• TOP
  • FASHION
  • デニムシャツ×ジャケットの大人な着こなしのコツとは?

2018.05.24

デニムシャツ×ジャケットの大人な着こなしのコツとは?

デニムシャツはそのまま着るだけでなく、インナーとしても大活躍! しかもアメカジではなく、ドレスな着こなしのハズしアイテムとして使うのがキモなのです。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/人物・生田昌士(まきうらオフィス)、静物・蜂谷哲実(hachiya studio) スタイリング/四方章敬 ヘアメイク/松本和也(W) 文/竹内虎之介(シティライツ)

2018年6月号より
"デニムシャツ"はその名の通り、デニムとはいえシャツですからインナー使いできるのは当たり前。でもまんまアメカジのインナーにしないのが大人の作法。インナー使いする際はスーツやジャケットに合わせてドレスにキメる。そのほうが大人っぽいうえキメとヌキのクロスオーバー感もしっかり演出できるのです。

Style 01 スーツのインナーとして

ヴィンテージの味わいとシャープさを融合した一枚

デニムシャツ6万3000円/ディースクエアード、スーツ15万8000円、スカーフ2万3000円、ベルト3万1000円/靴参考商品、すべてディースクエアード(ディースクエアード 東京)、時計77万円/ウブロ
ヴィンテージさながらのデニム地を用いたウエスタンシャツに丹念な加工を施し、味わい深く仕上げた一枚。それでもなおモダンが薫るところがココンチの手腕です。

スーツのインナーにタフなデニムシャツを合わせると、着流しのヌケ感とはまた異なる、緊張感あるドレスのハズしたスタイルが完成します。首元に色味のきれいなスカーフをサラリと巻いてデニシャツ以外はエレガントにキメる。そのメリハリがシャツの男らしさを強調します。
PAGE 2

Style 02 ジャケットのインナーとして 

名作デニムシャツをクリーンに仕上げたロンハーマン別注

デニムジャケット1万9000円/ラングラー フォー ロンハーマン(ロンハーマン)、ジャケット11万8000円/マディソンブルー、スカーフ2万円/フラテッリ ルイージ、靴3万6000円/ユナイテッドアローズ(ともにユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)、パンツ3万3000円/ペンス(エストネーション)
ラングラーの名品127MWをベースに、すべてのステッチを白に統一した別注モデル。実は胸にオリジナルの刺繍が入っています。

デニムシャツをジャケットに合わせる際もエレガントにキメるのが鉄則。だから首元にはスカーフ、足元はビットローファーで艶っぽい味付けを。白ジャケ&茶パンといったリゾーティな色合わせとも好相性です。
PAGE 3

小物はエレガントでラグジュアリーに

デニムシャツをスーツやジャケットのインナーに着る場合、全体の印象はドレスに仕上げたいので、合わせる小物も当然エレガントでラグジュアリーな選びとなります。とはいえ、あくまでオフのキメスタイルですから、華やぎ感をサラリと添えられるアイテムが最良の選択といえましょう。

サングラスはひとくせあるメタコンを

4万8000円/アイヴァン 7285(アイヴァン 7285 トウキョウ) 
目元にはツーブリッジとクリア素材のメタコンサングラスを。メタルの輝きと透け感で、目元の印象がリッチに仕上がります。

ピンキーリングで手元をさりげなく華やかに

69万円/フレッド
手元にはゴールドのピンキーリングでラグジュアリー足し。デザインはシンプル&ぽってりが好相性です。これひとつでラグジュアリーな雰囲気に。

鮮やかなシルクスカーフで印象華やかに

1万6000円/ピエール=ルイ・マシア(ラ ガゼッタ 1987 青山店)、シャツ2万6000円/ブルーブルー(ハリウッド ランチ マーケット)、スーツ30万円/スティレ ラティーノ(エストネーション)
そして、この着こなしに欠かせないのが首元を彩るキレイなシルクスカーフです。大人の顔周りをパッと華やかにしてくれます。

■ お問い合わせ

アイヴァン 7285 トウキョウ 03-3409-7285
ウブロ 03-3263-9566
エストネーション 03-5159-7800
ディースクエアード 東京 03-3573-5731
ハリウッド ランチ マーケット 03-3463-5668
フレッド 03-3263-9413
マディソンブルー 03-6434-9133
ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店 03-5772-5501
ラ ガゼッタ 1987 青山店 03-5468-5330
ロンハーマン 03-3402-6839

「大人のデニムシャツ」が気になった方は、こちらの記事もどうぞ

いま大人がデニムシャツに注目するべき、そのワケとは?
今欲しいのは、ちょいアメリカンなデニムシャツ。インナーにもアウターにも使えて、この夏ヘビロテの予感です!

特集【お洒落なオトコは定番上手!】
この春夏のお洒落をアップデイトしてくれる大人の最新定番をたっぷりお届けする特集です。

本誌6月号ではデニムシャツの着こなしのほか、最新のバッグ&財布情報もお届け中。チェックはこちらから

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL