• TOP
  • FASHION
  • カタチで印象が全然変わる!? サングラスの大人な使い分け術とは?

2018.06.19

カタチで印象が全然変わる!? サングラスの大人な使い分け術とは?

陽光が日増しに強くなるこれからの季節の必需品であり、夏のお洒落のキーアイテムでもあるサングラス。なかでもこの夏押さえたいのが、定番であり、近年のトレンドでもある3大クラシックシェイプ。グラサン上手なお洒落上級者をお手本に、今夏はサングラスで印象を変えてみてはいかが?

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/蜂谷哲実(hachiya studio) スタイリング/稲田一生 文/竹石安宏 編集/長谷川茂雄

写真:Photofest/アフロ

ウェリントン、ラウンド、ボストンを使い分けてこそ大人

近年の“クラシック回帰”というファッションの大きな流れのなかで、あらためて脚光を浴びているクラシックシェイプのアイウエア。とくにウェリントン、ラウンド、ボストンという3大シェイプはメガネ、サングラスに限らず人気であり、定番を超えたトレンドとなっています。まあ、トレンドであることはさておき、小誌としては以前からモテるアイウエアとして注目してきたわけで。

どれも定番ゆえ誰もが活用しやすいですが、それぞれの特徴と効能を熟知し、スタイルやシチュエーションによって使い分けてこそ、洒脱に抜きん出れるってもの。それはミュージシャンやアーティスト、ムービースター、さらにはイタリアの伊達男たちの見事なサングラス姿を見ても明らかなんですね。

てなわけで、彼らが伊達にこなすクラシックサングラスを参考に、それぞれのシェイプがもたらす効能と着用術を検証してみましょう。夏の最重要小物であるサングラスを制する者は、モテるサマースタイルを制するといっても過言ではないのですよ。

1. ウェリントン型で無骨さとクールさをプラス

クラシックシェイプ流行の火付け役ともいえるウェリントン。いわゆる逆台形のシェイプであり、リムの上辺のほうが下辺よりも長いのが特徴です。

シェイプが直線的なものから曲線的なものまでありますが、総じて言えるのが男らしくてクールな印象があること。ちょい不良っぽいところがありながらも、どこか知的さを感じさせるのもウェリントンならではです。

1950〜60年代に大流行し、ビートニクやヌーヴェルヴァーグ、ポップアートといった当時の新しいカルチャーの担い手たちが挙って愛用しました。そのひとりがプロテストソングの旗手として、社会に反旗を翻したボブ・ディランだったんですね。いわゆる“黒眼鏡”の典型である、斜に構えたニヒルで骨っぽい男を演出する永遠の定番サングラスです。

NEXT PAGE2/ 6

ノーベル文学賞受賞のあの人もウェリントン好き!

[ボブ・ディラン]

写真:GRANGER.COM/アフロ
ギター一本で社会の矛盾を糾弾するプロテストソングの旗手であり、カウンターカルチャーの先導者。1960年代に世に出た、そんな若きボブ・ディランの反骨精神を体現していたのがまさにウェリントンシェイプのサングラスでした。

細身のブラックスーツに黒セルのウェリントンがトレードマークだった当時のディラン。含蓄に富む文学的な歌詞により、混迷する時代に示唆を与えた知的なクールさは、そんなスタイルによって印象付けられたってわけです。

いまの主流はボリュームのあるセル仕様

近年はメタルよりも、厚みがあってボリューミーなプラスチックタイプのウェリントンが主流。なかでもカラフルなプラスチックではなく、黒セルやべっ甲調などクラシックな素材を選ぶとより骨太さが表現できます。いずれも存在感があるので、一発で表情がキマりますよ。
[右]3万3000円/アヤメ
[左]3万3000円/オリバー ゴールドスミス(デコラ)
[右]やわらかな曲線と程よいボリューム感に、フランスのヴィンテージウェリントンを思わせる上品さが漂うモデル「キティ」。日本屈指の職人による丁寧な磨きの美しさも魅力です。[左]ココンチの定番ウェリントン「コンスル S」のサングラスバージョンである「コンスル g」は、シェイプをやや大ぶりにアレンジ。シンプルなヴィンテージテイストで合わせる装いを選びません。

NEXT PAGE3/ 6

クールな着こなし実例をご紹介

イタリア男のサングラス活用術をチェック![ウェリントン編]

2. キャラ立ちとやわらかな印象をもたらすラウンド型

ラウンド、つまり丸型はアイウエアの原点であり、ある意味もっともクラシックなシェイプです。それこそメガネが誕生した中世から存在するカタチなわけですが、まん丸なレンズにはチャーミングかつユーモラスな印象があり、大人の風格を中和する効果があるんですね。

つまり近づきがたい雰囲気を和らげ、柔らかで親しみやすいキャラを掛けるだけでつくれるってわけ。そんなラウンドサングラスで忘れられないのが、名作映画『レオン』で凄腕の殺し屋ながらもどこかユーモラスな一面をもつ主人公を演じたジャン・レノです。

さらにどこかモードで近未来的、ミステリアスなイメージがあるのもラウンドならでは。とにかく相手の印象に残りたいときのキャラ立ちに、ラウンドサングラスはうってつけなのですよ。

[ジャン・レノ]

写真:Shutterstock/アフロ
冷徹な殺し屋でありながら、飄々としてユーモラス。そして動物や子供を愛する、心根のやさしい男。そんな映画『レオン』の主人公のキャラクターを象徴するといっても過言ではないのが、演じたジャン・レノが劇中で掛けていたメタルのラウンドサングラスです。

彼は劇中だけでなく、プライベートでもラウンドサングラスを愛用。厳つい大男でもその実チャーミングで親しみやすい、ジャン・レノのキャラを代弁するトレードマークともなっています。

NEXT PAGE4/ 6

キャラ立ち狙いなら断然ラウンド型!

メタルとセルでキャラ立ち具合も変わる

ラウンドサングラスはメタルとセル、双方で提案されているのが現状。で、素材によりキャラの方向性が絶妙に変わってきます。メタルは近未来的でユーモラス、セルはモード風味でチャーミング。こうした素材ごとのキャラを装いとシチュエーションに応じて使い分けるのが肝要かと。
[上]5万9574円/ジャックマリーマージュ(デコラ)
[下]3万7000円/ネイティブサンズ(ザライト)
[上]フランスの文豪から着想したモデル「スタンダール」。10mm厚のアセテートを用いており、存在感満点です。矢じり型の飾りはスターリングシルバー製でラグジュアリーな雰囲気も。 [下]元ディータのトミー・オガラ氏が手掛けるブランドの一本。ローズゴールドカラーのチタンとブラウンレンズがなんともシブ艶です。

イタリア男のサングラス活用術をチェック![ラウンド編]

NEXT PAGE5/ 6

ポップアートの帝王が愛したのもボストン型

3. ボストン型は知的で都会的な表情を演出

諸説ありますが、米国マサチューセッツ州ボストンで流行したことから、やがてその名をとって呼ばれるようになったというボストンフレーム。ウェリントンとラウンドのちょうど中間的なシェイプであり、丸みのある逆三角形であることからよく逆おにぎり型なんていわれます。

印象的にも中庸で、柔らかい柔和さと知的で都会的な雰囲気を併せもち、しかもクセがなくて掛けやすいのが利点。ゆえに昔から多くのファッションアイコンや文化人によって愛用されましたが、そのひとりがポップアートの帝王アンディ・ウォーホルだったんです。

アクの強いクラシックサングラスはどうも苦手、なんて方も、ボストンならコーディネートやシーンも選ばず、サラリと掛けこなせるはずですので、ぜひ一度お試しくださいな。

[アンディ・ウォーホル]

写真:Photofest/アフロ
アートの概念を覆したアンディ・ウォーホルは、生粋のファッショニスタでもあり、生涯を通してさまざまなサングラスを愛用したことでも有名。なかでも印象深いのがボストンサングラスです。

ウォーホルの物腰が柔らかいナードさと、文化人らしいインテリジェンス溢れるスノッブな雰囲気は、まさにボストンシェイプの印象そのもの。男らしさ一辺倒になりがちなサングラス選びにあって、そんなウォーホルのボストン活用術は大いに参考になるかと。

NEXT PAGE6/ 6

よりモダンに見せるならコンビタイプを!

遊び心を加えるなら色つきレンズやコンビタイプ

クラシックサングラスのなかではもっともバリエが幅広いボストン。セルからメタル、コンビ、さらにレンズカラーも豊富に揃っており、好みに合わせて選べます。なかでもコンビフレームやカラーレンズはクラシックになりすぎず、モダンな遊び心も演出できるゆえオススメです。
[上]3万9000円/グローブスペックス(グローブスペックス エージェント)
[下]3万円/モスコット(モスコット トウキョウ)
[上]ココンチの創業者、岡田哲哉さんが手掛けるオリジナルモデル「リアム」は、ヴィンテージを現代的なバランスと機能でモダナイズ。グリーンセルとゴールドテンプルの組み合わせが洒脱です。 [下]昨年登場のボストンフレーム「ビリック」は、角が強調されたリムが都会的。滑り止め付きのパドルテンプルで掛け心地も申し分なし。

イタリア男のサングラス活用術をチェック![ボストン編]

■ お問い合わせ

アヤメ 03-6455−1103
デコラ 03-3211-3201
グローブスペックス エージェント 03-5459-8326
モスコット トウキョウ 03-6434-1070
ザライト 03-6447-2666

サングラスの記事が気になった方は、こちらをどうぞ!

いま注目のオープンカラーシャツ。その種類と違いを知ってますか?
この春夏、トレンドのど真ん中でもあるオープンカラーシャツ。多彩なデザインそれぞれのルーツを知ることで、着こなしに深みが出るのですよ。

ポロシャツを着るとオジサン化してしまう・・・。解決方法、教えましょう!
ポロシャツって、ともすればオジサンっぽい。では、オジサン臭くない、イケてるポロシャツの定義って何でしょう?

人気のGジャンですが、その違いはご存じでしょうか?
いまGジャンはまさに旬ですが、ジーンズほど知られていないのも事実。てなわけで、歴史やモデルの違いなどGジャンのアレコレをご紹介します!

大人がお洒落にキマるニットTシャツ5選
ニット素材のTシャツは、安く見えしないし透けないし、しかも上品。だから大人の夏のTシャツは、ニット素材で決まりです!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事