• TOP
  • FASHION
  • プロが伝授。大人は夏、どんな靴をどう履くのが正解?【吉野 誠編】

2021.08.04

プロが伝授。大人は夏、どんな靴をどう履くのが正解?【吉野 誠編】

お洒落の基本は足元から。ですが、ついつい夏は、足元から脱力してしまうことが多いかと。大人は“夏靴”をどう選び、どう活用するのが正解か? その答えを導き出すべく、敏腕スタイリストの“夏靴”活用法に注目してみました。今回は、LEONでもおなじみ、吉野 誠さんの夏スタイルに迫ります。

CATEGORIES :
CREDIT :

写真/鈴木泰之(Studio log) 文/長谷川茂雄

夏靴は、ちょいドレスアップでバランスを

多くのファッション誌や広告などをフィールドに、活躍する吉野さん。同氏の“夏靴”は、仕事もプライベートも毎年「サンダルと真っ白なスニーカー」が定番とのこと。

確かに、どちらも誰しもが納得する“夏靴”ではありますが、そのこなし方には、吉野さんならではのルールがあるようです。

「夏は、気がつくと楽な方に流されてしまいます。サンダルと白スニーカーは、リラックスしたムードを演出しやすく、夏にぴったりですが、一歩間違うと単なる脱力スタイルになってしまうので注意が必要です。自分は、適度にドレッシーな要素を“盛る”ことを心がけています」。

なるほど、開放的な夏こそ「気を抜くべからず」というのは一理あります。では、ドレッシーさを加えるには、コツがあるのでしょうか?

「たとえば足元がサンダルで、トップスがTシャツという2つのカジュアル要素があるならば、それを緩和するドレッシーな要素を同じような分量で加えればバランスが取れます」。

そう言われると簡単そうですが、リラックスムードのある夏靴を、ちょっとだけドレスアップしてバランスを取るとは、これいかに……?

百聞は一見にしかず! ということで、わかりやすく実例を見せていただきました。
PAGE 2

◆ 吉野さんの夏靴 #01 「ビルケンシュトックのチューリッヒ」

ソックス合わせ前提で履く不朽の名作

言わずと知れたビルケンシュトックのベストセラー。コルクを使用したフットベッドと足の甲を広く覆うスエードアッパーを配した不変のデザインは、まさにタイムレスな魅力があります。

「もう何足も履き継いできた大好きなモデルです。トング系とは一味違う落ち着いた雰囲気と、何よりソックスを合わせるだけでサマになるデザインは、群を抜いて汎用性が高いです。あらゆるサンダルを履きましたが、結局これが自分の鉄板。特に黒のスエードモデルは、使い勝手がよくて無敵です(笑)」。
PAGE 3

モノトーンを貫いて、あくまでシックに

「チューリッヒに限らず、サンダルを履く時は、必ずソックスを合わせます。なぜなら、それだけで簡単に上品度が上がるから。さらに、(コーディネートの)色数を増やさないのもセオリーですね。できればモノトーンがベスト。そのルールを守るだけで、サンダル履きでも好感度の低い脱力スタイルには見えません」。

言うなれば革靴を履くように、シックにサンダルを履く。それを手軽かつスマートに実践できるのが、チューリッヒだと吉野さんは説きます。
加えて、何気なく合わせているTシャツも、ツボを押さえたセレクトであることも見逃せません。

「まず、白ボディにモノクロプリントなら、それだけでカジュアルさを緩和します。さらに、最近のマイブームでもあるフロントいっぱいに大きくプリントされたフォトTの場合、体型をさりげなく隠せるという効能もあります」。

ちなみに、この日吉野さんが着ていたのは、かのアンディ・ウォーホルの巨大プリントを施したザ・インターナショナル・イメージズ・コレクションのもの。ファッション界でも名高い、写真家ヘルムート・ニュートンの作品をフィーチャーした1枚です。

大きめサイズをタックインするというテクニックも、Tシャツが品良く見えるので、ぜひ参考に。
PAGE 4
時計は、大きなケースが主張するベル&ロスのBR03。夏は、このモデルが最も活躍する季節なのだとか。

