• TOP
  • FASHION
  • LEONがオススメする最旬アイテム#4「ゴールドジュエリー」

2017.10.07

LEONがオススメする最旬アイテム#4「ゴールドジュエリー」

ファッションの世界においては、SNSなどの影響でトレンドの細分化が進んでいます。何がブームかわからない読者のみなさまに、絶対に買って使えるキーアイテムをご紹介します。今回は冬の着こなしに一点でラグジュアリーさを盛り上げる最旬のジュエリーをご紹介します。

CATEGORIES :
CREDIT :

スタイリング/稲田一生 スナップ/Massi Ninni 文/LEON.jp 編集部

ジュエリーは着こなしに必ずしもなくてはならないアイテムではありません。ですから、洋服とは異なる特別感を感じさせるアイテムといえるのです。

「最旬アイテム」として取り上げる理由は、いくつかあります。近年の着こなしがシンプルでコンサバになっているので、そのアクセントとして最適であること。さらに男性が似合うデザインの進化。とりわけ小さくても主張するゴールドのジュエリーは、さまざまなジャンルで進化しています。

また、ジュエリーを男性が着けるということもごく自然になり、社会的にも受け入れられる環境が整ってきたと言えるでしょう。

この秋、ゴールドのジュエリーを見直してみるのも一考ですよ。

冬の着こなしを一気にリッチに見せるゴールドジュエリー

ここ数年、大人の男性の着こなしはシンプルになっています。クロージングでも無地のスーツや無地のタイが根強く支持されていますし、カジュアルでの色の組み合わせはモノトーンベースだったり、コンサバでベーシックなアイテムをさり気なく着るという傾向が続いています。

そんなスタイルのアクセントに絶好なのが、リングやブレスレットなどのジュエリーです。なかでもオススメはゴールド。誰が見てもわかりやすい素材で、洋の東西を問わず、時代や地域を超えてひとを圧倒する特別感があります。しかも最近のものは以前に比べてシンプルで繊細ですが、男性が着けてもしっかりと存在感を示すデザインに進化しています。

冬の着こなしは素肌を見せないので、チラッと見えるだけでリッチさがアピールできるゴールドを使ったジュエリーは最高と言えるのです。とりわけ手元や胸元にさり気なく着けられるゴールドは、小さくとも圧倒的なラグジュアリーさを演出してくれます。
PAGE 2
服はシンプルでありながら、手元や腕元に輝くインパクトのあるゴールドの小物が効果的な着こなし実例。

大人の着こなしに似合う、ジュエリー選びのポイントは次の通り

1.素材はラグジュアリーなゴールド
小さくてもラグジュアリーさをアピールするのがゴールド。どの素材よりも、わかりやすくリッチさを演出してくれます。肌馴染みがよいのもポイント。

2.華美過ぎないシンプルなデザイン
ゴールドはそれ自体でインパクトがあるので、大降りのものより小振りのタイプを。デザインもシンプルなものならシーンや服装を選ばず汎用性があります。

3.アイコニックな仕様
名門ジュエラーが手掛けているものはとりわけ、どこのブランドかがひと目でわかる意匠が施されています。そんなアイコニックな意匠が、ジュエリーに親和性のある女性にアピールしやすいかと。

女性から注目されるオトコの指先にゴールドの遊び心

ネイルを習慣としている女性の視線が注がれているのは、男性の手、とりわけ指先です。そんな指先にゴールドの遊び心は有効です。こちらは1970年代に誕生した釘1本というモチーフの「ジュスト アン クル リング」。これ以上削ぎ落とすことのないと思われるデザインは、まるでアートピースのようにユニークかつ独特の存在感があります。[18KYG]  24万5000円/カルティエ(カルティエ カスタマーサービスセンター)
PAGE 3

彼女とペア使いも楽しめる定番デザイン

ヨットのシャックルとケーブルから着想したデザインの「フォース10」のブレスレット。シンプルなデザインですがゴージャスな袖口が楽しめます。バックルとケーブルは自由に組み合わせることができ、豊富なカラーや素材を取り揃えているため、彼女と色違いや素材違いのペアでオーダーするなんてのも手ですよ。[18KYG] 81万円/フレッド

24時間つけっぱなしでいられます

仕事中はシャツの下に、週末はニットの上からチラ見せさせて使うなど、まるで肌の一部のように、24時間着けっぱなしでいられるのもゴールドゆえ。天才的な建築家、ザハ・ハディットが手掛けるこちらの「ビー・ゼロワン デザイン レジェンド」は重層的でラグジュアリーな輝きを胸元に加味してくれます。[18KPG]30万5000円/ブルガリ(ブルガリ ジャパン)

揺れるブレスレットがさり気ないしぐさにリッチな演出

ポケットに手を入れたりアゴに手を当てたり、オトコのなに気ない仕草すら貫禄ある雰囲気を演出してくれるのが揺れるブレスレット。なかでもこちらの「ハードウェア リンクブレスレット」は小振りなチェーンで肌馴染みがよく、着こなしを選ばないシンプルなデザイン。[18KYG]。サイズはミディアム。長さ約19 cm。39万円/ティファニー(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)
PAGE 4

オンタイムに品よくリッチに見せるならシンプルな金腕時計

仕事中、ブレスレットなどは着けにくいというかたでも、シンプルなゴールド仕様の時計なら、腕元にさり気なくリッチ感がアピールできます。こちらの「パトリモニー・スモールモデル」はオーセンティックな顔立ちなので、エレガントに映えるのです。[18KPG]。径36mm、ベルトはブラウンのレザーストラップとパープルの光沢仕上げのレザーストラップの2種類展開。272万5000円/ヴァシュロン・コンスタンタン

■ お問い合わせ

ヴァシュロン・コンスタンタン 0120-63-1755
カルティエ カスタマーサービスセンター 0120-301-757
ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク 0120-488-712
ブルガリ ジャパン 03-6362-0100
フレッド 03-3263-9413

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL