• TOP
  • FASHION
  • お洒落にド目立ち! イタリアオヤジは"赤"をどう使う?

2021.03.10

お洒落にド目立ち! イタリアオヤジは"赤"をどう使う?

イタリアのお洒落の達人たちは、色使いが基本的にシックながら差し色を効かせるのが実に上手い。例えば印象が強い赤は、ヴィンテージ風の色調を選び、小面積でさり気なく魅せるのが常套手段なのです。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/スナップ・Massi Ninni、静物・蜂谷哲実(hachiya studio) スタイリング/四方章敬 文/竹石安宏(シティライツ) 

イタリアオヤジは、色使いも基本はシック。そこに差し色を効かせるのが彼らのお洒落常套手段ですが、その好例が赤です。装いを一発で明るくお茶目で強印象にする赤の差しワザには脱帽ですが、目を引くゆえ真似できない方もいるのかと。そこで推奨するのが、色褪せた色調で合わせやすいヴィンテージレッドなのです。

メインではないサブアイテムで赤差し

ニット類から巻き物、靴下まで、赤を巧みに用いるイタリアオヤジ。アウターではなく、小さな面積でさり気に効かすインナー使いは見事。
▲ 男らしいライダーズに赤が足されると茶目っ気のある印象に。
▲ ワイルドに魅せたい時ほど、赤を差し色にするなど可愛げをプラスするのがお洒落の達人のやりくちです。
PAGE 2

【選びの条件】

【1】 ちょい褪せたヴィンテージ風の"赤"
【2】 さり気にお洒落を主張するインナー使いが◎

◆ フィルメランジェ

表情やデザインまでヴィンテージ風

ムラのあるリサイクルコットンと肌触りのいい超長綿をブレンドした新素材使用。ふくらみと柔軟性、適度なハリ、ヴィンテージのように豊かな表情を備え、着心地も抜群。赤は直営店限定色です。
▲ 2万6000円/フィルメランジェ

◆ ジョン スメドレー

新しい赤ニットはイン&アウトで使えます

その名もカラーという花の色を再現した、今季の新色「レッド カラー」のコットンニット。ちょいゆとりあるモダンフィットシリーズであり、一枚で着てもバランス良し。
▲ 2万8000円/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー)
PAGE 3

◆ フェデリ

オールシーズン活躍する赤ロンT

ボルドーに近い後染めの渋いヴィンテージレッドが、合わせやすい一枚。オーガニックギザコットンの薄手ジャージーを用い、吸い付くようなフィッティングと相まって申し分ない着心地です。
▲ 2万3000円/フェデリ(トレメッツォ)

◆ ユーソニアン スポーツウェア

色調も仕様もまさにヴィンテージ

1960年代にアメリカ向けのニットを作っていたボリビアの工場にて、上質なアルパカを用い、当時の仕様をまんま再現。非常に柔軟でとろけるような着心地です。
▲ 2万3000円/ユーソニアン スポーツウェア(ユーソニアングッズストア)
PAGE 4

物足りないあなたは赤黒バッファローを!

イタリアオヤジが時折使う赤アイテムが、バッファローチェック柄。強印象な赤の効能はそのままにアウトドア出自の骨太さも醸せます。赤黒で合わせやすくロングシーズンで活躍必至ゆえ、ぜひ。

お目立ちしつつ合わせも簡単

インパクトのあるバッファローチェックのアウターも、コーデを柄色の黒を拾いグレー基調でまとめれば簡単。

◆ アナトミカ

サラリと羽織れて男っぽくお茶目立ち

アンコン仕立てで軽快な着心地の「ローファージャケット」。米国っぽく見えて実は英国の老舗ムーン社のウール生地を用い、着込むたびなじみます。
▲ 5万8000円/アナトミカ(アナトミカ 東京)
2021年3月号より
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

アナトミカ 東京 03-5823-6186
トレメッツォ 03-5464-1158
フィルメランジェ 03-6447-1107
ユーソニアングッズストア 03-5410-1776
リーミルズ エージェンシー 03-5784-1238

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

      RELATED ARTICLES関連記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON

        お洒落にド目立ち! イタリアオヤジは"赤"をどう使う? | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト