• TOP
  • FASHION
  • ランニング系スニーカーを大人にこなす方法

2021.09.14

ランニング系スニーカーを大人にこなす方法

楽チンで快適ゆえ、ランニング系スニーカーをヘビロテする方も多いかと。でも、一方でスポーティさ、子どもっぽさを避けたいジレンマもありますよね。そこで選びたいのが、やんちゃな派手めデザインに振り切ったソレ。洋服とのコーディネートも交え、その活用法をご紹介します!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/鈴木泰之(Studio log) スタイリング/四方彰敬 ヘア/Takuya Baba(SEPT) 文/T.Kawata

キメすぎでもルーズでもない、ほどよいユルさと艶(=上品さ)を併せ持った“ほどユル艶あり”なスタイル。それこそが、イマドキで好感度の高い「シン大人カジュアル」です。

では、それをどう体現するか? あらゆる視点から考えてみました。

ランニング系はちょっと“やんちゃ”なぐらいがいい

クッション性抜群でラクチン。それだけにランニング系スニーカーは、ついついヘビロテしてしまいますよね。だからといって、完全無欠かといえば、さにあらず。

「スポーティに見えすぎる」、「少々、子どもっぽい」といった、落とし穴もあるんです。そこんとこを、うまく回避して“ほどユル艶あり”に見せるのが、シン大人カジュアルのスニーカー活用法。気になるそのカギは、まず、中途半端ではなく、主張のあるデザイン=やんちゃテイストのモデルを選ぶことにあります。

ランニング系スニーカーは、機能的なだけでなく、ちょい派手なデザインのものも多いでしょ。それを逆手に取って、大人ならではの視点でチョイスするのです。それでスポーティさを払拭しつつ、好感度のあるやんちゃな雰囲気を演出するという算段です。

特に、イタリアブランドのランニング系タイプのスニーカーは、遊びすぎなくらいのデザインが豊作ですから、それを活かさない手はありません。

肝心の装いは、コート系スニーカー同様に、スマートなカジュアルセットアップを推奨いたします。とはいえ、この場合は、やんちゃテイストのスニーカーに負けない柄物を選ぶのが最大のポイント。大人の艶が薫るダブルブレステッドなら、いうことなしです。

では、そんなシン大人カジュアルの好例を、ポイントと合わせて順にご紹介しますので、ご参照くださいまし。
PAGE 2

◆ POINT 1

ほどよいゆとりが、大人の余裕を醸し出します

▲ 靴7万4800円/フィリップモデル(トヨダトレーディング プレスルーム)、ジャケット9万1300円、パンツ4万700円/ともにバレナ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)、Tシャツ1万2100円/マッキアジェイ(三崎商事)、サングラス3万6300円/アイヴァン(アイヴァン 東京ギャラリー)
セットアップのなかでも、選ぶべきはちょいユルなシルエット。これがイマドキの気分とこなれた雰囲気をアピールしてくれます。それだけではありません。ゆとりがあることで、アウトソールにボリュームのあるランニングタイプのスニーカーとも、好相性ってわけです。

ジャケットは大人っぽさや艶感を盛るために、できればダブルブレステッドを選びましょう。加えて、主張のあるスニーカーに負けず、それでいて、すんなり馴染む柄を選ぶのもポイントになります。悪目立ちしにくくトライしやすいのは、こちらのようなクラシックテイストのチェック柄。
PAGE 3

◆ POINT 2

二度見されるぐらいの主張あるデザインをチョイス

スニーカーは、イタリアブランドを中心としたデザイン性が高いものをチョイスすべし。そこがスポーティさを払拭するポイントになります。それは、やんちゃさと遊び心を効かせることにも繋がりますから、躊躇は無用です。

上は1990年代のストリートシーンからインスピレーションを受けたフィリップモデルの新作。スエードと高密度ナイロンのコンビネーション、シューレースに付いた左右異なるデザインのメタルプレート、大きなハトメなど、随所に個性が光ります。

◆ POINT 3

大人っぽさと遊び心はトップスにも隙なく盛り込む

足元はランニング系のスニーカーを履いていても、ワイドラペル、しかもダブルブレステッドのジャケットを軽快に羽織れるのが、やんちゃな大人の特権です。

着こなしは、ちょっとユルめのサイジングのものを、ボタンを留めずに全開で羽織るぐらいがいい塩梅。できれば、プリントや刺繍などに主張のあるインナーを合わせて遊び心を添えておくと、こなれ感が増しますよ。
PAGE 4

◆ 推しのランニングタイプ その1 「トッズ」

上質感、デザイン性ともに文句なしのバランス

▲ 9万7900円/トッズ(トッズ・ジャパン)
伸縮性のあるテクニカルニットや異なるレザーをマルチカラーで組み合わせた個性派がこちら。アッパーのサイドを走るシューレースをクロスしていくレース使いも実に斬新です。

ストローベル製法による、屈曲性、軽量な仕上がりは、一度履けば止められなくなること間違いなし。形状記憶性能のあるインソールと相まって、最高の履き心地を味わえますよ。

◆ 推しのランニングタイプ その2 「プレミアータ」

お洒落のついでに背が高く見える利点もアリ

▲ 4万700円/プレミアータ(ウエニ貿易)
目を引くボリューミーなソールは、インソールを含め、なんと約6cmの厚み。色使い、ナイロン×スエード×レザーのコンビネーション、ソールのスタンプなどなど、プレミアータならではの凝ったディテールが目白押しです。

今回ご紹介のモデルは人気シリーズ「マセ」の新作。タンに「マセ」のロゴが入るうえ、専用ボックス付きなのも嬉しい限り。
PAGE 5

◆ 推しのランニングタイプ その3 「ボイル ブランシェ」

大人向き上品カモフラ柄の決定版

▲ 4万7300円/ボイル ブランシェ(WAKO&CO)
ヒールにかけて高さをつけたテクニックミッドソールを搭載した意欲作。かかとの巻き上げからつま先の反りあがりで体重移動が自然にできるソール設計により、歩きやすさは極上です。

レトロ感溢れるアッパーのデザインと、摩擦や型崩れに強いゴートスキンの組み合わせなど、機能、デザインともに満足度が高い一足。うっすら見えるカモフラ柄とオレンジの挿し色もポイントです。
※掲載商品はすべて税込み価格です

■ お問い合わせ

アイヴァン 東京ギャラリー  03-3409-1972
ウエニ貿易 03-5815-5720
トッズ・ジャパン 0120-102-578
トヨダトレーディング プレスルーム 03-5350-5567
三崎商事 03-5520-5011
ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店 03-5772-5501
WAKO&CO 06-6263-8188

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        ランニング系スニーカーを大人にこなす方法 | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト