• TOP
  • FASHION
  • ビジネススタイルをさらりと格上げ! デキるメガネの選び方

2017.10.15

ビジネススタイルをさらりと格上げ! デキるメガネの選び方

メガネひとつでビジネススタイルの印象は結構変わります。デキる!と思わせるスタイルから、ヌケ感のあるスタイルまで、タイプ別に、ビジネススタイルを格上げしてくれるメガネとコモノの選び方を伝授いたします!

CATEGORIES :
CREDIT :

写真/蜂谷哲実(hachiya studio) スタイリング/吉野 誠 文/瀧川修平

あまり取り沙汰されませんが、実はネクタイ以上にセンスが問われるビジネスシーンでのメガネ選び。プレゼン、ミーティング、商談などなど、文字通り、どんな顔の人で臨むか、が大きな差につながります。というわけで、ビジネススタイル別に、デキる!と思わせるメガネの選び方を伝授いたします!

ビジネススタイル【その1】

プレゼンで、デキる!と思わせるグレースーツとラウンドメタルの賢いバランス

メガネ5万9000円/リンドバーグ(リンドバーグカスタマーサービス)、スーツ15万円/ソブリン、シャツ1万3000円/ユナイテッドアローズ(ともにユナイテッドアローズ 六本木店)、タイ1万5000円/ジエレ、チーフ6000円/ムンガイ、靴9万9000円/エンツォ ボナフェ(すべてビームス ハウス 丸ノ内)、ベルト2万4000円/デザインワークス(デザインワークス ドゥ・コート銀座店)
メガネ 5万9000円/リンドバーグ(リンドバーグカスタマーサービス)、スーツ 15万円/ザ ソブリンハウス、シャツ 1万3000円/ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 原宿本店)、タイ 1万5000円/ジエレ、チーフ 6000円/ムンガイ、靴 9万9000円/エンツォ ボナフェ(すべてビームス ハウス 丸ノ内)、ベルト 2万4000円/デザインワークス(デザインワークス ドゥ・コート銀座店)
グレーヘリンボーンの3ピーススーツは、英国紳士をイメージして着こなすのが正解。となると黒セルを連想しがちですが、日本ではまだカジュアルと思われがち。そこでオススメなのが、シルバーのラウンドメタルです。

それも、お堅い印象の四角ではなく柔和な丸を選ぶことで遊び心を演出するのがポイント。それで立て板に水のプレゼンを展開すれば、クライアント受けも間違いナシ?!

クラシカルな丸メタルにはコモノでほどよく遊び心を

シルバーのラウンドメタルといっても、玉型の微妙なバランスやメタルの質感、線の太さによって千差万別。とりわけ存在感のあるスーツとの相性を考慮するなら、リンドバーグのケーブルデザインがハマリ役です。エアチタニウムによる本モデルは、北欧的なミニマルテイストの真骨頂。信頼感を勝ち得たければ、名刺入れはリッチなクロコ製、筆記具はモンブランのマイスターシュテックが鉄板でしょう。メガネは上と同じ、万年筆7万1000円/モンブラン(リシュモン ジャパン)、名刺入れ4万円/リオ デ ピエドラ(イシカワ)
シルバーのラウンドメタルといっても、玉型の微妙なバランスやメタルの質感、線の太さによって千差万別。とりわけ存在感のあるスーツとの相性を考慮するなら、リンドバーグのケーブルデザインがハマリ役です。エアチタニウムによる本モデルは、北欧的なミニマルテイストの真骨頂。信頼感を勝ち得たければ、名刺入れはリッチなクロコ製、筆記具はモンブランのマイスターシュテックが鉄板でしょう。メガネは上と同じ、万年筆 7万1000円/モンブラン(モンブラン コンタクトセンター)、名刺入れ 4万円/リオ デ ピエドラ(イシカワ)

NEXT PAGE2/ 3

イタリアクラシコの流行をさりげなく薫らせる、洒脱なメタコン使い

ビジネススタイル【その2】

イタリアクラシコの流行をさりげなく薫らせる、洒脱なメタコン使い

メガネ4万3000円/フォーナインズ、ジャケット9万2000円、パンツ3万4000円/ともにタリアトーレ(トレメッツォ)、シャツ2万1000円/ギ ローバー、チーフ6000円/ムンガイ(ともにビームス ハウス 丸ノ内)、タイ1万2000円/ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 六本木店)、靴4万6000円/カルミナ(トレーディングポスト青山本店)
メガネ 4万3000円/フォーナインズ、ジャケット 9万2000円、パンツ 3万4000円/ともにタリアトーレ(トレメッツォ)、シャツ 2万1000円/ギ ローバー、チーフ 6000円/ムンガイ(ともにビームス ハウス 丸ノ内)、タイ 1万2000円/ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 原宿本店)、靴 4万6000円/カルミナ(トレーディングポスト青山本店)
ダブルのジャケパンで働ける職種は、比較的ドレスコードもユルめなハズ。ならばそこに合わせる小物でトレンドや個性をアピールしない手はありません。そこでチョイスしたいのは、ブラウンデミのプラスチックリムとシャンパンゴールドのブリッジを組み合わせたメタコン。

タイやシューズでもジャケットのブラウンを拾えば、コクまろにして貫禄溢れるイタリアクラシコなビジネススタイルが完成します。

トレンドをビジネスアイテムにバランス良く

ジャケットのブラウンを基調に決めたら、小物は旬な茶系で揃えるのが吉。いたるパーツがリッチでコクまろなフォーナインズの「M-101」は、まさにその大代表です。全てが同系色では蒙昧な印象に陥りかねないため、コントラスト付けのために差したホワイトチーフを拾い、名刺入れにはヴァレクストラの白をチョイス。筆記具はファーバーカステルの鉛筆一筋、こだわりの強い嗜好性が垣間見られます。メガネは上と同じ、ペンシル4万5000円/ファーバーカステル(DKSHジャパン)、名刺入れ3万8000円/ヴァレクストラ(ヴァレクストラ・ジャパン)
ジャケットのブラウンを基調に決めたら、小物は旬な茶系で揃えるのが吉。いたるパーツがリッチでコクまろなフォーナインズの「M-101」は、まさにその大代表です。全てが同系色では蒙昧な印象に陥りかねないため、コントラスト付けのために差したホワイトチーフを拾い、名刺入れにはヴァレクストラの白をチョイス。筆記具はファーバーカステルの鉛筆一筋、こだわりの強い嗜好性が垣間見られます。メガネは上と同じ、パーフェクトペンシル マグナム 4万5000円/ファーバーカステル 伯爵コレクション(ファーバーカステル 東京ミッドタウン)、名刺入れ 3万8000円/ヴァレクストラ(ヴァレクストラ・ジャパン)

NEXT PAGE3/ 3

ビジネススタイル【その3】

ビジネススタイル【その3】

遊びを取り入れた艶アリなワントーンスタイル

メガネ6万4000円/ジャック・マリー・マージュ(オブジェ・イースト)、ジャケット5万9000円、パンツ3万4000円、ポロシャツ2万3000円、ベルト2万4000円/すべてデザインワークス(デザインワークス ドゥ・コート銀座店)、チーフ7500円/F&L フラテッリ ルイージ(ユナイテッドアローズ 六本木店)、靴15万2000円/エドワード グリーン(エストネーション)
メガネ 6万4000円/ジャック・マリー・マージュ(オブジェ・イースト)、ジャケット 5万9000円、パンツ 3万4000円、ポロシャツ 2万3000円、ベルト 2万4000円/すべてデザインワークス(デザインワークス ドゥ・コート銀座店)、チーフ 7500円/フラテッリ ルイージ(ザ ゾブリンハウス)、靴 15万2000円/エドワード グリーン(エストネーション)
ノータイでも許されるビジネスマンは、シャツ代わりのニットポロでヌケ感を演出するのも一興。それも白ではなく黒を選び、小物も全て黒一色に統一すれば、艶っぽいモードな雰囲気まで匂い立ちます。

ここで満を持して出番となるのが、プラスチックの照りに定評のあるジャック・マリー・マージュの黒セル。そのまま夜遊びに繰り出しても絵になること請け合い。隅に置かれることはまずありません!

色味とデザインで多彩なセンスをアピール

10mm厚のアセテート生地から削り出したボリューム感満点の「ディラン」は、名前の通りボブ・ディランへのオマージュモデル。巷の黒セルにはない存在感と照りが、オトナの目元にミステリアスなオーラを纏わせます。スタッズがアイコニックなルブタンのカードケースで名刺交換し、打ち合わせでは唯一ボルドーに彩られたデュポンのペンを走らせれば、間違いなくヤリ手に見せることができるでしょう。メガネは上と同じ、ボールペン9万円/エス・テー・デュポン(エス・テー・デュポン銀座ブティック)、カードケース3万7000円/クリスチャン ルブタン(クリスチャン ルブタン ジャパン)
10mm厚のアセテート生地から削り出したボリューム感満点の「ディラン」は、名前の通りボブ・ディランへのオマージュモデル。巷の黒セルにはない存在感と照りが、オトナの目元にミステリアスなオーラを纏わせます。スタッズがアイコニックなルブタンのカードケースで名刺交換し、打ち合わせでは唯一ボルドーに彩られたデュポンのペンを走らせれば、間違いなくヤリ手に見せることができるでしょう。メガネは上と同じ、ボールペン 9万円/エス・テー・デュポン(エス・テー・デュポン銀座ブティック)、カードケース 3万7000円/クリスチャン ルブタン(クリスチャン ルブタン ジャパン)
■お問い合わせ

リンドバーグカスタマーサービス 0120-981-913
ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店 03-5772-5501
ビームス ハウス 丸の内 03-5220-8686
デザインワークス ドゥ・コート銀座店 03-3562-8277
リシュモン ジャパン 03-4335-1755
イシカワ 03-3842-3037
トレメッツォ 03-5464-1158
トレーディングポスト青山本店 03-5474-8725
ファーバーカステル東京ミッドタウン 03-5413-0300
ヴァレクストラ・ジャパン 03-3401-8017
エストネーション 03-5159-7800
エス・テー・デュポン銀座ブティック 03-3575-0460
クリスチャン ルブタン ジャパン 03-6804-2855

メガネのことをもっと知りたい!!! という方は以下もどうぞ!

知ってる? メガネのお国柄事情
文化は国ごとに独自のものがありますが、メガネも国によって特徴があるってご存知でしたか?

海外ファッションスナップに見るお洒落な目元のこなし方【メガネ編】
スーツからデニム、そしてコートと眼鏡を巧みに合わせたヨーロッパ熟年男子のテクニックをどうぞ

モテるメガネはコミュ上手
「それ可愛い!」「あたしも掛けたい!」などお洒落なだけに留まらない、"コミュ上手"なアイウエアをお試しあれ!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事