• TOP
  • FASHION
  • 誰もが着るニットを見違えさせる簡単テクニック3選

2018.02.27

誰もが着るニットを見違えさせる簡単テクニック3選

この時期、ニットは大活躍する反面、ややもすると普通すぎ? もろかぶり?なんて事態にも。ちょっとしたワザが、そんな悩みを解決します!

CATEGORIES :
CREDIT :

写真/人物・谷田政史(CaNN) 静物・蜂谷哲実 スタイリング/四方章敬 ヘアメイク/古川 純 文/竹石安宏(シティライツ)撮影協力/オーバカナル 紀尾井町

2018年3月号より
保温性に優れるインナーにして一枚で着てもキマるニットは、季節の変わり目には特に重宝するアイテム。つまり活躍する機会が多いからこそ、ひと味違った着こなしにこだわり周囲と差別化を図りたいところかと。そこでこれからの季節、ニットスタイルが見違えるこだわりの着こなし術を揃えてみました。どれもさり気ないワザですがLEONが提唱する"微差こそ大差"のモットーどおり、グッと洒脱に見えること間違いなしです。

Technique 01

モックネックのニットにスカーフを巻いてエレガントな見え方に

タートルネックと同様の効能をもつモックネック。さらにモックネックだけがもつ利点というのが、首周りをよりアレンジできる点。で、チビスカーフを首元へ小粋に巻けば、エレガントかつ艶っぽく差別化できるのですよ。ぜひお試しを!

チラ見せ巻きで華やかスポーティに

ニット2万8000円/アナトミカ(アナトミカ 東京)、スカーフ1万3000円/ロバート フレイザー(アイネックス)、サングラス6万4000円/トム ブラウン アイウェア(DITA 青山本店)
モックネックは都会的でスポーティな雰囲気が特徴ですが、チビスカーフをプラスすることで華やかな色っぽさまで漂わせることが可能なのです。ただし、華やかすぎるとモックネックのスマートさが損なわれてしまうので、首元へきっちり巻いてチラ見せするくらいがお洒落な塩梅です。

NEXT PAGE2/ 3

Vネックのニットは 深さに応じて インナーを変える

Technique 02

Vネックのニットは 深さに応じて インナーを変える

どんなアウターにも似合い、チラ見えする胸元に色気まで漂うVネックは、モテるオヤジの定番中の定番ニット。だからこそひとヒネリで差別化を図りたい、という方に試していただきたいのが、Vの深さに合わせたインナー選び。いつものVネックが俄然、お洒落に見違えますよ。

浅めのVには白Tシャツでさわやかに

ニット2万8000円/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー)、Tシャツ8000円/アタッチメント
Vが浅めのニットは颯爽としたスポーティな雰囲気がありますが、それを強調してくれるのが白Tシャツです。Vネックならではの首元の開放感と色っぽさを活かすべく、Tシャツも首周りがちょいユルめのものを選ぶのがコツですよ。

深めのVには白シャツでドレッシーに

ニット2万2000円/サイドスロープ(フォワードアパレルカンパニー)、シャツ4万2000円/カンタータ(カルネ)、クロス22万円、チェーン7万円/ともにシンパシー・オブ・ソウル(S.O.S fp 恵比寿本店)
深めVの魅力はセクシーさ。一枚だと寒々しく見えることもあるのでドレスシャツをイン。ドレッシーな上品さに加え、ボタンを開ければ色気はそのままです。

NEXT PAGE3/ 3

チルデンニットはテクニック満載の一枚です

Technique 03

チルデンニットはテクニック満載の一枚です

ニットが大活躍するこの時季、買い足しするなら イチオシなのがチルデンニット。大本命の最旬アイテムなのに加え、多彩なテクが披露できる高いポテンシャルを秘めたニットなのです。 一枚備えておけば、ニットスタイルで アタマひとつ抜きん出られること間違いなしですよ。

まんまトラッドじゃないヒネリが◎

11万5000円/ラルフ ローレン パープル レーベル(ラルフ ローレン)
チルデンを得意とするココンチの、上質なカシミア×ウールを使用したチルデンニットは、濃紺×白というちょいモードな色使いが特徴的。シャープなシルエットや絶妙なVの深さも洒脱です。

変幻自在のお茶目なライン使い

随所のライン使いが特徴のチルデンニットは、スポーティでちょいお茶目な印象を醸せるのが利点。だからレザージャケットやミリシャツと合わせてもタフになりすぎないんです。
ニット1万2000円/ブルックス ブラザーズレッド フリース(ブルックス ブラザーズ ジャパン)、ブルゾン12万円/デラン(トヨダトレーディング プレスルーム)、パンツ2万9000円/ジェルマーノ(バインド ピーアール)、サングラス6万4000円/トム ブラウン(オブジェ・イースト)
また肩掛けや腰巻きの時も同様の効果が得られ、ラインが洒脱なアクセントにも。首周りと袖口、裾すべてにライン入りを選ぶのがオススメです。
ニットは上と同じ。シャツ1万2000円/トミー ジーンズ(PVHジャパン)、Tシャツ9800円/メルツ ベー シュヴァーネン(アウターリミッツ)、パンツ2万9000円/アントレ アミ(インターブリッジ)

Check Point !

腰に巻いても、ラインが後ろ姿のいいアクセントになるんですね。

■ お問い合わせ


アナトミカ 東京 03-5823-6186
アイネックス 03-5728-1190
DITA 青山本店 03-6433-5892
リーミルズ エージェンシー 03-3473-7007
アタッチメント 03-3770-5090
フォワードアパレルカンパニー 03-5423-6451
カルネ 03-6407-1847
S.O.S fp 恵比寿本店 03-3461-4875
ラルフ ローレン 0120-3274-20
ブルックス ブラザーズ ジャパン 0120-185-718
トヨダトレーディング プレスルーム 03-5350-5567
バインド ピーアール 03-6416-0441
オブジェ・イースト 03-3538-3456
PVHジャパン 0120-266-416
アウターリミッツ 03-5413-6957
インターブリッジ 03-5776-5810

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事