「モノトーンの夏スタイルは、どうしても地味になりますから、小物は大きさや形にインパクトのあるものを意識的に着けます」。氏曰く“ちょっとやりすぎかな”くらいがちょうどいい。特にサンダル履きの際は、小物で大人らしさを強調するのが吉となるようです。
チューリッヒの2つのストラップは、ダブルモンクシューズのようなお行儀の良さを想起させます。それがソックス履きと好相性と言われる所以なのかもしれません。

また、ほどよくぽってりとしたフォルムは、「テーパードのかかったくるぶし丈のスラックスと、ボリュームバランスが取りやすい」とのこと。
PAGE 5

◆ 吉野さんの夏靴 #02 「スプリングコートのハイカットキャンバススニーカー」

クリーンさを増幅する雑味のない白スニ

白スニーカーは、あらゆるブランドが展開していますが、吉野さんが一目置くのは、コート系シューズの先駆けとして知られるスプリングコートのもの。今夏は、あえてハイカットをチョイスしています。

「素足でローカットモデルを履くことも多いですが、この雑味のない爽やかなスニーカーの魅力は、ハイカットの方がより活かせることに気がつきまして。今年の夏は、大活躍の予感です(笑)」。
PAGE 6

スーツを合わせるなら遊び心も忘れずに

ダブルのスーツは、プライベートでも仕事でも「よく着る」という吉野さん。その際に白スニーカーを合わせるなら、「ローカットモデルで足首や地肌を見せるよりも、ハイカットの方がラフに見えませんし、スマートにスーツになじませることができます」。

しかも真っ白なキャンバス仕様なら、「重たく見えないので、爽やかさも夏らしさも損なわない」のが利点。

スーツは、イタリア南部の伝統を継承するラトーレのもの。ネイビーは、言わずもがな白スニーカーのクリーンさを引き立ててくれます。
「白スニーカーにネイビースーツを合わせるのは、お手本通りかもしれませんが、クリーンで爽やかなだけでは物足りないので、夏は開放感のある柄や色を加えることも多いですね」。

インナーに着ているのは、古着屋でたまたま出会ったレインスプーナーのヴィンテージシャツ。「ノートルダム大学アメフト部のオリジナルですが、アロハっぽい総柄は、夏スタイルのスパイスにもってこいです」。
PAGE 7
さりげなく腰に巻いたサマーニットも差し色として効果を発揮しています。「白とネイビーという清潔感満点の色合わせの時は、どうしても違う色を差し込みたくなります(笑)。装いがシンプルになる夏は、ニットを装飾アイテムとして活用するのも一興。「好みにもよりますが、柄アイテムより色ニットは使いやすいのでおすすめです」
「スニーカースタイルのドレスアップは、スーツを着た時点で成立していますが、小物に気を抜くとその効果が半減するので、必ずドレス時計を合わせます」。

“あぶみ”を模したケースに特徴のあるラルフ ローレンのスティラップは、チラ見せでも存在感は抜群です。
「ハイカットスニーカーを履く場合に、最もこだわるべきは、パンツの裾幅とレングスです。スプリングコートの場合は、アッパーがスッキリしているので、細身のテーパードパンツでも問題ありません。レングスはくるぶしよりも少し上ぐらいのバランスが理想的」。

ちなみに、太めのパンツをはく際は、ボリューム満点のバスケットボールシューズを合わせることもあるのだとか。吉野流“夏靴ドレスアップ術”、ぜひ、参考にされたし!

● 吉野 誠(よしの・まこと)

1977年生まれの44歳。千葉県出身。LEONのみならず、多くのファッション誌、ゴルフ誌、広告ビジュアルほかで活躍中。テイスト、ジャンルに囚われない幅の広いアレンジコーデが持ち味。ストレス解消法は、もっぱらゴルフ。時間ができると古着店にふらりと立ち寄っては、レインスプーナーを筆頭に、ヴィンテージウエアを買い漁ることも。






この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        プロが伝授。大人は夏、どんな靴をどう履くのが正解?【吉野 誠編】 | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト