• TOP
  • FASHION
  • スーツは何が一番大事? 二大最高峰ブランド、ゼニアとドーメルに聞きました

2017.11.30

スーツは何が一番大事? 二大最高峰ブランド、ゼニアとドーメルに聞きました

定番色のネイビー&グレーの生地の中でもコレを選べばキマる! というものを数々の名作生地を世に送り出してきたエルメネジルド ゼニアとドーメルに伺いました。

CATEGORIES :
CREDIT :

写真/林 敏一郎(FOREST) スタイリング/四方章敬 文・構成/持田慎司

スーツの基本色といえば、ネイビーとグレーですが、色のトーンや織り柄でサマになったり、そうでなかったりする場合があります。どんなひとにも似合い、かつお洒落に見えるスーツの色目はどんなものなのか。長き歴史の中で数々の名作生地を世に送り出してきたエルメネジルド ゼニアとドーメルにお洒落に見えるスーツの生地を取材してきました。

エルメネジルド ゼニアの『トロフェオ』

生地の奥行き感や光沢感を際立たせるべく、チャコールグレーの一着は2つボタンのベーシックなスタイルを踏襲しています。36万円/エルメネジルド ゼニア(ゼニア カスタマーサービス)
高級ファブリックを得意とするエルメネジルド ゼニア。世界的にもスーツ素材に関しては抜群の品揃えを誇ります。そんなゼニアにまず一着目に選ぶべきスーツに関する色柄について伺いました。

「色はネイビーでもグレーでも濃い色の方が最初に選ぶ色としてはよいと思います。柄は無地でもいいですが、ピンストライプも王道の柄なので問題ないかと。チェックを選ばなければ、どちらも大丈夫と思われますよ」

今回ご提案いただいた生地に関しての特徴を伺うと。

「トロフェオ生地を使用したこちらのマイクロドットの生地ですが、ドットは全体的に配されているので、ベーシックなスタイルとして着用いただけます。とりわけこちらは、トロフェオの艶感あるウールの柔らかさを充分に感じていただける生地です」

ベーシックな中にラグジュアリーな艶感がさり気なく感じさせるスーツ生地です。ひと目で“あの人素敵なスーツを着ているなぁ”となりそうな生地のツヤ感というのもお洒落に見えるポイントなのです。渋めのチャコールグレーはVゾーンを選ばずどんな方もエレガントでデキそに見せてくれるのです。

グレー系なら濃いめのチャコールグレーがお洒落に見えます

PAGE 2

365日、お洒落に見えるネイビーといえば

正統なネイビーのスリーピース型。構築的な肩の作りや立体的なラペルの返りが醸し出す凛とした佇まいが、ビジネススタイルに気品を添えます。27万6000円〜(オーダー価格)/ドーメル(ドーメル青山店)
『トニック』や『スポーテックス』といった数々の名作生地を手掛けてきたドーメル。そんなドーメルにお洒落に見えるビジネスマンにふさわしいネイビースーツの生地の選び方について伺いました。

「ドーメルの生地は英国製の耐久性を備えながら、光沢があり色気を感じさせます。とりわけこちらの『アマデウス365』は深みのあるネイビーで、無地ならではの上質さがあります。リクルートスーツとは一線を画し、ビジネスシーンからパーティシーンまで対応できる生地です」

『アマデウス 365』はドーメル社のなかでも現在もっとも人気が高い『アマデウス』をぐっと軽量化させ、その名の通り365日着用可能にした生地なのです。

見た目のお洒落さだけにとどまらず、実用面でもしっかり使える、というのはいまどきのビジネスマンにも朗報といえる素材といえましょう。

グレーやネイビーのスーツとひと言で言っても、お洒落に見える生地はトーンによって異なります。グレーもネイビーも、まずは濃いめの色合いのスーツ生地なら、はじめての方も似合いそうです。

お洒落に見えるネイビー素材の選び方

■お問い合わせ
ゼニア カスタマーサービス 03-5114-5300
ドーメル青山店 03-3470-0251

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        スーツは何が一番大事? 二大最高峰ブランド、ゼニアとドーメルに聞きました | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト