• TOP
  • FASHION
  • 伝説のモテるサングラスに待望のニッポンオヤジサイズ登場

2021.04.19

LEON RECOMMENDS

伝説のモテるサングラスに待望のニッポンオヤジサイズ登場

雑誌などで見かけたサングラスを実際に掛けてみて、「自分には似合わない」と思ったこと、ありますよね? そんな日本のオヤジを苦しめてきた‟掛け位置”問題を解消するアジアンフィットモデルが、あの伝説のモテるアイコン「ペルソール」の『PO649』にお目見えです。

CATEGORIES :
CREDIT :

写真/渡辺修身 スタイリング/久 修一郎 ヘアメイク/古川 純 文/市村広平(LEON)

あの色男の眼差しが日本オヤジの目元に初上陸

似合うか似合わないかって、実はお洒落において何よりも大事。いくらお洒落なアイテムやスタイリングであっても、アナタに似合っていなければ「お洒落ですね」のお言葉は頂戴できず、努力は水泡に帰すわけで……。

その似合う似合わない問題が如実に表れるのが、アイウエアでしょう。誌面で格好良いと思っても実際に店頭で掛けてみると「自分には似合わない」ということも……。その場合多くは“掛け位置”が合っていないからなんですね。
優しげなブロウラインにアローアイコンがキラリ 目尻に向かって緩やかに落ちるブロウラインに、男らしさのなかに宿るオヤジのまろやかさを感じさせる一本。ハバナ(デミ)カラーが目元にさらなる深い味わいを添えます。サングラス3万4980円/ペルソール(ルックスオティカジャパン カスタマーサービス)、ブルゾン12万9800円/チンクワンタ、そのほかはスタイリスト私物
で、その掛け位置でもっとも日本のオヤジを苦しめてきたのが、おそらく「ペルソール」ではなかろうかと。デザインやブランドバリューを超えたモテる男のアイコンに憧れた方は多いですが、あのエグい幅広ノーズを実際に掛けこなせる日本人はそういないわけで。

その昔LEONでは、“鼻盛り”という別注ワザをご披露いたしましたが、それをもってしても、大概は頬にアンダーリムが突き刺さってダブルでイタイ。そんな我々の心中を察してか、ついに誕生したのがペルソールのアジアンフィットなのです。

それもマックイーンが愛用した定番『PO649』での登場ゆえ、モテるメガネオヤジとして放っておくわけにはいかないぞ♪と。ティアが水面下でジワリとムーブメントを起こしつつある今はタイミング的にもバッチリゆえ、待望のニッポンオヤジサイズに今夏のモテる目元は預けて間違いありませんぞ。

アジアンフィットモデルとして登場した今作は、鼻盛りが最初から施されているため日本人でも理想的な掛け位置を実現。似合いやすい、が担保されたモデルだから安心して格好つけることができるのです。

2021年5月号より
※掲載商品はすべて税込み価格です

■ お問い合わせ

ルックスオティカジャパン カスタマーサービス 0120-990-307 

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL