• TOP
  • FASHION
  • いま熱い!"デカ"ロゴ入りアイテム選びのポイントとは

2018.05.16

いま熱い!"デカ"ロゴ入りアイテム選びのポイントとは

今期、ロゴ入りアイテムを選ぶなら、でっかいものがオススメです。その潔さがやんちゃさを演出してくれるのです。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/人物・谷田政史(CaNN)、静物・渡辺修身 スタイリング/四方章敬 ヘアメイク/古川 純 文/竹内虎之介、竹石安宏(ともにシティライツ)、いとうゆうじ、持田慎司 

2018年6月号より
インレイであしらわれたVLTNの縦ロゴが強印象を放つ黒のクルーネックニット。デカロゴゆえ一枚でサマになりますから、白のTシャツと黒パンツでシンプルに。ニット12万円/ヴァレンティノ(ヴァレンティノ インフォメーションデスク)、Tシャツ5万円、パンツ7万5000円/ともにヴァレンティノ、バッグ24万1000円/ヴァレンティノ ガラヴァーニ(すべてヴァレンティノ インフォメーションデスク)、サングラス1万5000円/アイヴォル(アイヴァン PR)、時計77万円/ウブロ
ロゴ入りアイテムは好きだけど、なんだか気恥ずかしいような思いもあって、つい遠慮がちに入ったものを選んでしまう……なんて方は多いのでは? もしそうだとしたら、今季はぜひともロゴがデカいアイテムをオススメします。だって、どうせロゴ入りを選ぶならデカいほうが分かりやすいですし、遠慮して入れるくらいならガツンと入っているほうが潔く見えます。その潔さがやんちゃな感じを見事に表現してくれるんですね。

また、大人がデカロゴアイテムを着るときのポイントは2つ。アイテム自体の色は単色か2色まで、そしてシンプルコーデ似合わせること。たとえば上のカットのように白Tに黒パンツとか。シンプルに装うほどロゴが際立ち、効果的にやんちゃとリッチを演出できるのですね。

NEXT PAGE2/ 4

背中にデカロゴが着こなしに効きます 

お洒落アピールも完璧!?デカロゴ入りアイテム

ブランド名がデザインとして成立する時点で、ロゴ入りアイテムは一流ブランドに限られます。それがデカければ、説明不要でリッチな演出ができるということ。つまりは簡単にお洒落アピールができるのです。

◆ 5351プール・オム 

高機能を背中で主張するコラボアイテム

5万9000円/5351プール・オム(5351プール・オム エ ラ・ファム代官山店)
5万9000円/5351プール・オム(5351プール・オム エ ラ・ファム代官山店)
スポルディングの確かな機能性に5351プール・オムのファッション感度をプラスしたスポーツウエアコレクション。アノラックをベースにしたデザインにモードなエッセンスを加え、半袖に落とし込んだ一枚。

フロントはこちら!

前からの見た目はいたってシンプル&スポーティ。主張は背中だけ、といういい塩梅ですね。

NEXT PAGE3/ 4

配色も楽しいパーカはこちらです

◆ トミー ジーンズ 

大胆な白黒の配色もやんちゃなパーカ

1万4000円/トミー ジーンズ(PVHジャパン)
1万4000円/トミー ジーンズ(PVHジャパン)
背面にあしらわれたデカロゴに加え、白と黒だけの大胆な配色やゆるりなルーズシルエットにも、やんちゃなテイストが溢れるフルジップパーカ。黒の腰元がゆったりしたパンツに合わせ、シンプルなモノトーンコーディネートで着こなしたい一着です。

フロントはこちら!

こちらのパーカもフロントはシンプルですが、ドローストリングにも配されたロゴがちょっとしたアクセントになっています。

NEXT PAGE4/ 4

インパクト大なモッズコートも

◆ ラルフ ローレン パープル レーベル 

正統を大胆にミックスしたやんちゃな赤のモッズコート

23万円/ラルフ ローレン パープル レーベル(ラルフ ローレン)
23万円/ラルフ ローレン パープル レーベル(ラルフ ローレン)
モッズコートを鮮やかな赤で仕上げ、スタジャンを思わせるエンブロイダリー入りウールパッチで装飾した、脱力カジュアルな一着。ただし、デザインのすべてに裏付けを備えているところが正統を知る同ブランドの手腕です。

バックはこちら!

背中にはベースボールのユニフォームを彷彿とさせるパッチが。前からも後ろからもインパクト大な一着です。

■ お問い合わせ

アイヴァン PR 03-6450-5300
ヴァレンティノ インフォメーションデスク 03-6384-3512
ウブロ 03-3263-9566
5351プール・オム エ ラ・ファム代官山店 03-3461-1009
PVHジャパン 0120-266-416
ラルフ ローレン 0120-3274-20

「デカロゴ入りアイテム」が気になった方は、こちらの記事もどうぞ

黒のシャカシャカアイテムでスポーティスタイルに差がつく!
スポーティアイテムの人気が高まる昨今。オールブラックでキメるとどことなく不良(ワル)さ漂うスタイルになり、簡単に差別化が図れるのです。

大人のスニーカーは白と黒だけあればいい!?
やんちゃな足元に欠かせないものといえば、軽快で若々しい雰囲気を醸し出してくれるスニーカー。なかでも大人にオススメなのが、リッチな白と黒のソレなのです。

勝負パンツがキメ手!? 大人のドライブコーデ3選
風が心地よい春のドライブデート。ロングドライブを快適に過ごすためのパンツ選びはいうまでもありませんが、さらに行き先を考慮したコーデも大切です。

本誌6月号では、大人カジュアルの最新情報をまだまだご紹介中! チェックはこちらから

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事