• TOP
  • FASHION
  • このダウン、街でもアウトドアでも最強!?

2020.12.19

このダウン、街でもアウトドアでも最強!?

アーバンアウトドアは、なにもアウトドアを街中でのみ楽しむことに限定しません。要は、街と自然がリンクしていることが重要。となれば、普段は街で楽しみつつ、週末はキャンプ場で、なんてのもアリなんです。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/島本一男(BAARL) スタイリング/髙塩崇宏 文/安岡将文

ある意味コスパ最強!? 街でも自然でも頼りになるタキビダウン

寒さが日ごと身にしみる今日この頃ですが、キャンプ好きにとってはこれからのシーズンがむしろ本番。キャンプの醍醐味である焚き火を、より一層楽しめますからね。とはいえ、寒いことに変わりはありません。そんな時、頼りになるのがスノーピークのタキビシリーズです。

同シリーズは、難燃素材のアラミド繊維を織り込むことで、焚き火を楽しむ際によく起こる爆ぜた火の粉がアウターを焦がしてしまうリスクを軽減してくれるというもの。

今回注目したのは、そのダウンコレクションです。暖を取りながら焚き火もしっかり楽しめるスノーピークのタキビダウンがあれば、冬の寒さも恐るるに足らず。キャンプ後に街で着るには消臭をしっかりする必要はありますが、アーバンアウトドアを牽引するスノーピークらしい街着としてもバッチリなデザインとあって、コスパ的にも魅力ですよね。
PAGE 2

街ではもちろんアウトドアでも最強あったか

▲ 7万6000円/スノーピーク(スノーピーク)
M-51、通称モッズパーカをベースにした「タキビダウンコートL」。ダウンに加えて膝上まであるロングレングスは、極上にあったか。大きめなフードも、首回りの保温性を高めてくれます。難燃素材とブラウンカラーが、ミリタリーなデザインとともにオトコ心をくすぐります。

一見ヘビーなようで本当は結構軽いんです

▲ 4万8000円/スノーピーク(スノーピーク)
難燃素材に厚手で重たい印象をお持ちの方は、こちらの「FRダウンコートM」で意識改革を。難燃素材をリップストップ織りした生地は、実に軽量。耐久撥水性や防風性までも備える機能派ながら、デイリーユースでヘビロテしたくなる快適な着心地に仕上がっています。
PAGE 3

寒さだけじゃなく雨にも強い頼れる一着

▲ 8万8000円/スノーピーク(スノーピーク)
ハンドウォーマーポケットに大型のフラップポケットと、ミリタリーのN-3Bを想起させる「タキビダウンジャケットL」。コットンとアラミド繊維を混紡し難燃性を得るとともに、撥水加工とシームシールによって、レインジャケットとしての機能も持ちあわせています。

これ一着あれば冬はオールOKです

▲ 4万6000円/スノーピーク(スノーピーク)
シンプルなブラックのワントーンが、キャンプでも街でも活躍間違いない「FRダウンプルオーバーM」。大型のカンガルーポケットは2重仕立てで、サイドポケットにはあったか裏地が。難燃性に加え、耐久撥水、防風、そして800フィルパワーのダウンとハイパフォーマンスです。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

スノーピーク 0120-010-660

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

    RELATED ARTICLES関連記事

    SERIES:連載

    READ MORE

    買えるLEON

      SPECIAL

        このダウン、街でもアウトドアでも最強!? | メンズファッション | LEON レオン オフィシャルWebサイト