• TOP
  • FASHION
  • お洒落の達人に質問!「アナタのシャツテク教えてください」

2018.07.24

お洒落の達人に質問!「アナタのシャツテク教えてください」

お洒落な人の着こなしにはルールとテクニックがあるもの。今回イタリアのファッションブランドのディレクターを務める3人に、その秘密を聞いちゃいました!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/人物・福本和洋(マエティコ)、静物・蜂谷哲実、スナップ・Massi Ninni スタイリング/吉野 誠 ヘアメイク/MICHI! コーディネート/Kaz Yamaguchi 文/竹内虎之介、竹石安宏、持田慎司 写真協力/アフロ

2018年8月号より
お洒落な大人のスタイルはテクニックとマイルールでできています。それはシャツスタイルでも然り。だったら、それをこっそり聞き出し、ちゃっかり拝借しちゃいましょう!ということで、お洒落上手なイタリアオトコの自慢のシャツテクを一挙公開します。

Technique 01 

ボタンを3つ開け、腕捲りで、出せる色気は全部出す

この人に聞きました!!

ドメニコ・ジャンフラーテさん 「PT01」ディレクター

素肌にシャツ、フロントボタンは3つ開け、そして仕上げに腕捲り。と、出せる色気は全部出すのが「PT01」ディレクターのドメニコ流夏シャツスタイル。「女性同様、男だって胸元を開放すれば色気が出る」が彼の持論です。

◆ インディビィジュアライズド シャツ 

上質な開放感を味わえる開襟シャツ

シャツ2万6000円/インディビィジュアライズド シャツ(ユーソニアン グッズ ストア)、パンツ4万5000円/PT01(PT JAPAN)、メガネ3万2000円/TVR(オブジェ・イースト)、ブレスレット3万6000円/リンクス オブ ロンドン(リンクス オブ ロンドン青山店)
ドメニコさんのテクを拝借したオープンカラーシャツのこなしがコチラ。アメリカの名門シャツブランドによる、ちょいルーズフィットのオープンカラーシャツを選びました。確かな作りをユルリなサイズ感で味わえる、上質な開放感が魅力。上半身で肌を見せている分、パンツはシックなものを合わせましょう。
PAGE 2

ポケシャツのインナーにジレを挟んでエレガント増し

この人に聞きました!!02

アレッサンドロ・スクアルツィさん 「ショールーム アレッサンドロ スクアルツィ」代表

昔からとにかくジレが大好きだというファッショニスタのアレッサンドロさん。夏のシャツスタイルにも合わせているそう。でも、シャツの上ではなくTシャツの上。で、ポケシャツをアウター代わりに羽織るのです。

◆ メッサジェリエ 

タフにして夏らしいカモフラ柄ジレ

ジレ3万6000円/メッサジェリエ(WAKO&CO)、Tシャツ1万3000円/チルコロ 1901(トヨダトレーディング プレスルーム)、デニム3万6000円/リプレイ(ファッションボックスジャパン)、サングラス5万3000円/トムブラウン アイウェア(DITA 青山本店)、ブレスレット52万円/フレッド、時計295万円/フランク ミュラー(フランク ミュラー ウォッチランド東京)
リゾーティなボタニカル柄を男らしさ溢れるカモフラージュパターンに落とし込んだオリジナル柄のコットン製ジレ。製品洗いと加工による味わい深い表情にもタフなヴィンテージテイストが漂います。
PAGE 3

海リゾートでドレスシャツをカーデ感覚でこなす

この人に聞きました!!03

マリオ・ステファノ・マランさん 「バグッタ」ブランド・ディレクター

ショーツで海、そんな時もTシャツではなくシャツを着るのが「バグッタ」ブランド・ディレクター、マリオさんの流儀。しかも、上質なドレスシャツをあえてクシャクシャッと羽織るのです。そのギャップがセクシーなんですね。

◆ バグッタ 

進化する老舗の王道白シャツ

シャツ2万2000円/バグッタ(トレメッツォ)、ショーツ2万5000円/ポロ ラルフ ローレン(ラルフ ローレン)、靴1万5800円/ディーゼル(ディーゼル ジャパン)、サングラス1万7000円/オークリー(オブジェ・イースト)、グラスコード2000円/トニー タイズサン(デコラ)、バングル63万円/シンパシー・オブ・ソウル(買えるLEON)、時計155万円/クストス(フランク ミュラー ウォッチランド東京)、その他はスタイリスト私物
1975年創業のイタリアの老舗にして、いまなお進化を続けるバグッタ。さまざまな生地や襟型を駆使する同ブランドのなかでも、上質なコットンブロード素材を用いた白のドレスシャツは王道中の王道です。

そんな上質シャツを夏の海でボードショーツに合わせるのがポイント。あえてクシャクシャッとラフに羽織るのが色っぽいのです。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

オブジェ・イースト 03-3538-3456
買えるLEON kaeruleon.jp
ディーゼル ジャパン 0120-55-1978
DITA 青山本店 03-6433-5892
デコラ 03-3211-3201
トヨダトレーディング プレスルーム 03-5350-5567
トレメッツォ 03-5464-1158
PT JAPAN 03-5485-0058
ファッションボックスジャパン 03-6452-6382
フランク ミュラー ウォッチランド東京 03-3549-1949
フレッド 03-3263-9413
ユーソニアングッズストア 03-5410-1776
ラルフ ローレン 0120-3274-20
リンクス オブ ロンドン青山店 03-3408-4509
WAKO&CO 06-6263-8188

この記事が気になった方は、こちらもどうぞ

この夏、まずはユルッな白シャツを一枚!
男のおしゃれの基本アイテムたる白シャツ。だからこそ、アップデイトが欠かせないんですね。少しユルめシルエットで、即いまどきです。

超簡単! 青と白の小物だけで爽やかな夏の着こなしの完成です
夏を感じさせるカラーといえば、青と白! それを着こなしと小物使いに取り入れると、簡単に爽やかな夏スタイルが完成するのです。

なぜ"夏にシャツ"がモテるかご存知ですか?
真夏になると、涼しさを求めてついTシャツにはしりがちですが、シャツには大人にうれしい4つの効果があるのです。

肌着に見えたらアウト! あなたのチラ見せTシャツ、大丈夫?
シャツやカットソーの下からチラリと白Tシャツをのぞかせる着こなし、皆さん当たり前のようにしていますよね。実はこのときの白Tシャツ選びにも基準があるのです。

本誌8月号では、夏シャツの情報をさらにお届けしています。 チェックはこちらから!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        お洒落の達人に質問!「アナタのシャツテク教えてください」 | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト