2021.09.14

秋の定番ブルーデニム、狙い目はコレ!

昨今のデニム人気のポイントは、アメカジブームの再燃。となると、やっぱり色落ちデニムが気になるところ。そんな男前な色落ちデニムの中でも、今シーズン注目したいのは淡色ブルーです。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/島本一男(BAARL) スタイリング/笠島康平 文/安岡将文

今狙うべきは、アイスブルーデニムです!

デニスラを筆頭に、大人ファッションにおいてもデニムがスタンダードとなった昨今。そんな中、トレンドアイテムとして改めてデニムが挙げられていますが、今秋はデニム本来のワーク感を楽しめるデニムが人気です。

ワーク感を楽しむとなれば、狙うべきはやっぱりブルーデニム。ラギットなブルーデニムといえば、リジッドや味出しデニムなどさまざまありますが、今回オススメするのは、がっつりインディゴが洗い落とされた、アイスブルー。

アイスブルーデニムは、インディゴブルーを濃く残したメリハリのある色落ちよりも、印象がさわやかだったりします。その理由は、トーンの明るさに加え、ヒゲやパッカリングといった無骨すぎる要素が目立ちにくいから。だから、ハイゲージのニットなんて上品なトップスも、意外に似合ってしまうんです。

ヴィンテージデニムが人気の中とあって、無骨感満載なメリハリ色落ちも楽しみ時ですが、無骨感もさわやかさも兼ね備えた淡色ブルーデニムも、バリエとして持っておくと結構便利ですよ。
PAGE 2

◆ PTトリノ デニム 

大人の色落ちデニムにおける理想です

▲ 3万6300円/PTトリノ デニム(ビームス 六本木ヒルズ)
浅めの股上、そしてスリムテーパード。サイドのパッカリングしかり、ハードな色落ちを見せるデニムパンツにおいても、その美脚へのこだわりは健在です。モデル名は「スウィング」。スリムですがストレッチを効かせ生地もライトオンスとあって、はき心地は意外にリラックス。

◆ アクネ ストゥディオズ 

無骨というよりむしろスタイリッシュです

▲ 3万9600円/アクネ ストゥディオズ(アクネ ストゥディオズ アオヤマ)
ポケットの内側にインディゴを残す程度で、かなりライトな色落ちを披露するこちら。シルエットはスリムテーパード。膝下にかけてのシュッとしたナローなラインは、色落ちこそヴィンテージ顔なれど、クリーンなジャケットもこなしてしまう洗練さがにじみます。
PAGE 3

◆ マディソンブルー 

男前感がもっと欲しいならちょい太めで

▲ 4万6200円/マディソンブルー
あくまで無骨さを楽しむなら、こんな土っぽい色落ちがオススメ。その名も「ニューボーイフレンドデニム」。やや太めのストレートで、サイドのパッカリングやカッパーリベット、中盛りベルトループなど、ワークな要素が随所に。とはいえ、淡色ブルーにはリラックス感も。

◆ ハリウッド ランチ マーケット 

この抜け感がイマドキなリラックス感を

▲ 2万8600円/ハリウッド ランチ マーケット
定番モデルの「PP58」にハードな加工をかけたコチラ。ヒップや太ももにはゆとりを持たせながらも、膝下からややテーパードをかけることで野暮ったさを回避。赤耳の採用やボタンフライのアタリも演出するなどヴィンテージ感をのぞかせながら、意外にスッキリしたはき姿に。しかもこのジーンズ、環境負荷低減に配慮した繊維加工の安全認定“倉敷染”を採用してるから、人や環境に優しいんです。
※掲載商品はすべて税込み価格です

■ お問い合わせ

アクネ ストゥディオズ アオヤマ 03-6418-9923
ハリウッド ランチ マーケット 03-3463-5668
ビームス 六本木ヒルズ 03-5775-1623
マディソンブルー 03-6434-9133

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL