2021.09.20

いま、モテるデニムは“ちょいシック”

デニムはカジュアルアイテムの代表格ですが、だからこそ大人には大人の選びが重要です。その点、上品さが薫る“ちょいシック”なデニムなら、街ブラから一流ホテルまで、さまざまな場面において魅力的な自分を演出できますよ!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/前田 晃(maettico) スタイリング/村上忠正、吉野 誠、小野塚雅之 ヘアメイク/MASAYUKI(The VOICE) 文/竹石安宏(シティライツ) 撮影協力/ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜

本来のラフさや自由さに偏らず、上品さや抑制を利かせたちょいシックなデニムのほうが、いまは断然モテるというのがLEONの最新の見解。しかもそのカジュアルすぎずキメすぎない絶妙な雰囲気は、街ブラデートから一流ホテルまで幅広く溶け込みデニム特有のこなれ感が、どんなシーンでも場慣れしたように見せてくれる懐の深さも発揮します。

それはこれまでさまざまなデニムに脚を通し、大人の品や控えめさも身につけた我々オヤジだからこそ似合う、最新のモテるデニムなのですよ。

◆ サンローラン

抑制の利いたシックなデニムとはこういうこと

▲ 男性●デニム9万3500円、ジャケット36万3000円、ニット15万4000円、サングラス5万2800円、ベルト6万8200円/すべてサンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ(サンローラン クライアントサービス) 女性●ジャケット36万3000円、パンツ13万2000円、ブラウス13万2000円、タイ2万7500円、ベルト5万7200円、バッグ25万8500円、ブーツ26万9500円/すべてサンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ(サンローラン クライアントサービス)
軽やかなハワイアンブルーに色落ちさせたスリムフィットの一本は、クセのない端正なシルエットでジャケットとも好相性。デニムのこなれ感がありながら、ジャケットの上品さでホテルでも十分サマになる雰囲気。気張っていない感じが絶妙で、むしろ場慣れ感はグッと増して見えるのです。

まず押さえるべきポイントはこれ!

こんなこなしがちょいシックの基本です

本来ラフで自由なデニムに抑制を利かせることで、いまどきのバランス感を備えたシックな大人の装いへと変貌させるのが、ちょいシックなデニムの趣旨。そこでまず重要なのが、こなし方、つまりコーディネートアイテムや細部のあしらいを吟味することです。

なぜなら、ベーシックの代表格でもあるデニムは、こなし方次第でガラリと雰囲気が変わるから。てなわけで、ここではちょいシックなデニムの基本となるふたつのこなしをご紹介します。

【1】 鉄板コーデながらも効果はテキメン

ジャケットを合わせる

上品な着こなしのマストアイテムであるジャケットは、ちょいシックなデニムのこなしの基本。イタリアオヤジの定番合わせである、いわゆるジャケデニですが、デニムのラフさを大人らしく中和させるのにエレガントなジャケットほどの適任はないんですね。次にご説明するデニムの選びさえ決めればどんなジャケットでもOKです。
ベーシックにしてさすがの完成度です
いち早くラグジュアリーなデニムラインを確立した「ドルチェ&ガッバーナ」。レギュラーフィットの本作は美しいテーパードラインがジャケットにドンピシャ。やりすぎない色落ちも◎。デニムとジャケットの相性は、実はデニムのシルエット次第。太さよりも、裾に向けて絞ったテーパードであることが条件です。ジャケットの色柄は不問ですが、シックさを強調したいならダークトーンを推奨。デニム8万4700円、ジャケット37万4000円、ニット12万3200円、靴17万4900円/すべてドルチェ&ガッバーナ(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン)
PAGE 2

【2】 長すぎず短すぎない端正に見える足元

丈はジャストレングス

デニムの裾はワンクッションが王道ですが、ノンクッションのジャストレングスが品良くシックに見せるポイントです。裾がもたつかないゆえダラしなく見えることもなく、また上品な革靴との相性も申し分なし。目安はくるぶしがちょうど隠れるくらいで短すぎても長すぎてもシックさには欠けるゆえNG。
見るからに上品な待望のエクリュデニム
もたつきを抑えてすっきり見える、クラシックストレートモデル『ベン』に、ナチュラルな色合いのエクリュデニムが登場。味わい深い表情ながらストレッチ性も備え、実に快適です。合わせる靴はクラシックかつ上品なレザーシューズが基本であり、ここでもジャストレングスがぴったり。ボリュームのあるスニーカーなどでは、足首ジャストだと干渉してしまうこともありますからね。デニム2万5300円/ヤヌーク(カイタックインターナショナル)、靴8万2500円/エデン(シップス 銀座店)
2021年10月号より
※掲載商品はすべて税込み価格です

■ お問い合わせ

カイタックインターナショナル 03-5722-3684
サンローラン クライアントサービス 0120-952-746
シップス 銀座店 03-3564-5547
ドルチェ&ガッバーナ ジャパン 03-6419-2220

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

      RELATED ARTICLES関連記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON

        いま、モテるデニムは“ちょいシック” | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト