• TOP
  • FASHION
  • お洒落な大人は皆アレがない! モテるライダースの条件とは?

2017.11.08

お洒落な大人は皆アレがない! モテるライダースの条件とは?

無骨なオトコを演出するライダースから装飾を簡素化すると、今の気分にぴったりなラグジュアリーアウターになるのです。

CATEGORIES :
写真/蜂谷哲実(hachiya studio)
スタイリング/四方章敬
文/長谷川剛(04)

オトコの定番、ワルな大人のライダースから無骨なパーツがなくなった?

モーターサイクルの発展と深い関わりを持つレザーブルゾン。その世界的傑作のひとつが1950年代にリリースされたショットのワンスターです。フロントの打ち合わせが深いダブルブレステッド型と複数のジップポケット。それにエポレットと腰ベルトを設けたデザインが当時の若者に受け入れられ、ワイルドスタイルを象徴するアウターとして世に広まりました。

多数のロックスターが愛用したこともあって“反骨精神”のイメージも強い革製ライダースですが、21世紀のオトコたちが着こなすなら、当然アレンジしたものが理想的。着心地を優先したしなやかレザーを使い、各ディテールも“あっさり化”させたものが気分です。特にエポレットや腰ベルトは大袈裟に見えてしまう要因。それらを取り去ったあっさり風味のラグジュアリーライダースが今季の狙い目なのです。

ラグジュアリーなパンツや靴と合わせて硬軟のバランスをとることが肝心

ブルゾン42万2000円/ケド ヴァルミ(ストラスブルゴ)、オリーブニット2万3000円/スローン(スローン)、グレーパンツ2万4000円/ジェルマーノ、ベルト2万2000円/ダミーコ(ともにバインド ピーアール)、黒スカーフ1万3000円/フィオリオ(ユナイテッドアローズ 原宿本店)、シューズ9万2000円/フラテッリ ジャコメッティ(ウィリー)
パッと羽織るだけで若々しいタフな印象が作り出せるダブルのライダースは、大人のオトコにこそ似合うアイテム。ただし、子供っぽく見せないためにも注意が必要です。上記にて説明したあっさり味の一着を選ぶことに加え、合わせるアイテムにもいくつかの配慮が必要です。ダブル型には大きめの衿があるため、インナーにまで衿があるとうるさい着こなしになってしまいます。

クルーネックのセーターやカットソーなどを合わせてスポーティに構築するのが失敗しないコツ。その反面、パンツはグッとラグジュアリーに。テイラードのジャケットに合わせるような上品なウールパンツをチョイスしメリハリを付けましょう。ダメ押し的にローファーで仕上げれば、ワイルドさとダンディな雰囲気の配分が絶妙な装いが完成します。
PAGE 2

今季注目のダブルライダースはこの3つ

オトナの男が目指すライダーススタイルは、ラグジュアリーかつ軽快であることが最大のポイントです。それを演出するためにマストであるのがレザーのクオリティ。ハードな肉厚系ではなく、しっとり滑らかかつ重量を感じさせない薄革仕様ベストです。また、ワイルドすぎるのもやはりNG。過剰な印象を与えてしまうエポレットや腰ベルトを取り去った、すっきりデザインの一着を選びましょう。

ワイルド“過ぎない”ところが最大のポイント。つまり、過剰なディテールを取り去ったモデルを選ぶことが肝心。

牙を適度に残したワルリッチなアレンジ版

元祖のタフでロックな味わいはそのままに、各部をモダンにアップデートさせた21世紀の新定番。フロントジップを高級なriri製ダブルスライダーにしており、ウエスト回りにアクセントが付けやすいようになっています。肩の後方にはプリーツを設けており、動きやすいのも特徴的。ブルゾン22万円/デザインワークス(デザインワークス ドゥ・コート銀座店)

都会的なクールネス際立つパーツ使いに注目

こちらも元祖のテイストを生かしつつ、スッキリ顔にモダナイズさせた注目の新作です。ジップやボタンをマットブラックに染め抜いており、よりクールな印象を強めた仕上がり。分厚すぎないしなやかレザーの使用により、終日の着用でも着疲れすることありません。ブルゾン19万円/RHC ロンハーマン(RHC ロンハーマン)

オトナの貫録と余裕が滲む茶×金カラー

より寛いだスタイルを打ちだしたい場合は、こんなブラウンレザーのモデルがオススメです。イタリア屈指の革匠が手掛ける新作は、ゴールドのジップやボタンを配したラグジュアリーな仕上がり。着込むほどに味わい深まる、イタリア伝統なめしの革をポイントです。ブルゾン13万円/チンクアンタ(ビームス ハウス 丸の内)
■お問い合わせ
ストラスブルゴ(メンズ) 0120-383-563
スローン 03-6421-2603
バインド ピーアール 03-6416-0441
ユナイテッドアローズ原宿本店 メンズ館 03-3479-8180
ウィリー 03-5458-7200
デザインワークス ドゥ・コート銀座店 03-3562-8277
RHC ロンハーマン 045-319-6700
ビームス ハウス 丸の内 03-5220-8686
トレンドに変化アリ?! この冬、大人のダウンはどうなった?
大人のオトコのダウンジャケット選びは色とカタチが肝要です

どんなスタイルでも格上げできる「グレスラ御三家」を知ってますか?
スポーティーからドレススタイルまで、大人のキレイが叶うグレースラックスは必携アイテムです

ド定番アウターをお洒落にこなす、いまどきな着方と選び方【M-51】
定番アウターM-51(モッズパーカ)は可愛げとオトコらしさが詰まった最強のモテアウターなのです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL