• TOP
  • FASHION
  • 出張で困るスーツの収納の仕方、達人に聞きました

2017.09.15

出張で困るスーツの収納の仕方、達人に聞きました

出張で一番困るのは、シワにならないようにスーツを持っていくことではないでしょうか。どうやって畳むか、毎回頭を悩める人も多いハズ。そこで出張の多いファッション業界方々に収納術を伺いました。どれも参考になるものばかり。ぜひチェックしてくださいませ。

CATEGORIES :
CREDIT :

文/池田保行(04) イラスト/野村憲司(トキア企画)

ビジネスでの出張時、荷物は最低限にとどめ、できるだけコンパクトに収めたいもの。それには工夫と知恵が必要です。なかでも悩ましいのがビジネススーツでしょう。シワにならないようにスーツを持っていくのは容易ではありませんから。どうやって畳もうか、毎回頭を悩めるかたもいっらしゃるかと。

そこで出張の多いファッション業界の方々に、シワにならないスーツの畳み方、運び方を教えてもらいました。みなさん、オリジナルの工夫をされているようです。

● SDI 営業職・藤枝惠太さん

折り畳む箇所を最小限にするのがコツです

「最近の出張ではニットジャケットなども多いので、ラフにバッグに入れるだけでシワを気にしなくても大丈夫なジャケットも増えましたが、ちゃんとしたスーツやジャケットは型がくずれるのが心配です。

なので私はあまり細かく畳まず、ハンガーに掛けたままの状態で袖を内側に畳み込み、大きく2つ折りにしてスーツケースに収納します。収納する場所はスーツケースのパッキングを済ませ、内側のベルトも掛けてから、真ん中に挟む感じで、スーツケースの中であまり移動しないように固定しておきます」
両袖とウエスト、計3箇所だけ折るのが藤枝さん流。スーツケースのパッキングを済ませた最後に、真ん中で挟むように収納するのがコツ。その他のパンツやシャツ、タイ、下着や小物まですべて小分けして専用のポーチやバッグで収納するのだそうです。
「パンツは別に3つ折りにして、小分けのケースや収納袋で収納します。アンコンジャケットの場合は2着をひとつのハンガーにかけて畳みます。一回の出張(約1週間)で持っていくのはスーツ1着、ジャケット2着といったところでしょうか。

シャツやタイ、下着や革小物は、全部小分け用の袋に入れて収納するんです。ジャケット以外は小分けするのが好きなので(笑)。ホテルについたらクロゼットや引き出しにそのまま移動させます。何がどこに入っているかわかりますし、現地でのコーディネートのときに、どこへしまったかなー?と悩まなくて済みますから」
PAGE 2

● スローウェア ジャパン 代表取締役社長・鈴木雄一朗さん

スーツケースの中をクローゼットと同じ状態に

「私の場合、一回の出張(約1週間)で持っていくのはスーツ1着にジャケット1〜2着といったところでしょうか。愛用のスーツケースは付属のハンガーをセットできるタイプなのですが、このハンガーに持っていくジャケットをすべて重ね掛けして荷室にセットしたらジャケットの中にシャツやニット、下着やタオルなどをアンコとして詰めていくんです。

ネクタイは2つ折りにして袖の中に通します。折りたたんだりせず、まるでクローゼットに吊るされているような状態をスーツケースの中で維持できるように内と外から固定していくわけです」
クローゼットの中に掛かっているのと同じ状態でスーツケースのなかに収納するのは、鈴木さんが独自に編み出した収納術。パンツが増えると、横からジャケットを挟み込むように収納するそう。
「パンツはジャケットの背中側に半身を入れて前側へ折り上げます。ジャケットの裾を挟むように折り返すことで、パンツの膝辺りに入りがちな横方向への折りじわを防ぐわけです。誰に教わったわけでもないのですが14〜15年前ぐらいに自分で考案して、以来ずっとこの収納方法です。

ホテルについたら、すぐに荷解きします。もしシワが気になるようなら浴室にお湯を張ってひと晩吊るしておけばいいと思いますが、ここ何年もやったことないですね」
PAGE 3

● ストラスブルゴ 常務取締役執行役員・神藤光太郎さん

イタリア人サルトに教えてもらった畳み方です

「海外出張は年に6回ほど、トータルで100日ぐらい行っているので、1回約2週間ほど。ですので、荷物はもちろん、持っていく服も多い方だと思います。スーツとジャケットだけで5着ほど持っていきます。スーツケースには基本的に小さく畳んで収納しますが、中で荷物が動かないようにきっちり隙間なく詰めるのが大事なんです。詰め方が緩いとスーツケースの中で服が動いて、それがシワの原因になったりします。最悪の場合、縫製や芯地に影響がでて型くずれしますからね」
イラストのように、ジャケットの袖をもう片方の袖に入れてしまうのがポイントです。懇意にしているミラノのサルト直伝の畳み方は、覚えてしまえば案外簡単。コンパクトに畳めるのでスーツケース以外にも収納できるので、いろいろなシーンで活用できそう。
「ジャケットの前から両袖に手を通したら、片方の袖に反対側の袖を引き抜いて入れます。こうすると肩が重なるので、半身に畳めるようになります。袖をきちんと沿わせたら、あとは3つに折る。これはミラノのサルト、ティンダロ・デ・ルーカに教えてもらった畳み方です。こうするとコンパクトにまとまるでしょ。他のジャケットも同じように畳んでいますが、シャツとタイはわりと普通の畳み方です。それでもきっちり詰めることには変わりありません」
PAGE 4

● アイネックス 商品戦略部 部長・並木孝之さん

スーツケースに収納しないという裏ワザ

「出張時のスーツはスーツケースには入れません。必ずガーメントケースに入れて手で持ち運びます。シワ対策と同時に、ロストバゲッジ対策でもあります。機内ではクローゼットに入れてもらいます。ビジネスなら乗客用のクローゼットがありますが、エコノミーのときは事前にカウンターで依頼する時もありますが、客室乗務員にお願いしてクローゼットに入れてもらいます。裏ワザっぽいですがこれが一番シワにならない持ち運び方だと思います」
「頭上の荷物入れに入れてください」と断られる場合もあるので、いつも同じ航空会社を使うなど信頼関係も必要です。
「シャツはクリーニングで畳み仕上げにして、そのままスーツケースに。畳みじわが気になるときは、浴室に蒸気をためて一晩吊るしておきます。タイは自宅で収納しているのと同じ状態にしておきたいので2つ折りです。くるくる丸めたりはしません。スーツケースの縁に沿わせたり、2つ折りにしたパンツの間に挟んで収納しています」
蒸気をためた浴室にはスーツはもちろんシャツも吊るしておけば、翌朝にはシワが気にならない程度に。もちろんアイロンを借りられるホテルなら必要ありません。

◆ スーツのシワ伸ばしにスプレーはありか、なしか

かつて服飾評論家の落合先生がご自身の著書にこう記していました。

「出張時は霧吹き用のスプレーボトルを持っていく。ホテルでスーツに霧を吹き、一晩吊り下げておけばシワがとれる」

たしかに自宅で着じわのついたスーツに霧を吹いておけば、ウールの自然な回復力でシワがとれますが、出張に霧吹き用ボトルを持参する人は今回の取材では見つかりませんでした。

「バスタブがあれば浴室にお湯を張り、なければ熱いシャワーで蒸気を満たして、そこにスーツをハンガーで釣っておきます」

という証言は聞かれましたが、スーツよりシャツを吊るすという声も。実際に霧吹きスプレーを持参していたのかは定かではありませんが、緊急時の処方として覚えておいても良いかもしれません。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL