立てや1プリーツパンツなど、仕様にもいまの気分が漂います。

Technique 01 

Vゾーンは白×黒で潔く

Vゾーンは、白シャツに黒タイ。これさえあればグレースーツはシックで都会的にキマります。シャツは無地、タイもソリッドで、どこまでも潔いモノトーンとすることがよりモダンに見せるポイント。
スーツ10万8000円/ビームスF(ビームス ハウス 丸の内)、シャツ2万3000円/ポール・スチュアート(SANYO SHOKAI)、タイ1万1000円、チーフ4000円/ともにフェアファクス(フェアファクスコレクティブ)、時計77万円/ウブロ

Technique 02 

エレガンス添えにスカーフをサラリ

グレースーツを着流す際も、インナーは黒のニットで締めるのが基本。そこにもう少し色気を添えたい時は、黒の柄スカーフを。結び目は作らず襟元に挿すだけのシンプルな添え方が都会的です。
ニット1万5000円/ムッシュ ニコル(ニコル)、スカーフ7800円/アルテア(アスティーレ ハウス)
PAGE 3

Technique 03 

メタルはシャープなシルバー系

メタルの小物はシルバー系が好相性。なので大人の腕元に欠かせないリッチな時計、加えてジュエリーもホワイトゴールドやSSケースを。黒のポイントがあれば、よりシャープな印象を演出できますよ。
時計77万円/ウブロ、リング19万5000円/フレッド

Technique 04 

目元にはシルバー×黒のメタルな感じ

目元にはリッチでクールなメタルが効いたアイウエアを。ここでもメタルパーツの色味はシルバー系、セルパーツは黒系を選ぶのが、グレースーツに合わせる際のお約束。
メガネ4万5000円/トレミーフォーティエイト

Technique 05 

足元は端正な黒のドレスシューズ

当然、足元も黒のドレスシューズとなります。シルバーのバックルがあしらわれたダブルモンクならメタルのクールな輝きにより、さらにモダンで都会的な雰囲気が強調されるというわけです。
靴16万3000円/エドワード グリーン(ストラスブルゴ)
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ 

アスティーレ ハウス 03-3406-7007
ウブロ 03-5635-7055
SANYO SHOKAI(ポール・スチュアート) 0120-340-460
SANYO SHOKAI(マッキントッシュ ロンドン)0120-340-460
ジョイックスコーポレーション 03-3486-7231
ストラスブルゴ 0120-383-563
デザインワークス ドゥ・コート銀座店 03-3562-8277
トレミーフォーティエイト 0120-484-804
ニコル 03-5778-5445
ビームス ハウス 丸の内 03-5220-8686
フェアファクスコレクティブ 03-3497-1281
プルーム 03-5793-3224
フレッド 03-3263-9413
ラ ガゼッタ 1987 青山店 03-5468-5330
リーミルズ エージェンシー 03-5784-1238
レナウン プレスポート 03-4521-8190

この記事が気になったら、こちらもどうぞ

本誌10月号では、まだまだアイコニックな着こなし・アイテムをご紹介中。チェックはこちらから

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL