• TOP
  • FASHION
  • スラックスをおじさんに見せない、着こなしのコツ

2018.05.22

スラックスをおじさんに見せない、着こなしのコツ

軽装=ラフになりがちな夏コーデですが、スラックスならあくまで上品にまとまります。そんな大人の懐刀の、今期的アップデート方法教えます。

CATEGORIES :
CREDIT :

写真/蜂谷哲実(hachiya studio) スタイリング/四方章敬 文/安岡将文

大人のオフスタイルはスラックスの使い方で明暗が分かれるんです

シンプルな服装になる季節は、どうにも印象がラフになりすぎるきらいが。そんな時、アイテムひとつで瞬時に大人の上品コーデに格上げしてくれるのが、スラックスです。大人パンツの定番ではありますが、とはいえシーズンごとにシルエットやディテールなどは、微妙な変化あり。ビジネスコーデを引きずったオジサンの休日コーデにならないよう、今回はトレンド性を鑑みつつ、定番色のグレー・ホワイト・ネイビーの3本を使った着こなしのポイントをご紹介します。

● STYLE 01 

ビジネスでド定番のグレーこそ、あえてスポーティに

コーチジャケット5万2000円/ハンティング・ワールド(ハンティング・ワールド帝国ホテル店)、Tシャツ1万円/ジョン エリオット(サザビーリーグ)、パンツ5万2000円/ロータ(リング東京店)、サングラス4万7000円/アイヴァン 7285(アイヴァン 7285 トウキョウ)、時計88万円/クストス(フランク ミュラー ウォッチランド東京)、靴2万4000円/エーエムビー(ハイブリッジ インターナショナル)
ド定番がゆえに陥りがちな“スーツの組下の流用”感。ちゃんと休日顔に見せるには、コーチジャケットやスニーカーを合わせて、いっそ対極的なスポーツミックスに振り切りましょう。1プリーツのベルトレスタイプのゆとりあるヒップ周りは、意外にもストリートなスポーツミックスと好相性。ただし、色に関してはモノトーンでスラックスに寄せた都会顔に留め、あくまで大人顔に。

NEXT PAGE2/ 3

春夏の超定番白スラックスを今季的に履くなら? 

●  STYLE 02 

爽やか白パンは、脱マリンカラーでエレガンスリゾートに

ニット2万7000円/ラッド バイ デメリー(サザビーリーグ)、パンツ2万9000円/ピーティーゼロウーノ(PT JAPAN)、サングラス3万6000円/ネイティブサンズ(ザライト)、ベルト1万4000円/ダミーコ(バインド ピーアール)、時計470万円/フランク ミュラー(フランク ミュラー ウォッチランド東京)、靴1万7000円/カスタニエール(ハイブリッジ インターナショナル)
夏スラの定番といえば、クリーンで爽やかな白。休日なら、ゆとりのある2プリーツのテーパードが適任です。リゾートコーデにおける王道はネイビーやブルーとのマリンカラーですが、エレガントを狙うならコロニアル系と。寒色じゃなくあえて暖色系でまとめることで、いかにも爽やかさを主張するのではなく、落ち着きのある大人のリゾートスタイルを演出できるのです。

NEXT PAGE3/ 3

 黒スラもいいけど春夏に履くならネイビー!?

●  STYLE 03 

脱・黒スラの急先鋒は、若々しいネイビーで

ジージャン4万8000円/カンタータ(カルネ)、Tシャツ7800円/スローン(スローン)、パンツ?万????円/ジェルマーノ、ベルト1万4000円/ダミーコ(ともにバインド ピーアール)、サングラス3万6000円/ネイティブサンズ(ザライト)、時計205万円/フランク ミュラー(フランク ミュラー ウォッチランド東京)、靴10万円/ジェイエムウエストン(ジェイエムウエストン 青山店)
黒スラも良いですが、そろそろネイビーが気になるころ。特に夏のアクティブに過ごす休日には、やはりマリンカラーの軽快さが欲しくなるところです。爽やかにして引き締まった印象のネイビーは、若々しく見える効果も。Gジャンに白のクルーネックを合わせれば、その効果も倍増です。ラフですが、こんなカノニコ社製の上質な生地を使ったスラックスなら、品良くまとまります。

■ お問い合わせ

アイヴァン 7285 トウキョウ 03-3409-7285
カルネ 03-6407-1847
サザビーリーグ 03-5412-1937
ザライト 03-6447-2666
ジェイエムウエストン 青山店 03-6805-1691
スローン 03-6421-2603
ハイブリッジ インターナショナル 03-3486-8847
バインド ピーアール 03-6416-0441
ハンティング・ワールド帝国ホテル店 03-3501-7080
PT JAPAN 03-5485-0581
フランク ミュラー ウォッチランド東京 03-3549-1949
リング東京店 03-3497-5577

「春夏のスラックス」が気になった方は、こちらの記事もどうぞ

カーディガンを凡庸に見せない、大人な3段活用術とは?
この時期、夜の冷え込みやクーラー対策で出番が増えるのが脱ぎ着がラクなカーディガン。着込んで良し、巻いてグッドなカーデスタイルを、3つに絞って披露いたします。

いま大人がデニムシャツに注目するべき、そのワケとは?
今欲しいのは、ちょいアメリカンなデニムシャツ。インナーにもアウターにも使えて、この夏ヘビロテの予感です!

春夏の新定番!? カーデ感覚で羽織れる"ゆるジャケ"とは?
薄着の季節が本格化したとはいえ、大人にはいつでも上品に見えるスタイリングが必須。上品なのに気軽で便利な“ゆるジャケ”がいまの新定番です。

平凡な白シャツをお洒落に見せる3つの方法とは?
春夏のド定番たる白シャツは、格好よくキマるも平凡に終わるも合わせ方次第。いま最も洒落て見える白シャツの装い方×3をレクチャーします!

特集【お洒落なオトコは定番上手!】
この春夏のお洒落をアップデイトしてくれる大人の最新定番をたっぷりお届けする特集です。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事