• TOP
  • FASHION
  • この夏、大人が履くべき短パンは、何が違う?

2021.07.18

この夏、大人が履くべき短パンは、何が違う?

今年の夏は猛暑ですってね。となると、ショーツの出番が増えることかと。とはいえ、短パンは子どもっぽく見えるのがちょっと……。じゃあ、ちょっと長めに? いえ、それマチガイです。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/島本一男(BAARL) スタイリング/髙塩崇宏 文/安岡将文

今どき、大人の短パンは膝上がイイんです

極力肌を露出しないのが大人ファッションの原則。とはいえ、暑いものは暑い! 休日くらいTシャツ&短パンで涼しく過ごしたいものです。そこで気になるのが、シルエットバランス。前述の原則に従うなら、短パンでも丈がやや長めの方がいい?い え、むしろ逆です。

ビッグシルエットが主流の今、ゆったりしたトップスに膝が隠れるような短パンはバランスが悪いんです。メリハリのないシルエットによりルーズ感が強調され、子どもっぽく見えてしまいます。対して膝上丈はビッグシルエットなトップスとのバランスが良く、肌露出は増えるものの洒落感が勝るんです。さらに、短パン自体もワタリに余裕があるゆったりシルエットがオススメ。ちょっとしたぽってり感が理想的です。

実はコレ、イマドキのアウトドアファッションの鉄板バランス。なので、アウトドア系ブランドで探すと手っ取り早いですよ。
PAGE 2

◆ レミ レリーフ 

ボトムコーデはアクティブ全振りでヨシ

▲ ショーツ2万900円/レミ レリーフ(ユナイト ナイン)、シャツ3万3000円/アスペジ(トヨダトレーディング プレスルーム)、Tシャツ1万4300円/フィルメランジェ、サングラス5万1700円/トム フォード アイウエア(トム フォード アイウエア)、サンダル9900円/キーン(キーン・ジャパン)
ドローコード付きの大型ポケットが、アウトドアな雰囲気を醸し出すコチラ。スポサンとのコーデは、まさに夏キャンプ的です。より街を意識して装うなら、トップスにシャツを合わせるのも手。ゆったりしたオープンカラーシャツとなら、リラックス感がありながら楽チンに終始せず、洒落感をしっかり示せます。

◆ コロンビア 

機能的でシック、大人ショーツの名手です

▲ 7590円/コロンビア(コロンビアスポーツウェアジャパン)
大型かつ2重になったカーゴポケットが自慢のモックヒル ショーツ。ストレッチ性に優れた生地は雨や泥を弾くオムニシールド機能も有するなど、アウトドアブランドらしいスペックを披露します。それでいて、ベージュカラーは実にシックで、街ばきとしてもなじんでくれます。
PAGE 3

◆ グラミチ 

クライミングでも上品さは楽しめるんです

▲ 1万3800円/グラミチ パフォーマンス(インス)
広い可動域を確保するためのショート&ワイドなクライミングショーツは、まさしく理想。それも、こんなホワイトならクリーンかつ上品さもあり。とはいえ、遮熱・接触冷感・吸水速乾性のあるシェルテックとリサイクルポリエステルのレニューをブレンドするなど、機能はしっかり外仕様です。
※掲載商品はすべて税込み価格です

■ お問い合わせ

インス 0120-900-736
キーン・ジャパン 03-6416-4808
コロンビアスポーツウェアジャパン 0120-193-803
トヨダトレーディング プレスルーム 03-5350-5567
トム フォード アイウエア 0120-243-334
フィルメランジェ 03-3473-8611
ユナイト ナイン 03-5464-9976

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        この夏、大人が履くべき短パンは、何が違う? | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト